戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】
2019年1月11日 更新

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

漫画や映画などで人気の「戦国タイムスリップ系」作品。前編に続き、いつタイムスリップしてしまうかわからない緊急事態に備え、戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。現代人が戦国の世で生きていくための術や、お近づきになるべき?歴史上の人物、さらに逆タイムスリップパターンの場合も考えてみました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

“甲斐の虎”こと武田信玄公。

“甲斐の虎”こと武田信玄公。

via 撮影:ユカリノ編集部
──おおっ!武田軍がジャガイモで強くなれば、織田軍に勝てますか!?ジャガイモ持参でタイムスリップして武田家の家臣になり、信玄と天下統一を目指すなんて、歴史ファンにはたまりませんね!

西股「ロマンがあっていいですよね。あ、でも武田や北条が天下を取ったら、城に天守が建たないか。日本中地味な城ばかりになって、今のような城ブームは来なかったかもね。縄張りマニア的には嬉しいけど、現代のお城ファンは淋しいか…(ブツブツ)」

──確かに・・・!城郭研究家ならではのご意見ですね(笑)でも、好きな戦国大名が天下を取ったらどうなるのか、歴史ファンなら誰もが見てみたいと思うはずです。城は地味かもしれませんが、北条氏が天下を取ったら、どうなるのでしょう?
後北条氏の第4代当主・北条氏政

後北条氏の第4代当主・北条氏政

西股「北条氏が天下とっても、面白くないんじゃない(爆)庶民文化は栄えなさそうだなぁ。でも近代化は早そうだね。あ、数学が得意な人は、北条に仕えると出世できるかもよ。」

──面白くないってヒドイ・・・(笑)でもせっかくなら、徳川とはまた違った面白みのある幕府を作ってみたいですよね。誰に天下をとらせたら面白くなりますか?

西股「そりゃ、伊達政宗でしょ」
“独眼竜”こと仙台藩初代藩主・伊達政宗

“独眼竜”こと仙台藩初代藩主・伊達政宗

via 撮影:ユカリノ編集部
──ああー(笑)

西股「“伊達幕府”ができたら、明るくて派手な時代になると思いますよ。でも戦いはなくならないでしょうね。どんどん海外に出兵して、家臣は疲弊しそう。そしておそらく財政破綻でつぶれる(笑)」

──それ、家臣になりたくないですよね!? もっとホワイトな仕官先が良いです。上杉あたりはどうですか?

西股「謙信は、天下取ったら飽きて投げ出しちゃいそうだしなぁ・・・。全国版・御館の乱が起きて、ややこしくなりそうだからおすすめしない。」
“越後の龍”こと上杉謙信

“越後の龍”こと上杉謙信

──桶狭間で今川軍を勝たせて手柄をあげるというのはどうでしょうか?何を持っていけば、今川は織田に勝てますかね?

西股「運かな」

──えーと、つまり無理ってことですか?

西股「人も経済力も足りてるし、個々の能力が特別に劣っているわけじゃないから、運としか言えないだろうね。
どっちかというと、信長に負けてもらう方法を考えるのが現実的かな。でもアイツ(信長)酒飲まないしなぁ。あ、信長に“コーヒー”を差し入れるというのはどうだろう?」

──コーヒーですか? 戦とどういった関係が…?

西股「当時の人はカフェインに慣れていないだろうから、桶狭間の戦いの前夜に信長にガンガンコーヒーを飲ませて、眠れなくしちゃうの。最初は眼が冴えていい気になるんだけど、眠れなくて当日寝不足で負ける(笑)」

──そんな桶狭間の戦い、嫌です(笑)
 (26718)

──話を聞いていると、やっぱり三英傑とされる織田・豊臣・徳川あたりを狙うべきなんでしょうか。

西股「織田・豊臣はブラックだからおすすめしません。家臣団統制のゆるい毛利とかの方が、働きやすいと思います。あと、人間関係調整力に自信のある方は、六角などいかがでしょう?」

番外編:戦国武将が現代にタイムスリップしてきたら?

人気戦国武将たちの名前が出てきたところで、彼らが現代にタイムスリップしてきたらどうなるのかも聞いてみました。

西股「現代にすぐ馴染みそうなのは、真田昌幸あたりかな。逆に、細川忠興とか黒田長政あたりは、すぐ喧嘩しちゃって馴染めなさそう。個人的には前田慶次あたりが現代に来たら面白いと思うよ」

──パチンコ屋に連れて行ったらビックリするでしょうね・・・。

西股「確かに!真田信繫も、相当ビックリするだろうなー。『幸村って俺?』みたいな(笑)大河ドラマの主役にもなっちゃってるし。
今川義元も現代の“麻呂キャラ”にショックを受けそうだね。本当はもっとギラギラした感じの人物だと思うんだけど。」

──現代にタイムスリップして、ショックを受ける戦国武将は多そうですね。信長も、まさかこんなにフリー素材扱いされるなんて思ってないでしょうし。

西股「岐阜駅に連れて行って、金ピカにされて待ち合わせ場所になってることを教えてあげたい(笑)」
岐阜駅前の金ピカ信長像

岐阜駅前の金ピカ信長像

――そうですよね(笑)あと『安土城どうした!?』って怒りそうですね。西股先生の専門は城ですが、やはりタイムスリップしたら安土城がどんな城だったか見てみたいですか?

西股「うーん。安土城は、謎のままの方がいいかな。どの復元案を見ても違うと思ってしまうんだよね。かっこいいものであって欲しいから、謎のままがいい。杉山城は見て確認したいけど(笑)」

城という観点でいえば、もし秀吉が現代の大阪城を見たら『天守がカッコ悪い』って怒るだろうな~」
現在の大阪城天守閣は昭和にコンクリートで造られたもの

現在の大阪城天守閣は昭和にコンクリートで造られたもの

53 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】

誰もが一度は考えるであろう「もしも過去にタイムスリップしたら?」という妄想。特に戦国や幕末といった時代にタイムスリップしちゃう系のお話しは、漫画や映画などでも人気の鉄板ネタとなっています。ですが、もし本当にタイムスリップしてしまったら…?考えると気になって眠れない!そんなあなたのために、今回は戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。
島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

関ヶ原の戦いの最中、史上稀に見る決死の脱出作戦が敢行されていました。それが、島津義弘率いる島津隊による「島津の退き口」です。ここでは多数の家臣と甥・豊久が討死しました。豊久は、近年漫画「ドリフターズ」の主人公としても注目されていますが、彼らの足跡を巡ってみることにしましょう。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。