西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓
2018年5月15日 更新

西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

いまや上野のシンボルともいえる西郷隆盛像。その近くに墓があるのをご存知でしょうか?鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争のひとつ「上野戦争」は、1日で上野が焼け野原になるほど激しいものでした。この地にて壮絶に散ったのが彰義隊です。新選組隊士だった原田左之助も所属していた、彼らの墓をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

あの西郷隆盛像の場所も戦場だった

上野の西郷隆盛像

上野の西郷隆盛像

via 撮影:ユカリノ編集部
上野戦争は戊辰戦争の戦闘のひとつで、慶応4年(1868)5月15日に発生し、1日で終結しました。
現在では博物館や美術館、動物園が並ぶ賑やかな東京・上野も激しい戦闘により焼け野原となってしまいます。
西郷隆盛像が設置された場所は、旧幕府軍が新政府軍に向かって攻撃を加えた「山王台」でした。
その近くにある墓に眠っているのが、旧幕府軍として戦い散っていった彰義隊です。
上野戦争後の上野を写したとされる写真

上野戦争後の上野を写したとされる写真

ちなみに、この地にあった藤堂高虎を祖先とする藤堂家の屋敷や菩提寺も焼失。現在は上野動物園内に高虎の墓のみが残されています。立ち入りはできませんが、園内の動物慰霊碑の後ろにあるのを見ることができます。

上野戦争と彰義隊

題名は「本能寺合戦之図」となっていますが、上野寛永寺で...

題名は「本能寺合戦之図」となっていますが、上野寛永寺での戦闘を描いたもの。

江戸城の無血開城は成ったものの、旧幕府側には抗戦派と恭順派がいました。
抗戦派はそこで彰義隊を結成。元新選組の原田左之助も参加しています。

当初は江戸の治安維持組織だった彰義隊ですが、やがて新政府へ反抗するようになります。
解散を促されても拒否し、その隊士は3千人を超えるともいわれています。
これを危険とみた新政府は、長州藩の大村益次郎を司令官とした討伐軍を派遣し、上野戦争が勃発したのです。
大村益次郎

大村益次郎

新政府軍の司令官だった大村。その風貌から長州では「火吹き達磨」というニックネームを付けられていたとか・・・。
彰義隊が本営とした寛永寺付近を包囲した新政府軍は総攻撃を開始し、佐賀藩のアームストロング砲など洋式武器を用いて、彰義隊を徹底的に殲滅にかかります。
彰義隊も応戦しましたが力及ばず壊滅状態に陥り、上野戦争は1日で終わったのでした。
 (19306)

新政府軍が使用したといわれる佐賀藩のアームストロング砲。

上野公園内にある彰義隊の墓(東京都台東区)

彰義隊士の生き残りは北へ逃れますが、多くの隊士の遺体は新政府により引き取りさえ許されずに野ざらしとなっていました。
彼らを憐れんだ三ノ輪の円通寺の和尚と寛永寺の御用商人らによって、遺体はこの地でようやく荼毘に付され、円通寺に埋葬されたのです。
彰義隊の墓。暮石に彰義隊の名はなく山岡鉄舟の筆による「...

彰義隊の墓。暮石に彰義隊の名はなく山岡鉄舟の筆による「戦死之墓」という墓碑銘が刻まれています。

via 撮影:ユカリノ編集部
現在の彰義隊の墓は、彼らが荼毘に付された場所にあります。
明治になり、生き残りの隊士が新政府の許可を得て、明治7年(1874)に墓碑ができますが、なんと借金のかたに持ち去られてしまいます。
ようやく今ある暮石ができたのは明治14年(1881)、法要が始まったのは明治17年(1884)になってからでした。
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第11回は東京都台東区にある谷中霊園です。江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜をはじめ、数多くの有名人が眠るこの霊園。今回は慶喜と、彼の忠臣であり「日本資本主義の父」といわれた渋沢栄一、さらに宇和島藩の名君・伊達宗城の墓所をご案内します。
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第5回:西郷隆盛の盟友たちが眠る「青山霊園」薩摩編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年大河ドラマ「西郷どん」のロケ地になるかも?西郷隆盛ゆかりの地

2018年に放送予定の大河ドラマは西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」に決まりました。西郷隆盛といえば薩摩の偉人ですが、活躍の舞台は日本各地に存在します。今回は一足先に、大河ドラマのロケ地になるであろう西郷隆盛ゆかりの場所をご紹介します。
上野・西郷像の衝撃写真も初公開!特別展「西郷どん」開催

上野・西郷像の衝撃写真も初公開!特別展「西郷どん」開催

現在放送中のNHK大河ドラマ特別展『西郷どん』が5月26日(土)より東京藝術大学大学美術館にて開催。7月28日(土)から大阪、9月27日(木)からは鹿児島でも開催されます。西郷を最もとらえたとされる肖像画や上野の銅像の制作過程をとらえた写真など、いまだ謎多き西郷の人物像と激動の時代に迫った特別展の見どころをご紹介します。
第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第14回は、大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」ゆかりの地。明治11年(1878)5月14日、現在の東京都千代田区紀尾井町清水谷で不平士族によって暗殺された大久保。今回は、大久保が自宅から暗殺場所まで馬車で通ったルートを当時の古地図とともにたどります。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!