【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ
2018年5月21日 更新

【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

2018年の干支は戌(いぬ)。せっかくなら犬にまつわる神社にお参りしませんか?犬はお産が軽いことから安産の象徴とされ、安産祈願の神社に祀られています。また、犬が守ったという伝説から厄災除けにご利益のある神社や、犬そのものを祀る神社もありますよ。初詣だけでなくとも犬好きなら知っておきたい、犬にまつわる神社とお寺をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回紹介する犬にまつわる神社はこちら!

■犬にまつわる神社とお寺
・武蔵御嶽神社(東京都青梅市)
・三峯神社(埼玉県秩父市)
・宝登山神社(埼玉県秩父郡)
・目黒不動尊(東京都目黒区)
・霊犬神社(静岡県磐田市)
・伊奴神社(愛知県名古屋市)
・染殿地蔵院(京都府京都市)

■伊勢神宮の「おかげ犬」と金刀比羅宮の「こんぴら狗」
・伊勢神宮(三重県伊勢市)
・金刀比羅宮(香川県仲多度郡)

■「戌の日」参りとは
・水天宮(福岡県久留米市)

犬にまつわる神社とお寺

犬の神様を祀る武蔵御嶽神社(東京都青梅市)

武蔵御嶽神社の本殿

武蔵御嶽神社の本殿

創建は崇神天皇7年(紀元前91)の時代とされ、古くから関東の霊山として信仰されてきた武蔵御嶽神社。
本殿の奥にある大口真神社には、日本武尊を先導し道案内をしたとされる神様で「おいぬ様」とも呼ばれる大口真神が祀られています。
盗難除け、魔除けの神として親しまれている、おいぬ様の真の姿は犬の祖先とされる狼。境内にはおいぬ様の像がいくつもありますよ。
さらに御岳山駅までいくケーブルカー(御岳登山鉄道)には犬の専用席もあり、犬好きにはたまらない神社です。
 (12251)

武蔵御嶽神社の狛犬ならぬ「狛狼」。
武蔵御嶽神社の階段

武蔵御嶽神社の階段

御岳山(標高929m)の山頂にある武蔵御嶽神社。御岳山駅からの徒歩はゆるやかな登りになりますが、道路も舗装され、途中には宿坊を営む御師集落や土産屋の並ぶ参道があり、ちょっとした小旅行気分に浸れます。最後は急な階段ですが、登りきれば本殿です。
via 撮影:ユカリノ編集部

関東屈指のパワースポット!三峯神社(埼玉県秩父市)

三峯神社の三ツ鳥居

三峯神社の三ツ鳥居

via 撮影:ユカリノ編集部
関東屈指のパワースポットといわれる三峯神社。
歴史は古く、日本武尊が伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)を祀って国の安泰を祈ったことが始まりとされます。
本殿や拝殿の他に、「お仮屋」という社殿があり、山犬の姿をしている神使が、ふだんは山奥に身を潜めているため、こう呼ばれています。今年は「お仮屋」への参拝もお忘れなく!
三峯神社の狛犬

三峯神社の狛犬

境内では表情豊かな狛犬と出会えます。
67 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

【海苔巻きが食べられるのは徳川家康のおかげ!?】節分と恵方巻の由来と歴史

毎年2月3日は節分。節分といえば「鬼は~外、福は~内」という掛け声と共に豆まきをするのが習わしですよね。最近では「恵方巻」もすっかり定着しました。恵方巻に欠かせない海苔ですが、昔は冷たい海でしかとれない高級品!そんな海苔の繁殖を始めたのが徳川家康だったといわれています。今回は節分と恵方巻の由来から、板海苔の始まりまでをご紹介します。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

夏といえばおまつり!2018年の夏休みも全国ではさまざまな歴史イベントが催されます。東京では特別展「縄文」が、京都では二条城の特別公開が開催。アツい武将まつりから涼しい水軍まつり、一度は行きたい伝統のまつりまで、10のイベントを厳選してご紹介。夏休みの国内旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します