可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編
2018年9月19日 更新

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。

ねこねこ日本史ねこねこ日本史

(後編に続くニャ!)

仙巌園の猫神神社と「ねこねこ日本史」の限定コラボ絵馬が登場

「ねこねこ日本史」限定コラボ絵馬

「ねこねこ日本史」限定コラボ絵馬

義弘公が文禄・慶長の役から連れ帰った猫2匹を祀った、鹿児島県仙巌園の猫神神社。
この猫神と「ねこねこ日本史」がコラボした限定絵馬が10月中旬に登場!乞うご期待ください。
via 提供:仙巌園

原作コミックも好評発売中!

ねこねこ日本史|実業之日本社

800円(税抜)
安倍晴明が!西郷どんが!龍馬が猫に!?そにしけんじによる、ゆる~く歴史が学べるかもしれない擬猫化劇場!

Eテレで放送中のテレビアニメも要チェック

10 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ねこねこ日本史

ねこねこ日本史

もしもあの偉人たちが、ねこだったら…?NHK・Eテレ で毎週水曜日にテレビアニメ放送中の、そにしけんじの大人気”擬ねこ化”歴史コミック。ゆるく可愛く歴史人物が学べるコミックスは1~5巻まで発売中! <公式サイト>http://www.j-n.co.jp/searchresult.html?production_id=44 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

元亀3年(1572年)、現在の宮崎県えびの市付近において行われた伊東義祐と島津義弘の合戦「木崎原の戦い」(きざきばるのたたかい)。少数の兵力だった島津側が、伊東側に勝利したことから「九州の桶狭間」とも呼ばれています。
島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

関ヶ原の戦いの最中、史上稀に見る決死の脱出作戦が敢行されていました。それが、島津義弘率いる島津隊による「島津の退き口」です。ここでは多数の家臣と甥・豊久が討死しました。豊久は、近年漫画「ドリフターズ」の主人公としても注目されていますが、彼らの足跡を巡ってみることにしましょう。
ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!関ヶ原の戦いでの島津の退き口、ゆるカワな猫島津の戦いぶりには家康も降参? また、猫好きの聖地・仙巌園の猫神神社では「ねこねこ日本史」×「島津四兄弟」の最愛コラボ企画も決定!
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。