可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編
2018年9月19日 更新

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。

ねこねこ日本史ねこねこ日本史

(後編に続くニャ!)

仙巌園の猫神神社と「ねこねこ日本史」の限定コラボ絵馬が登場

「ねこねこ日本史」限定コラボ絵馬

「ねこねこ日本史」限定コラボ絵馬

義弘公が文禄・慶長の役から連れ帰った猫2匹を祀った、鹿児島県仙巌園の猫神神社。
この猫神と「ねこねこ日本史」がコラボした限定絵馬が10月中旬に登場!乞うご期待ください。
via 提供:仙巌園

原作コミックも好評発売中!

ねこねこ日本史|実業之日本社

800円(税抜)
安倍晴明が!西郷どんが!龍馬が猫に!?そにしけんじによる、ゆる~く歴史が学べるかもしれない擬猫化劇場!

Eテレで放送中のテレビアニメも要チェック

10 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ねこねこ日本史

ねこねこ日本史

もしもあの偉人たちが、ねこだったら…?NHK・Eテレ で毎週水曜日にテレビアニメ放送中の、そにしけんじの大人気”擬ねこ化”歴史コミック。ゆるく可愛く歴史人物が学べるコミックスは1~5巻まで発売中! <公式サイト>http://www.j-n.co.jp/searchresult.html?production_id=44 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

元亀3年(1572年)、現在の宮崎県えびの市付近において行われた伊東義祐と島津義弘の合戦「木崎原の戦い」(きざきばるのたたかい)。少数の兵力だった島津側が、伊東側に勝利したことから「九州の桶狭間」とも呼ばれています。
島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

島津魂炸裂!岐阜県に残る「島津の退き口」ゆかりの地

関ヶ原の戦いの最中、史上稀に見る決死の脱出作戦が敢行されていました。それが、島津義弘率いる島津隊による「島津の退き口」です。ここでは多数の家臣と甥・豊久が討死しました。豊久は、近年漫画「ドリフターズ」の主人公としても注目されていますが、彼らの足跡を巡ってみることにしましょう。
【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

【人鬼が住む城?】和仁三兄弟が守り通した田中城(熊本県)

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公・金栗四三が生まれた地として注目されている熊本県和水町ですが、この地には歴史ファンにとってもう一つの見どころがあります。それが、戦国時代に和仁氏が居城とした田中城です。肥後国衆一揆で壮絶な抵抗を繰り広げた和仁三兄弟の伝説と合わせて、ご紹介しましょう。
戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【後編】

漫画や映画などで人気の「戦国タイムスリップ系」作品。前編に続き、いつタイムスリップしてしまうかわからない緊急事態に備え、戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。現代人が戦国の世で生きていくための術や、お近づきになるべき?歴史上の人物、さらに逆タイムスリップパターンの場合も考えてみました。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?
戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】

戦国時代にタイムスリップしたときの対処法をわりと本気で専門家に聞いてみた【前編】

誰もが一度は考えるであろう「もしも過去にタイムスリップしたら?」という妄想。特に戦国や幕末といった時代にタイムスリップしちゃう系のお話しは、漫画や映画などでも人気の鉄板ネタとなっています。ですが、もし本当にタイムスリップしてしまったら…?考えると気になって眠れない!そんなあなたのために、今回は戦国時代に詳しい西股総生先生にその対処法を伺ってみました。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。