第5回:国宝天守と防御の仕組みに注目!彦根城【月刊 日本の城】
2018年3月30日 更新

第5回:国宝天守と防御の仕組みに注目!彦根城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第5回は江戸幕府の重鎮・井伊家の居城だった彦根城をご紹介します。全国で12しかない現存天守のある彦根城ですが、その天守のほかにも、見逃せないポイントが多くあり、特にあまり見られない防御の仕組みが存在するのが魅力です。そんな彦根城のオススメのポイントを写真を中心に紹介していきます。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

堅い守りと幾つもの現存建築が残る彦根城

彦根城は滋賀県東部の琵琶湖畔にある城です。関ヶ原の戦い後に徳川家が重臣・井伊家に築かせた城で、築城当時の井伊家当主は直孝でした。彦根藩初代藩主である直政は、関ヶ原合戦の戦傷がもとで築城前に死去しています。

当時、江戸の徳川家と大坂の豊臣家の関係は良いものではなく、大坂から江戸を攻めるルート上にあるこの地に彦根城を築きました。そのため、城には実践的な防御の仕組みが設けられ、守りが堅いのが特徴です。近隣の城の石垣や建築物を持ってきて再利用し素早く城を築いたという点も面白いところで、今でも幾つもの建物が現存します。

それでは、彦根城にいざ出陣!

彦根城へのアクセス方法

彦根城は、JR彦根駅から徒歩約15分。彦根駅は新幹線の米原駅から1駅なので、東京などの遠方からでも簡単に行くことができます。また、駐車場もあるので車でのアクセスもよく、彦根ICを降りて約10分の距離です。

彦根城めぐりは表門から

彦根城に到着したら、まずは表門に向かいましょう。
【表門】

【表門】

両側が石垣に守られた虎口で、門の前には木橋が架かる。
via 写真提供:日本の城 写真集
【表門脇の土塁・石垣と内堀】

【表門脇の土塁・石垣と内堀】

土塁の上下を石垣で挟み込む。特に西日本では珍しい形式で、隠れた見どころ。
via 写真提供:日本の城 写真集

珍しい登り石垣

【登り石垣】

【登り石垣】

斜面を垂直に登るように築かれた石垣。
via 写真提供:日本の城 写真集
表門を入って右に曲がり、券売所の手前の左手に登り石垣があります。
この石垣により、敵兵が斜面を平行移動できないようになっています。彦根城の他には、松山城・洲本城など限られた城でしか見れない貴重な遺構です。


【表御殿は彦根城博物館に】

【表御殿は彦根城博物館に】

写真は玄関のようす。表御殿は往時には藩主の住居・政務所。昭和62年(1987)に鉄筋コンクリートと木造を織り交ぜて復元された。
via 写真提供:日本の城 写真集
券売所右手には表御殿があり、現在は彦根城博物館として井伊家伝来の秘蔵品の展示などがされています。また、能舞台は寛政12年(1800)に建てられた現存する貴重なものです。

博物館を見学したら、階段を登って城内へ進みます。

撮影ポイント1:天秤櫓と廊下橋

50 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

滋賀県彦根市にある国宝・彦根城。今年は築城410年祭が開催中です。そのイベントのひとつとして、2017年6月4日に航空自衛隊ブルーインパルスによる展示飛行が実施。彦根城もブルーインパルスも好きな編集部は、居ても立っても居られず…現地取材に行って来ました!そのレポートをお届けします。
「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」『おんな城主 直虎』でも注目!小悪魔ボーイ・井伊直政は家康の寵愛以外にも…

「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」『おんな城主 直虎』でも注目!小悪魔ボーイ・井伊直政は家康の寵愛以外にも…

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第3回は、話題の大河ドラマ「おんな城主 直虎」井伊直虎の養子・井伊直政。徳川四天王に列せられ、武田の赤備えを引き継いで、赤鬼と恐れられた猛将は実は「容顔美麗」と史書にも記された美少年だった!? そして、美少年が家康の他に、二股をかけた相手とは!?
【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

【大河ドラマの主人公・井伊直虎が守り抜いた少年 】「徳川四天王」として恐れられた井伊直政ゆかりの地を巡る!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」は柴咲コウさん演じる井伊直虎が主人公ですが、やがて登場するキーマンが、菅田将暉さん演じる井伊直政です。徳川家康の重臣であり猛将として知られた彼のゆかりの地をご紹介しましょう!
父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

父・家康に疎まれ…不遇の生涯を送った松平忠輝ゆかりの城・高田城

徳川家康の六男・松平忠輝。家康の実子でありながら、父からは疎まれ「鬼っ子」と呼ばれた理由とは…?不遇の生涯を送った忠輝が藩主として唯一幸せに過ごしたとされるゆかりの地・高田城(新潟県上越市)をご紹介します。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

GWなどの連休になると、歴史好きの皆さんは城や神社仏閣、大河ドラマや歴史上の人物ゆかりの地に出かけられる方も多いと思います。そこでユカリノ編集部では、日本全国の読者の皆様に「行ってよかった史跡」についてアンケートを実施。歴史好きならではの視点で「満足度の高い史跡」についてのご意見をまとめました。
行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

行くなら今!?2018年、名古屋城に行くべき3つのタイミング

名古屋市のシンボル・名古屋城。再建が検討されている天守閣に入れるのは5月6日(日)まで!このゴールデンウィークが勝負です。また6月8日(金)には本丸御殿が完成予定。さらには、3月末にオープンした「金シャチ横丁」など、行くべき3つのタイミングを、イベント情報と合わせて、城マニアのいなもとかおりさんがお届けします。
大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

大きさは日本一!駿府城天守台の発掘現場と想像CGが見られるツアー開催

徳川家康の最後の居城として知られる駿府城。2016年より進められている天守台の発掘調査で、その大きさが日本一であることがわかりました。現在、発掘現場の見学と、想像CGによる「駿府城タイムトラベルツアー」が開催中です。最新の調査結果とともにツアーの内容をご紹介します。
【城好き必見!】部屋から名城が見える絶景ホテル5選

【城好き必見!】部屋から名城が見える絶景ホテル5選

各地方のゆかりの地巡りに必須のホテル選び。名城の見えるホテルに泊まって、その豪華な景色を独り占めしてみませんか?中でも彦根城、名古屋城、大阪城、高知城、熊本城と、ゆかりの地めぐりはもちろん、観光の拠点にもなる名城を堪能できるホテルを厳選してご紹介。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。