関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座
2017年3月14日 更新

関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

気づかないだけで、意外に東京のすぐ近くにもある戦国の「土の城」。今回は、そんな土づくりの城を実際に歩いてみたいという人のために、準備や持ちもの、歩く時に気をつけたいことを伝授。暖かくなったら出かけたい、戦国武将ゆかりの城とともにご紹介します。

みのうち社みのうち社

【入門コース】おすすめ土の城:太田道灌ゆかりの丸山城

【入門コース】太田道灌ゆかりの丸山城

【入門コース】太田道灌ゆかりの丸山城

神奈川県伊勢原市にある丸山城は、いつ誰が築いたのか不明でしたが、最近になって扇谷上杉氏の本拠だった糟屋館がここなのではないかという説が浮上。糟谷館は太田道灌が入浴中に殺された場所で知られています。整備された公園ですが、そそり立つような切岸と空堀、土塁の一部が残っています。とくに空堀は国道の反対側にある神社まで続いていたことが、発掘調査でわかっています。
【交通】小田急線伊勢原駅北口から愛甲石田行きバスで粟窪下車。
via 写真/西股総生

公園化された城が多い【入門コース】の持ち物は

 公園化された城を歩くだけなら、普段のお散歩と大きく変わらず、特別な装備や準備は必要ナシ! 服装は、歩きやすく動きやすければ充分。ただ、日差しやクモの巣を避けるため、帽子やバンダナなどの被り物はあった方が安心です。飲みもののペットボトルや水筒は必需品ですが、それ以外の持ちものといえば、ハンカチやポケットティッシュ、お天気が心配なら折りたたみ傘を持ちましょう、といった常識範内でOKです。
イラスト/みかめゆきよみ (2647)

via イラスト/みかめゆきよみ

ちょっとした「冒険」には両手が使えるように

 公園化された城とはいっても、土塁に登ったり堀に下りたりといった程度の、ちょっとした「冒険」はあるので、持ちものはリュックかショルダーバッグにまとめて、いつでも両手が使えるようにしておくと◎。縄張り図を見ながら歩くには、バインダーや透明のマップケースがあるとなおいいでしょう。バインダー・マップケースは、ストラップやカラビナなどを付けて、首・腰からさげられるようにしておくと、上り下りの時に両手を空けることができます。

【初級コース】おすすめ土の城:上杉謙信ゆかりの臼井城

【初級コース】上杉謙信ゆかりの臼井城

【初級コース】上杉謙信ゆかりの臼井城

千葉県佐倉市にある臼井城は、上杉謙信が関東管領職となり、関東に攻め寄せた城のひとつ。印旛沼に岬のように突き出すような自然の要害に囲まれた難攻不落の城で、主郭には横矢掛り、枡形虎口と、いくつもの仕掛けが張り巡らされているのも魅力。
【交通】京成本線京成臼井駅から北に徒歩15分
via 写真/西股総生

ちょっとした山城にはトレッキングシューズを

【初級コース】は、散策路が整備されている、ちょっとした山城などのイメージ。靴は、歩きやすければスニーカーやウォーキングシューズでもOKですが、できればトレッキングシューズの方が安心です。持ちものは、できるだけリュックかナップサックにまとめて、常に両手が使えるようにしておきましょう。ケガしないよう、軍手などの手袋もお忘れなく。

 服装は、歩きやすく動きやすいのが基本。ただ、山城歩きでは冬でも汗をかくことがあるので、脱ぎ着がしやすい、袖がまくれるなど、暑さ・寒さの調節がしやすい工夫をしましょう。飲みもののほかに、行動食としておやつを持つようにすると、エネルギー補給になります。
イラスト/みかめゆきよみ (2641)

via イラスト/みかめゆきよみ

何かと使えるタオルやウェットティッシュ

29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

昨年初開催された『お城EXPO』が今年も開催!2017年12月22日(金)から12月24日(日)にパシフィコ横浜の会議センターにて行われます。お城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、お城のスペシャリストによる講演会など、知識を深められるプログラムが盛りだくさん!9月15日(金)のチケット発売を前に、見どころをたっぷりご紹介いたします。
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

4月6日の「城の日」に「続100名城」が発表されるなど、盛り上がりを見せる城ブーム。天守や石垣のない「土の城」に行ってもよくわからないという人のために、今回は、城の基本的な仕組みがわかる&首都圏近郊で行きやすい3つの城「早川城」「深大寺城」「小机城」をご紹介。週末の日帰り旅、またはGWにもおすすめです。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。