徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?
2018年11月30日 更新

徳川幕府ゆかりの縁切寺・満徳寺、その驚くべき縁切り方法とは!?

縁結びにご利益のある寺社は女性に人気の観光スポットとして定着していますが、「縁切り」にご利益のある寺社はそうそう見かけません。しかし徳川幕府の時代、「縁切寺」は女性にとってありがたい救済スポットでした。現在でも縁切寺として知られる群馬県太田市の満徳寺で行われている縁切りとはどのようなものなのか?江戸時代に縁切寺が必要だった理由とともに追ってみました。

みかめゆきよみみかめゆきよみ

なぜ縁切り寺が必要だったか

満徳寺本堂。1994年に復元されたものです。

満徳寺本堂。1994年に復元されたものです。

via 撮影:みかめゆきよみ
現代ではゲス不倫や熟年離婚など、夫婦の離縁の在り方は様々ですが、江戸時代、女性から離婚を突きつけることはできませんでした。相手がどんなダメンズでも別れることができなかったのです。現代の女性からしたら、なんて法律だ!と思うかもしれませんが、それが当たり前だったのですね。

だからといって、女性もただ泣き寝入りするだけではありませんでした。悩める女性を救済するため、女性から離縁をすることが可能な「縁切寺」が各地にあったといいます。しかし江戸時代になるとその数が減り、徳川幕府が認める公認の縁切寺は2箇所だけになってしまいました。
ひとつは神奈川県鎌倉市の東慶寺。もうひとつは群馬県太田市の満徳寺です。

東慶寺は家康の孫・千姫とその養女にゆかりのある尼寺。満徳寺は徳川家発祥の地にゆかりのある尼寺です(東慶寺については「歴ニン君」に詳しくご紹介しているのであわせてどうぞ)。
どちらも徳川家に関係している点がポイントですね。

どうやって縁切りしたの?

夫とどうしても離縁したい妻。しかし女性側から離婚を突きつけることはできません。そこで妻は、女性側から離婚を成立させられる唯一の機関、縁切寺へと走ります。文字通り走るのです。 それに気が付いた夫が逃がすまいと追いかけてくる。逃れたい妻は走る走る! なんという修羅場でしょう。その様子から「駆け込み寺」とも言われています。現在でも困っている人を救ってくれる場所や物事を「駆け込み寺」と言いますが、ここからきているのですね。

満徳寺では、敷地内に妻が身に着けていたものや体の一部が入れば駆け込み成立だったのだとか。取っ組み合いになってあわや連れ戻されそうになった時、女性は必至の思いで草履を投げたりかんざしを投げたりしたのでしょうね。

さて、無事に駆け込みが成功したら、役人が調停役となり、晴れて女性側から離婚を突きつけることが可能になります。もし夫側がゴネても、妻が寺に満2年在籍すれば離婚が成立しました。どのみち駆け込みに成功すれば、女性は晴れて自由の身になれたというわけです。ゴネると後々厄介なことになるので、多くの場合は離婚調停によって解決したようです。
女性の駆け込みはあくまで武士の間の話。庶民の女性はわりと自由で、したたかに生きていたようです。現在では離婚届に夫婦が合意して両者がハンコを押して離婚が成立しますが、この時代は片方から一方的に「離縁状」を交付することで離婚が成立しました。字を書けない庶民のために、3本半の長さの線を引くことで離縁状が成立するようになっていたのだそうです。別れることを「三行半(みくだり半)」と言うのはここからきているのです。

悪縁を流す場所はなんと…!満徳寺で縁切り体験してみた

撮影:みかめゆきよみ (26184)

徳川氏発祥の地、群馬県太田市に位置する満徳寺。町名も「徳川町」。
via 撮影:みかめゆきよみ
さて、現在の満徳寺をみていきましょう。満徳寺は徳川幕府の終焉と共に役割を終えますが、現在は整備され、本堂・門などが復元されています。隣には太田市立縁切寺満徳寺資料館も併設され、縁切寺の歴史を知ることができます。

女性の駆け込み寺としての役目を終えた満徳寺ですが、現在も「縁切寺」としてのお役目を果たしています。しかも縁切りだけでなく、縁結びも可能です。その驚くべき方法とは……
太田市立縁切寺満徳寺資料館。この中で驚くべき縁切りが行...

太田市立縁切寺満徳寺資料館。この中で驚くべき縁切りが行われている……

via 撮影:みかめゆきよみ
トイレです。しかも和式。「悪縁はきれいさっぱり水に流そ...

トイレです。しかも和式。「悪縁はきれいさっぱり水に流そう」というわけです。

via 撮影:みかめゆきよみ
撮影:みかめゆきよみ (26188)

縁切り、縁結びは資料館内で配布されている「縁切札・縁結札」セットを用います。HPから郵送で取り寄せることも可能です。
via 撮影:みかめゆきよみ
セットには送付用の封筒も入っています。

セットには送付用の封筒も入っています。

via 撮影:みかめゆきよみ
縁切りは白。縁結びは黒。お間違えなきよう。

縁切りは白。縁結びは黒。お間違えなきよう。

via 撮影:みかめゆきよみ
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みかめゆきよみ

みかめゆきよみ

漫画家、イラストレーター、ライティングも少々。プロの真田幸村ファン(自称)。火縄銃・居合などの実践経験を活かした記事が得意。エンタメを通じて歴史の楽しさを伝えることがモットー。著書に『ふぅ〜ん、真田丸』(実業之日本社)。『北条太平記』(桜雲社)。『戦国の城がいちばんよくわかる本』(西股総生著 KKベストセラーズ/イラスト担当)、『真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年』(真田徹著 河出書房新社/ 執筆協力 )。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

幕末の「いだてん」たちに括目せよ!映画『サムライマラソン』レビュー

NHK大河ドラマ『いだてん』でも取り上げられ、2020東京五輪でも注目の競技・マラソン。日本人にとって馴染み深いマラソンが江戸時代にも行われていたことをご存知でしょうか?2月22日公開予定の映画『サムライマラソン』は日本初のマラソンを題材とした映画。その内容をマラソンランナーのごとく俊足レビューでお届けします!
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

温泉を愛した武将たちの記録も!国立公文書館「温泉~江戸の湯めぐり~」展

日本人が古くから親しんできた温泉。江戸時代には、名所図会や紀行文などを通して、温泉地の情報が広く流布しました。多くの人々が訪れ、温泉は次第に湯治場としてだけではなく、行楽地としても賑わうようになります。国立公文書館では平成31年1月26日(土)〜3月9日(土)の期間、江戸時代の資料を中心に人々と温泉の関わりを紹介する企画展「温泉~江戸の湯めぐり~」を開催。その見どころをご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

【将軍の御落胤】江戸初期の三名君のひとり・保科正之とゆかりの地

徳川秀忠の四男ながらもその存在を隠された保科正之は、典型的な「御落胤」でした。のちに保科家を継いだ彼は、家臣として将軍家を支え続け、後の会津松平家の祖となったのです。今も名君として伝わる保科正之の数奇な人生をゆかりの地とともにご紹介しましょう。
映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

映画「サムライマラソン」で注目!幕末から続く安政遠足の歴史とは?

2019年2月に公開される佐藤健さん主演の映画「サムライマラソン」。原作は土橋章宏氏の小説「幕末まらそん侍」ですが、そのテーマとなった「安政遠足(あんせいとおあし)」をご存知でしょうか?日本のマラソン発祥の地として、今も群馬県安中市で続く安政遠足の歴史とともに、映画でのキャストも気になる登場人物についてもご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第七忍「縁切寺:満徳寺」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第七忍「縁切寺:満徳寺」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は、群馬県太田市にある満徳寺に来たよ。前回紹介した東慶寺とともに、徳川幕府公認の『縁切寺』として有名だね。インパクト大の縁切り方法にも注目だよ。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。