幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ
2018年3月8日 更新

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「佐賀の七賢人」とは?

幕末維新に活躍した雄藩「薩長土肥」。肥前佐賀藩でも、他の藩におとらず優秀な人材を輩出しました。その中でも特に顕著な功績を残した鍋島直正、佐野常民、島義勇、福島種臣、大木喬任、江藤新平、大隈重信は「佐賀の七賢人」と呼ばれています。
彼らの活躍により、佐賀藩は強い軍事力をはじめ、近代日本への礎を築き、大きな力を持つ藩になったのです。
そんな彼らの功績とゆかりの地を、出生順にご紹介します。

「佐賀の七賢人」ゆかりの地:弘道館(佐賀県佐賀市)

弘道館記念碑

弘道館記念碑

弘道館記念碑は、鍋島家関連の史料を展示する徴古館のそば、JR佐賀駅から徒歩約20分の場所に建てられています。
天下三弘道館のひとつとされる藩校・弘道館。
佐賀藩主・鍋島直正は教育予算も約6倍にまで増やし、多くの人材を育成します。学問だけでなく、武芸も奨励し、文武両道の人材が求められました。
弘道館で学び、優秀な成績をおさめた者は、江戸や大阪への留学の許可が得られ、活躍することとなります。直正をのぞく「佐賀の七賢人」は全員、弘道館の出身者です。

幕末の佐賀藩のリーダー:鍋島直正

鍋島直正

鍋島直正

なべしまなおまさ。文化11年(1815)12月7日〜明治4年(1871)1月18日。
鍋島直正は、閑叟(かんそう)という号でも知られる、佐賀藩の10代藩主。
天保元年(1830)に家督を継ぎ、藩政改革を行うと、医学校や海軍学校を創設したほか、蘭学や英学を奨励するなど、教育にも力を注ぎました。さらに、西洋医学も積極的に導入し、天然痘を予防する種痘を藩内に広めるため、嫡子である淳一郎に接種させたことでも知られています。

また、長崎警備を重視し、軍事力の強化をはかるため、日本ではじめて反射炉を建設。西洋艦船や銃砲の製造にも務めました。特に、佐賀藩の最新技術によって鋳造された、当時最大の威力を誇ったアームストロング砲は、戊辰戦争での新政府軍の勝利に大きく貢献しています。

鍋島直正ゆかりの地:佐賀城(佐賀県佐賀市)

佐賀城の鯱の門と続櫓

佐賀城の鯱の門と続櫓

門には佐賀戦争時の銃弾の痕が残っています。
via 写真提供:佐賀県
佐賀藩主の居城・佐賀城は、元々龍造寺氏所有だったものを改修・拡張したものです。周りに樹木や堀が巡らされており、「沈み城」の別名を持ちます。天保9年(1838)に直正によって本丸が再建されますが、明治初期に佐賀の乱で大半を失ってしまいました。
現在は、表門である「鯱の門」や藩主の居室「御座間」が残っており、復元された本丸御殿は歴史館になっています。

日本赤十字社の創設者:佐野常民

 (15900)

さのつねたみ。文政5年(1823)12月28日〜明治35年(1902)12月7日。
62 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】

エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。
戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】

戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。
リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

リングインする龍馬に、消えた龍馬…。日本縦断リョーマ探し!「ニッポン銅像探訪記 第3回:坂本龍馬・全国編」

坂本龍馬の銅像を追いかけて早くも3回目。さすがにしつこいという声が聞こえてきそうなので、今回で龍馬巡りは一区切り。1回目の土佐編、2回目の京都編に続き、第3回は北は北海道から南は鹿児島まで、全国に点在する龍馬像を紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

日本の玄関口、東京駅。平成24(2012)年に大改修が行われ、大正3(1914)年当時と変わらない姿に生まれ変わりました。辰野金吾が設計した駅舎には隠れた見どころがあり、その謎は遠く佐賀県にも関係があることがわかりました。この夏休み、東京駅を利用する際はぜひチェックしてみてください。