ご当地に行くならぜひ買いたい!戦国武将にちなんだ駅弁
2018年4月10日 更新

ご当地に行くならぜひ買いたい!戦国武将にちなんだ駅弁

旅行の際につい買いたくなるのが「駅弁」。駅で売られている弁当を見てみると、ご当地ゆかりの戦国武将駅弁というものも出ています。そこで今回は、歴史探訪のお供にぜひ食べたい、人気戦国武将にちなんだ駅弁をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

2017年ならでは!大河ドラマの主人公・井伊直虎にちなんだ『直虎 遠州錯乱 戦弁当』(静岡県浜松市)

「直虎 遠州錯乱 戦弁当」

「直虎 遠州錯乱 戦弁当」

1080円(竹泉)
※2018年4月現在、販売は終了しています。
今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の影響で観光客が増えている井伊家ゆかりの地・静岡県浜松市。さっそく井伊直虎にちなんだ駅弁が販売されています。

おすすめは、天竜浜名湖鉄道・気賀駅と天竜二俣駅で土日祝日限定販売されている「直虎 遠州錯乱 戦弁当」(竹泉)。

直虎印の玉子焼きや、遠州の素材を使った太巻き、自慢の浜松唐揚げなど、浜松名物がふんだんに楽しめるお弁当は、歴史好きでなくても満足できること間違いなし。
戦国時代の旅人のように、箸を使わなくても食べれるようになっているそうですよ。
気賀駅は大河ドラマ館の近くなので、立ち寄りついでに購入するとよいかもしれません。

直虎 遠州錯乱戦弁当

面白い紹介ムービーも(笑)
他にも、浜松市内では直虎と徳川家康のゆるキャラをモチーフにした「出世法師 直虎ちゃん弁当」や「出世大名家康くん弁当」なども販売されているようなので、探してみてくださいね。

さすが加賀百万石!前田利家にちなんだ豪華二段『利家御膳』(石川県金沢市)

「利家御膳」

「利家御膳」

1050円(大友楼)
筆者も購入しました!箸ケースまで可愛い。ちなみに「おまつ御膳」もあります。
石川県金沢市といえば、ご存じ前田家ゆかりの地。金沢駅にあるショッピングモール「あんと」で購入できるのが、前田利家にちなんだ駅弁「利家御膳」(大友楼)です。
前田家の家紋があしらわれた豪華二段重ねの弁当には、下段にひょうたん型のご飯や和菓子、上段には金沢の郷土料理である治部煮など、歴代前田藩主の宴席献立をアレンジしたメニューが盛りだくさん。
製造元の大友楼は、藩制時代に加賀藩の御膳所で料理方を務めていたという老舗なので、見た目だけでなく伝統の味も堪能できますよ。

石田三成と大谷吉継の友情を味わう!三成めし(滋賀県米原市)

三成「押」(治部少・刑部少の美しき友情)

三成「押」(治部少・刑部少の美しき友情)

1280円(税込)(ビッグバードデザイン株式会社・かなやキッチン)
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」『おんな城主 直虎』でも注目!小悪魔ボーイ・井伊直政は家康の寵愛以外にも…

「日本男色史巡り 第3回:井伊直政」『おんな城主 直虎』でも注目!小悪魔ボーイ・井伊直政は家康の寵愛以外にも…

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第3回は、話題の大河ドラマ「おんな城主 直虎」井伊直虎の養子・井伊直政。徳川四天王に列せられ、武田の赤備えを引き継いで、赤鬼と恐れられた猛将は実は「容顔美麗」と史書にも記された美少年だった!? そして、美少年が家康の他に、二股をかけた相手とは!?
【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

2017年6月に開催される歴史好きにおすすめの歴史イベント情報をまとめてご紹介します。
ご当地ゆかりのあの武将も!田んぼアートに蘇る歴史上の人物たち

ご当地ゆかりのあの武将も!田んぼアートに蘇る歴史上の人物たち

青森県田舎館村で村おこしの一つとして始まった“田んぼアート”。田んぼをキャンバスに見立て描かれる巨大なアートは年々話題を呼び、今では全国各地で開催される人気イベントとなっています。なかにはご当地ゆかりの武将を描くなど、歴史好き必見のアートも。今回は2018年注目の田んぼアートを厳選してご紹介!ゆかりの地めぐりとともに見に行ってみませんか?
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
神廟の再建、義元左文字の復元も…2019年は生誕500年を迎える今川義元がアツい!?

神廟の再建、義元左文字の復元も…2019年は生誕500年を迎える今川義元がアツい!?

現在の静岡市にあたる駿河国の戦国大名・今川義元。2019年に生誕500年を迎えるにあたり、地元の静岡市では「今川義元公生誕五百年祭推進委員会」を設置。来年に向けさまざまなイベントが企画されています。実は今川氏最大の勢力を誇った武将として義元を再評価しようという、戦国ファンなら見逃せない活動内容とは?
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。