「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち
2018年6月8日 更新

「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち

島津斉彬、伊達宗城、山内容堂とともに幕末の「四賢侯」に数えられる福井藩主・松平春嶽。西郷隆盛が尊敬した橋本左内らを重用し、藩政改革に成功。明治新政府の誕生にも大きく貢献しました。大河ドラマ『西郷どん』では津田寛治さんが演じる春嶽と彼が見出した志士、開催中の「幕末明治福井150年博」をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「四賢侯」のひとり・松平春嶽

松平春嶽

松平春嶽

諱を「慶永」といい、後に「春嶽」の号を名乗りました。
松平春嶽が生まれたのは文政11年(1828)。田安徳川家の八男として生を受けた春嶽は、当初伊予松山藩の養子になる予定でした。
しかし天保9年(1838)に越前福井藩主・松平斉善が亡くなったことから養子となり、わずか11歳で藩主になります。
当時福井藩の財政事情はきわめて厳しい状況にありましたが、開明的な政策でこれを改善し、名君と称されます。

その後将軍継嗣問題では一橋慶喜を推したことから、大老・井伊直弼と対立。
隠居・謹慎を命じられますが、文久2年(1862)政事総裁職として復帰し、公武合体派の重鎮として活躍します。
さらに王政復古後は幕府と朝廷の関係改善に尽力し、明治新政府でも要職を歴任しました。

松平春嶽ゆかりの地:福井城址

福井城址

福井城址

via 写真提供:公益社団法人福井県観光連盟
福井には今も春嶽ゆかりの場所が残っていますが、その代表が福井城址です。
徳川家康の次男で、初代福井藩主となった結城秀康が慶長11年(1606)に築城。三重の堀に囲まれた広大な城は本丸石垣と内堀が現存します。
また天守台下には「福井」の名の起こりとされる、「福の井」と呼ばれる井戸跡も残されています。

松平春嶽に見出された志士たち

春嶽は庶民に利益を還元する殖産興業の推進や洋式技術の導入など、現実に即した先進的な藩政改革を行います。特に積極的だったのが人材登用で、優れた人材は家柄を問わず登用していきました。

藩の財政を任された横井小楠

横井小楠

横井小楠

春嶽が幕府政事総裁となると、政治顧問として幕政改革を推進します。
まず熊本から招いたのが実践的朱子学グループ(実学党)の中心人物である横井小楠。
藩政顧問に抜擢され藩の富国策を全面的に任された小楠は、春嶽の期待通りこれを成功させます。
横井小楠寄留宅跡

横井小楠寄留宅跡

小楠の福井での住居跡。坂本龍馬が勝海舟の命で福井に来た際、ここを訪れたといいます。
via 写真提供:公益社団法人福井県観光連盟

坂本龍馬に信頼された由利公正

由利公正

由利公正

明治新政府でも財政面で活躍。
その小楠の実践的な学問に傾倒し、財政改革に尽力した三岡八郎(のちの由利公正)も抜擢された人材のひとり。
彼は外国に生糸を大量輸出し、莫大な利益を上げました。
坂本龍馬は暗殺される2週間前、由利公正を新政府の財政責任者に推薦するため、福井を訪れています。
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

あの「西郷どん」も認めた!福井が生んだ天才・橋本左内の有能ぶり

西郷隆盛より6歳も年下でありながら「先輩としては藤田東湖に服し、同輩としては橋本左内を推す」といわしめた若者、それが橋本左内です。左内は24歳という若さで、幕末の四賢候と讃えられる福井藩主・松平春嶽の側近に抜擢され、国事に奔走しました。彼の功績と活躍の舞台となったゆかりの地をご紹介します。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地と西郷南洲顕彰館

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
井伊直弼の暗殺の遠因?彦根牛の味噌漬け「反本丸」【偉人が愛した肉料理:第2回】

井伊直弼の暗殺の遠因?彦根牛の味噌漬け「反本丸」【偉人が愛した肉料理:第2回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第2回は牛肉の味噌漬け「反本丸(へんぽんがん)」です。幕府に牛の皮を献上するため、牛の屠殺が認められていた彦根藩で密かに作られていたという「反本丸」は大変な人気だったとか。実はあの歴史の大事件の原因にもなった?魅惑の肉料理をご紹介します。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

いまや上野のシンボルともいえる西郷隆盛像。その近くに墓があるのをご存知でしょうか?鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争のひとつ「上野戦争」は、1日で上野が焼け野原になるほど激しいものでした。この地にて壮絶に散ったのが彰義隊です。新選組隊士だった原田左之助も所属していた、彼らの墓をご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!