戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】
2018年7月27日 更新

戊辰戦争を戦い抜いた異色の幕臣・大鳥圭介ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第9回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第9回は大鳥圭介ゆかりの地です。新選組の土方歳三が戦死したことで知られる函館戦争。そのとき旧幕府軍・総裁だったのが榎本武揚、陸軍奉行だったのが大鳥圭介でした。「全身これ肝」といわれ、幕臣となって戊辰戦争を戦い抜いた大鳥の生涯とゆかりの地をご紹介します。

小栗さくら小栗さくら

蕃書調所跡(東京都千代田区)

蕃書調所跡(東京都千代田区)

大鳥が教授として出仕した「蕃書調所(ばんしょしらべしょ)」。江戸幕府直轄の洋学研究教育機関でした。九段下駅のすぐそばで、皇女和宮が通った江戸城・清水門からも近い場所にありますよ。
via 提供:小栗さくら

日本初の金属活字「大鳥活字」

人に教える立場になった大鳥は、兵書を講義するために「いちいち写本では不便だ」と考え、教科書の必要性を感じました。かつて生活費を稼ぐために筆写をやっていた大鳥ですから、その大変さを身をもって知っていたこともあるでしょうね。

彼は西洋の活字の方法から考えて、鉛や錫(すず)を使った合金で型を作り、ついに日本初の金属活字で『築城典刑』という教材を作り上げました。この本はオランダの築城学の教本で、もちろん翻訳は大鳥自身!そのほかにも大鳥は多くの著作を出版しています。

新選組もののドラマや物語では、ちょっと抜けたイメージで描かれることが多い大鳥ですが、実は万能な人なんですよね。
「築城典型」全5巻より

「築城典型」全5巻より

via 国立国会図書館蔵

文官から武官へ

医学の道から兵学の道へと進んだ大鳥は、尼崎藩士、徳島藩士となった後、江戸へ戻ります。
そして文久2年(1862)、幕府の兵制改革により洋式陸軍が創設されると、洋学者の人材の一人として大鳥も採用されました。

そこで幕臣・小栗忠順(おぐり・ただまさ)と出会った大鳥は、洋学者の意見を取り入れる小栗を「先見の明ありしと感服のほかなし」と尊敬したといいます。そのあまり、駿河台の小栗屋敷には夜中にも行き来して国事を論じあったのだとか。
小栗忠順

小栗忠順

日米修好通商条約批准のため遣米使節に随行。帰国後は外国奉行に。その後も勘定奉行、町奉行などを歴任します。
小栗の計らいで陸軍伝習をすることになった大鳥は、文官から武官へと足を踏み入れることになります。そして、のちに箱館戦争で共に戦う荒井郁之助と出会い、切磋琢磨しあいました。

通訳もこなすようになった大鳥は昇進し、やがて兵を訓練する側となります。そうして結成されたのが幕府精鋭の部隊「伝習隊」です。大鳥はこの伝習隊の隊長となって戊辰戦争を戦うことになるのでした。
小栗忠順胸像(神奈川県横須賀市)

小栗忠順胸像(神奈川県横須賀市)

大鳥が感服した、幕臣・小栗忠順の胸像。横須賀中央公園の博物館近くにあり、小栗の盟友・栗本鋤雲(じょうん)の胸像と並んでいます。
via 提供:小栗さくら

そして、戊辰戦争へ

慶応4年(1868)正月、戊辰戦争の火蓋が切られます。
これより3年ほど前に幕臣となっていた大鳥は、「主家の滅びに答えるには一死あるのみ」としながらも「徒死(とし/無駄死)はしない」と告げて、転戦に転戦を重ねることになります。

代々の幕臣ではない大鳥のこの言葉は、意外にも思えます。ですが弟に宛てた手紙には、大鳥が幕府に抜擢されたことをありがたく思い、一命をもって忠節を尽そうとした想いがつづられています。
法恩寺(東京都墨田区)

法恩寺(東京都墨田区)

大鳥が江戸を脱する際、伝習隊と合流した法恩寺。門の後ろにはスカイツリーが見えます。江戸城を築いた戦国武将・太田道灌のお墓もこちらにありますよ。
via 提供:小栗さくら

戦下手ではない大鳥

戊辰戦争を描いた作品、特に新選組の土方歳三を中心に描いたストーリーでは、戦上手の土方に対し、実戦が得意でない大鳥のように描かれることがあります。
実際には、小山の戦いで快勝し、自軍より数の多い敵軍を退けています。また、不利な戦を自分が請け負って殿(しんがり)をつとめたり、敗退した戦の中には大鳥に意思決定権がなかったものもあったといいます。
戊辰戦争のひとつ、宇都宮城(栃木県宇都宮市)での戦いは...

戊辰戦争のひとつ、宇都宮城(栃木県宇都宮市)での戦いは軍総監を大鳥圭介が、軍参謀を土方歳三が務めていたとされます。

via 提供:小栗さくら
50 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

小栗さくら

小栗さくら

中学生時代に司馬遼太郎氏の『燃えよ剣』を読んで以来、歴史に興味を持つ。 駒澤大学歴史学科卒業と同時に博物館学芸員資格を取得。 現在『歴史タレント』として、TVやCMに出演。また、イベント司会、講演会、コラム執筆と幅広く活躍中。 諏訪市公認キャラクター・諏訪姫の声優も務めている。 タレント活動と並行し「さくらゆき」というアーティスト名で歴史をテーマにした楽曲の発信、ライブ等を行っている『歴史系アーティスト』でもある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。