首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地
2018年3月23日 更新

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。

みのうち社みのうち社

武士社会のきっかけをつくった平将門

平将門

平将門

平安時代、武士団の脅威を朝廷に知らしめ、貴族から武士の社会へと移行するきっかけを作った将門。騎馬戦の始まりも将門軍だったといわれます。
平将門は平安中期に活躍した武士。桓武天皇から数えて5代めの孫に当たる人物です。祖父の平高望が上総介として任国し、土着したといわれています。将門は現在の茨城県坂東市のあたりを拠点にしていたそうです。

将門は父の遺領をめぐり伯父たちと敵対。さらに周辺の豪族もこの抗争に加担し、気がついたら国を敵に回すことになっていました。一族の抗争が落ち着いたのもつかの間、今度は地元の豪族と国司とのトラブルに巻き込まれ、その中で豪族たちに担ぎ上げられて「新皇」と名乗るようになります。

武士による独立を目指したこの動きは、のちに鎌倉幕府をひらいた源頼朝にも影響を与えたといわれており、平将門の乱は「武士のおこり」であるという見方もあります。

討ち取られた際、五体がばらばらに…

平将門の首塚(東京都千代田区)

平将門の首塚(東京都千代田区)

東京メトロの大手町駅C5出口から出てすぐのところに「都旧跡 将門塚」の案内板が見えます。
via 写真提供:みのうち社
将門は朝廷より将門討伐の命を受けた下野国の豪族・藤原秀郷と、従兄弟の平貞盛らにより討ち取られ、その首は京都に晒されました。しかし首は腐らず、胴体を求めて関東まで飛んでいき、たどり着いたところが東京都千代田区大手町の平将門の首塚になったといいます。

一方、戦場に残された胴は将門の本拠地であった下総国岩井村(現在の茨城県坂東市)にこっそりと運ばれ、延命院境内に葬られたと伝えられています。

…が、将門の伝説はそれでは終わりません!
将門が藤原秀郷に打ち取られた際、五体がばらばらになり、そのうちの腹、手が足利市に落ちたというのです。

将門の腹が落ちた大原神社

大原神社

大原神社

via 写真提供:みのうち社
足利市の中心から渡良瀬川沿いに北西へ進んだところにある大原神社。
ここには将門の「腹」が落ちたといわれております。腹が飛んできてボテンと落ちる様を想像すると、なんともシュールですよね。
大原神社 社殿

大原神社 社殿

原(腹)だけに、子授け安産や病気平癒にご利益があるとか。
via 写真提供:みのうち社
大原神社は景行天皇の頃、日本武尊が国家鎮護のために山城国の大原野神社を勧請して建てられたと伝わります。なかなかに古く、由緒ある神社です。

「原」と「腹」をかけただけで、将門のお腹が飛んできたか否かはあくまで伝承の域を出ません。そんな伝承からか、大原神社は腹部の病気や安産にご利益があるといわれています。このご利益も「はら」という言葉から生まれたものではないでしょうか。
大原神社 神楽殿

大原神社 神楽殿

大原神社に伝わる神楽は栃木県佐野市の渋井新太郎という人が明治初年頃に伝授したといわれており、大和流渋井派として足利市の無形文化財に指定されています。
via 写真提供:みのうち社

将門の手が落ちた大手神社

大手神社

大手神社

JR両毛線足利駅から線路沿いに北西へ進んだところにあります。
via 写真提供:みのうち社
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

【足利学校、鑁阿寺、美人弁天まで】足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡

南北朝時代の偉人・足利尊氏を輩出した足利氏の本拠地である栃木県足利市。昨今では刀剣ブームにより足利ゆかりの刀工が注目され、多くの刀剣ファンでにぎわっています。そこで本稿では足利氏ゆかりの地・足利市のオススメ史跡をご紹介。この機会にぜひ、足利氏の歴史と文化にふれてみてはいかがでしょうか?
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。平清盛生誕900年を迎えるこの夏、国立公文書館では7月21日~9月1日まで企画展「平家物語―妖しくも美しき―」を開催。天狗・怨霊・物怪など、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界とは?一足先にその見どころをご紹介します。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
日本一短時間でまわれる!?日本橋の七福神巡り

日本一短時間でまわれる!?日本橋の七福神巡り

江戸時代より、商業や金融、文化の中心地として、たくさんの人や物が行き交い、大賑わいをみせた日本橋。今も歴史あるスポットや近代日本の面影を残す建物が残されています。見どころがたくさんある中、特におすすめなのが七福神巡り。短時間でご利益をいただけるお得な情報をお届けします。