文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】
2018年11月29日 更新

文明開化の味!明治「牛鍋」事始め【偉人が愛した肉料理:第8回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人の愛した肉料理を紹介する連載。今回は、11月29日「良い肉の日」ということで、明治の偉人たちも愛した牛鍋に注目。文明開化の象徴として、“食わない奴は時代遅れ”とされた牛鍋の歴史を辿ります。

永山久夫永山久夫

牛鍋から始まった文明開化

 (26169)

明治元(1868)年、約260年にわたった徳川幕府は、国際化という時代の波に対応できなくなり崩壊する。
明治新政府の幕が上がり、7月には江戸が「東京」と改称。新政府の政策のひとつが、欧米先進国の文化を積極的に取り込み、日本の国力と文化を引き上げることであった。
文明開化の時代となったのである。

西洋料理も取り入れられ、それまでタブー視されていた牛肉食も、政府はことあるごとに推進した。

牛肉奨励キャンペーンに応えるように、戯作者として有名な仮名垣魯文(かながき・ろぶん)は明治4年刊行の『安愚楽鍋(あぐらなべ)』の中で「おしなべて、牛肉食わねば開けぬ奴」と書いており、“牛肉を食わない奴は時代遅れ”だと煽っている。
ちなみに『安愚楽鍋』とは、あぐらをかいて食べる牛鍋という意味だ。
『安愚楽鍋』の挿絵は河鍋暁斎によるもの。

『安愚楽鍋』の挿絵は河鍋暁斎によるもの。

via 国立国会図書館デジタルコレクション

明治のグルメは牛肉を刺身で

福沢諭吉も「日本人が虚弱なのは、肉を食べないからであり、肉は薬である」と言っている。
明治7年の『東京開化繁昌誌』を見ると、当時のメニューには「すき焼き、なべ物、玉子焼き、塩焼き、煮つけなど」とあり、牛鍋とは別に「すき焼き」があって、しかもトップメニューになっている点が注目される。
「東京開化繁昌誌」に描かれている牛鍋屋の様子

「東京開化繁昌誌」に描かれている牛鍋屋の様子

via 国立国会図書館デジタルコレクション
「牛鍋」という呼び名は、明治末期にはほとんど使われなくなり、「すき焼き」が主流となった。牛肉の刺身もあり、食通は酢味噌をつけて食べている。

国際的にも大人気となった「スキヤキ」

 (26168)

明治の牛鍋は最初から牛肉、白ネギ、それに調味料も入っていて、客は自分好みに煮ながら食べる。
一方、すき焼きは、まず鍋に牛脂を溶かして牛肉を軽く焼き、醤油・砂糖・酒などを混合して作った下地で味付けして食べる。すき焼きの本場は関西であり、その料理法を参考にして東京の牛鍋でも出していた。

東京にはビジネスで上方の人たちもたくさん来ており、店では同じ牛肉料理でも、東京流、関西流と分けて出しているうちに、すき焼きというメニュー表示になった。

そして今や日本を代表する牛肉料理となり、国際的にも「スキヤキ」として大人気のメニューになったのである。

明治期の「牛鍋」を味わいたいなら

横浜市には明治元年(1868年)に創業した元祖牛鍋屋「太田なわのれん」が現存しているほか、愛知県犬山市の博物館 明治村にある「大井牛肉店」でも牛鍋が味わえる。
明治村大井牛肉店。神戸元町に牛肉販売・牛鍋料理店として...

明治村大井牛肉店。神戸元町に牛肉販売・牛鍋料理店として建てられ、建造物は登録有形文化財になっている。

via 撮影:ユカリノ編集部
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

永山久夫

永山久夫

食文化史研究家。食文化史研究所、綜合長寿食研究所所長。元西武文理大学客員教授。古代から明治時代までの食事復元研究の第一人者。長寿食や伝統的な和食の研究者でもあり、長寿村の食生活を長年研究している。著書に『永山豆腐店 豆腐をどーぞ』『和食の起源』『日本人は何を食べてきたのか』『100歳食入門』『長寿食365日』『なぜ和食は世界一なのか』など多数。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
天海は『ゴジベリー』食べて108歳!?偉人の長寿食に注目

天海は『ゴジベリー』食べて108歳!?偉人の長寿食に注目

100歳以上の長命だったといわれる南光坊天海。家康、秀忠、家光と徳川将軍に仕えた天海の長寿の秘訣は“ゴジベリー”ことクコの実だった?食文化史研究家の永山久夫さんが歴史上の偉人の長寿食を紹介します。
最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

最初にカレーを食べた日本人は?日本の国民食・カレーの歴史

日本人の国民食ともいえるカレー。そのルーツははっきりしませんが、日本でいつどのように広まり、人気が出たのでしょうか。そして日本で初めてカレーを食べた人物とは?日本におけるカレーのあれこれを調べてみました。
「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載も、今回で最終回。2018年は、明治150年の記念の年であり、大河ドラマ「西郷どん」放送も手伝って、幕末から明治にまつわる歴史ニュースやイベントが絶えない1年となりました。幕末維新志士たちの生涯をゆかりの地とともに紹介した本連載と、小栗さくら自身が感じた今年の歴史トピックスを総括します!
ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

ラッコ鍋で奮い立つ?海の動物たちが秘める意外な効果とは【偉人が愛した肉料理:第9回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが肉料理を紹介する連載。今回は巷で話題の「ラッコ鍋」から、海の動物たちに注目。縄文色が色濃く残った北海道や東北北部で、アイヌの人々が食べていた海の動物の肉、その意外な効果とは?気になる北方食文化に迫ります。
【大阪の大恩人】大阪を建て直した五代友厚の功績とゆかりの地

【大阪の大恩人】大阪を建て直した五代友厚の功績とゆかりの地

NHKの朝ドラ「あさが来た」でディーン・フジオカさんが演じ、一躍人気が出た五代友厚。西郷隆盛や大久保利通より少し下の世代ですが、薩摩藩士だった五代は、彼らや他の志士たちとも交流がありました。薩摩を離れ、大阪経済の建て直しと近代化に人生を捧げた彼の生涯とゆかりの地をご紹介します。
村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

伊藤博文や大隈重信らの邸宅が限定公開!明治記念大磯庭園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は特別編!明治150年記念で期間限定公開中の『明治記念大磯庭園』へ。神奈川県の大磯は、幕末から明治期の中心となった伊藤博文や大隈重信たちの邸宅があったゆかりの地。伊藤たちが過ごし「政界の奥座敷」と呼ばれた歴史的建造物をご紹介します。
西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

新政府を去った西郷隆盛の後を追って、多くの旧薩摩藩士が下野しました。その中にいたのが、今回ご紹介する篠原国幹です。南洲墓地では西郷の隣に埋葬されている彼は、西郷から絶大な信頼を置かれていました。その生涯とともに、戦いの軌跡や「習志野」の地名の由来になったという説もあるゆかりの地を紹介しましょう。