薩長だけじゃない!明治維新の鍵を握っていた佐賀で「肥前さが幕末維新博覧会」が来春開催!
2017年11月17日 更新

薩長だけじゃない!明治維新の鍵を握っていた佐賀で「肥前さが幕末維新博覧会」が来春開催!

2018年は明治維新から150年を迎えます。それを機に、佐賀県では幕末維新期の佐賀の偉人や偉業を未来に伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」を開催。2018年3月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)までの10か月間、佐賀市城内エリアを中心に、歴史だけでなく食やアートも楽しめるイベントが県内全域で行われます。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

博覧会のメインパビリオン 「幕末維新記念館」

博覧会のメインパビリオン 「幕末維新記念館」

via 佐賀県
幕末維新期に国内最先端の科学技術を持ち、大隈重信や江藤新平など、近代日本の礎を築いた人物を多数輩出してきた佐賀。「薩長土肥」といわれるように、肥前は明治維新の鍵を握っていたのです。

この博覧会は、幕末維新記念館(市村記念体育館/佐賀市城内2-1-35)をメインパビリオンとし、藩校・弘道館をテーマにした「リアル弘道館」(旧古賀家/佐賀市柳町3-15 ※2018年4月オープン)、武士の心得を表した佐賀発祥の『葉隠』をテーマとした「葉隠みらい館-HAGAKUREMIRAIKAN-」(旧三省銀行/佐賀市柳町3-12)など、佐賀の歴史にゆかりのある場所で開催。
日本の近代化を先導した幕末・維新期の佐賀の歴史を体験できます。
佐賀発祥の武士の心得「葉隠」をテーマにした「葉隠みらい館」

佐賀発祥の武士の心得「葉隠」をテーマにした「葉隠みらい館」

via 佐賀県
人間国宝等の器で佐賀県産食材の特別メニューが楽しめる ...

人間国宝等の器で佐賀県産食材の特別メニューが楽しめる レストラン「ユージアム サガ」

via 佐賀県
なお、2017年12月22(金)~2018年2月4日(日) はプレ企画展として「没後150年 草場佩川―奇才の遺産―」が開催。
25歳で「奇才」と絶賛された佐賀藩校「弘道館」の中心人物・草場佩川の書画などが紹介されます。

これまであまり知られてこなかった部分に光を当て、その「技術」や「人」、「志」を最新の映像技術等で体感できる『肥前さが幕末維新博覧会』。歴史はもちろん、食やアートなどのイベントも含め、佐賀県全体を楽しめそうですね。
前売券は11月17日(金)より発売開始。今から旅行のプランを練ってみては?

前売券発売中!

幕末維新記念館(単館)

幕末維新記念館(単館)

幕末維新記念館、リアル弘道館、葉隠みらい館それぞれの入場券のほか、3館共通券もあり。
フリーパス券(3000円)

フリーパス券(3000円)

※会期中、何度でも左記3館に入館可。裏面のスタンプラリーをコンプリートした方には抽選で豪華賞品をプレゼント。
■発売期間
前売券:2018年3月16日(開幕前日)まで
フリーパス券:2019年1月14日(会期終了)まで
当日券:2018年3月17日~2019年1月14日(会期中)まで

■発売場所
主要旅行代理店(前売券・フリーパス券・当日券)
全国のコンビニエンスストア(前売券・当日券)
など詳しくは博覧会HPをご確認ください。

■購入特典
チケット3(共通)の前売券及びフリーパス券の購入特典としてアーティスト・ヤマガミユキヒロ氏の特製『ポストカード』1枚を進呈
via 佐賀県
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

明治維新期に薩長と肩を並べた勢力・肥前。その藩主だった鍋島直正は「肥前の妖怪」と呼ばれ恐れられた傑物でした。時代のはるか先を見据えていた彼が行った改革は、どの藩よりも先進的だったのです。そんな彼の功績とゆかりの地をご紹介したいと思います。
幕末の名君!「肥前の妖怪」といわれた佐賀の七賢人・鍋島直正ゆかりの地

幕末の名君!「肥前の妖怪」といわれた佐賀の七賢人・鍋島直正ゆかりの地

明治維新を推し進めた主な4つの藩を、「薩長土肥」(薩摩・長州・土佐・肥前)と呼びました。それぞれに有名な藩主や権力者がいましたが、肥前藩を主導した藩主の名をご存知でしょうか。その名は鍋島直正、彼こそ薩長土肥の君主の中で最も有能かつ革新的な人物でした。そんな彼の人物像や功績、ゆかりの地をご紹介しましょう。
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

西郷隆盛の貴重な詩書や肖像画が見られる!「大西郷展」が京都・霊山歴史館で開催中

明治維新の立役者、西郷隆盛に関する史料で紹介する通年特別展「大西郷展」が、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」(京都府)で開催されています。3月18日(日)までの第1期は「西郷隆盛と薩摩藩」と題し、西郷が京都で活躍した時代や西南戦争の模様を約100点の史料で紹介。幕末ファンはもちろん、大河ドラマ「西郷どん」がより楽しめる、その見どころをご紹介します!
【会津若松市戊辰150周年記念事業】鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」が3月に開催

【会津若松市戊辰150周年記念事業】鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」が3月に開催

2018年は戊辰戦争終結から150周年を迎える節目の年。福島県会津若松市では、幕末を起点とした明治から平成までの、会津の歴史的意義の再認識を図る機会として、「会津若松市戊辰150周年記念事業」を開催。3月には鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか2018」など、様々な企画が行われます。会津の歴史を考える貴重な機会、ぜひチェックしてみてください。
時代に翻弄された大奥の女性たち【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第8回:皇女和宮ゆかりの地

時代に翻弄された大奥の女性たち【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第8回:皇女和宮ゆかりの地

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第8回は、皇女和宮ゆかりの地。幕末には、多くの人が時代の流れに翻弄されましたが、それは大名や志士たちだけではなく天皇家や公家も例外ではありませんでした。今回は、許嫁との婚約を破棄して徳川に嫁ぐこととなった、皇女和宮の生涯とゆかりの地とともに、大奥の女性たちについてもご紹介します。
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

【「西郷どん」では北川景子が演じる】篤姫の生涯とゆかりの地

薩摩藩島津家の分家に生まれ、藩主・島津斉彬の養女となり、江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫。2008年の大河ドラマ「篤姫」では宮﨑あおいさんの演技が印象的でしたが、同じく「西郷どん」では北川景子さんが演じ、注目が集まっています。明治維新後も江戸で暮らし、徳川の女性として生きた篤姫の生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。