薩長だけじゃない!明治維新の鍵を握っていた佐賀で「肥前さが幕末維新博覧会」が来春開催!
2017年11月17日 更新

薩長だけじゃない!明治維新の鍵を握っていた佐賀で「肥前さが幕末維新博覧会」が来春開催!

2018年は明治維新から150年を迎えます。それを機に、佐賀県では幕末維新期の佐賀の偉人や偉業を未来に伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」を開催。2018年3月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)までの10か月間、佐賀市城内エリアを中心に、歴史だけでなく食やアートも楽しめるイベントが県内全域で行われます。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

博覧会のメインパビリオン 「幕末維新記念館」

博覧会のメインパビリオン 「幕末維新記念館」

via 佐賀県
幕末維新期に国内最先端の科学技術を持ち、大隈重信や江藤新平など、近代日本の礎を築いた人物を多数輩出してきた佐賀。「薩長土肥」といわれるように、肥前は明治維新の鍵を握っていたのです。

この博覧会は、幕末維新記念館(市村記念体育館/佐賀市城内2-1-35)をメインパビリオンとし、藩校・弘道館をテーマにした「リアル弘道館」(旧古賀家/佐賀市柳町3-15 ※2018年4月オープン)、武士の心得を表した佐賀発祥の『葉隠』をテーマとした「葉隠みらい館-HAGAKUREMIRAIKAN-」(旧三省銀行/佐賀市柳町3-12)など、佐賀の歴史にゆかりのある場所で開催。
日本の近代化を先導した幕末・維新期の佐賀の歴史を体験できます。
佐賀発祥の武士の心得「葉隠」をテーマにした「葉隠みらい館」

佐賀発祥の武士の心得「葉隠」をテーマにした「葉隠みらい館」

via 佐賀県
人間国宝等の器で佐賀県産食材の特別メニューが楽しめる ...

人間国宝等の器で佐賀県産食材の特別メニューが楽しめる レストラン「ユージアム サガ」

via 佐賀県
なお、2017年12月22(金)~2018年2月4日(日) はプレ企画展として「没後150年 草場佩川―奇才の遺産―」が開催。
25歳で「奇才」と絶賛された佐賀藩校「弘道館」の中心人物・草場佩川の書画などが紹介されます。

これまであまり知られてこなかった部分に光を当て、その「技術」や「人」、「志」を最新の映像技術等で体感できる『肥前さが幕末維新博覧会』。歴史はもちろん、食やアートなどのイベントも含め、佐賀県全体を楽しめそうですね。
前売券は11月17日(金)より発売開始。今から旅行のプランを練ってみては?

前売券発売中!

幕末維新記念館(単館)

幕末維新記念館(単館)

幕末維新記念館、リアル弘道館、葉隠みらい館それぞれの入場券のほか、3館共通券もあり。
フリーパス券(3000円)

フリーパス券(3000円)

※会期中、何度でも左記3館に入館可。裏面のスタンプラリーをコンプリートした方には抽選で豪華賞品をプレゼント。
■発売期間
前売券:2018年3月16日(開幕前日)まで
フリーパス券:2019年1月14日(会期終了)まで
当日券:2018年3月17日~2019年1月14日(会期中)まで

■発売場所
主要旅行代理店(前売券・フリーパス券・当日券)
全国のコンビニエンスストア(前売券・当日券)
など詳しくは博覧会HPをご確認ください。

■購入特典
チケット3(共通)の前売券及びフリーパス券の購入特典としてアーティスト・ヤマガミユキヒロ氏の特製『ポストカード』1枚を進呈
via 佐賀県
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幕末の名君!「肥前の妖怪」といわれた佐賀の七賢人・鍋島直正ゆかりの地

幕末の名君!「肥前の妖怪」といわれた佐賀の七賢人・鍋島直正ゆかりの地

明治維新を推し進めた主な4つの藩を、「薩長土肥」(薩摩・長州・土佐・肥前)と呼びました。それぞれに有名な藩主や権力者がいましたが、肥前藩を主導した藩主の名をご存知でしょうか。その名は鍋島直正、彼こそ薩長土肥の君主の中で最も有能かつ革新的な人物でした。そんな彼の人物像や功績、ゆかりの地をご紹介しましょう。
第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

第6回:“西郷どん”こと西郷隆盛の好物!鹿児島の郷土料理・とんこつ【 歴ドル・美甘子の歴っしゅ!キッチン 】

歴ドル・美甘子が歴史上の人物ゆかりのグルメを作る「歴っしゅ!キッチン」第6回は、2018年の大河ドラマ『西郷どん』で注目が集まる西郷隆盛が好んだといわれる鹿児島の郷土料理・とんこつ。大河ドラマでも食するシーンがあるかもしれませんよ。
【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

幕末の会津藩主・松平容保。動乱の中で京都守護職となり、孝明天皇と徳川家茂の公武合体政策を支え、京都の治安維持に貢献します。大政奉還後は、朝敵とされながら新政府軍と戦った、悲劇の藩主でもありました。新選組や、白虎隊との繋がりも深かった松平容保の生涯とゆかりの地を紹介します。
島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影

島津義弘の甲冑であなたも「鬼島津」に!?鹿児島・仙巌園で甲冑記念撮影

万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸・仙巌園。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が魅力です。幕末の名君・28代島津斉彬がこよなく愛し、大河ドラマで知られる篤姫も足を運びました。その仙巌園で、名将・島津義弘の甲冑を着装して記念撮影ができる特別企画を実施。これは戦国ファンなら見逃せません!
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪