戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構
2017年10月3日 更新

戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

北条氏の本拠地として栄えた小田原城

小田原城は、戦国時代に関東を支配した北条氏の本拠地として有名です。もともと上杉氏の城であったものを北条氏の初代・早雲が奪取し、二代目・氏綱の時代に小田原城に本拠を移しました。それ以降、氏康・氏政・氏直の五代に渡り北条氏の関東支配の中心でした。

また守りが強く、上杉謙信・武田信玄による攻撃を撃退した実績を持ち、さらに城下町を含む周囲約9kmを惣構で囲むことで、長期の籠城にも耐えうる構造でした。しかし、豊臣秀吉の大軍の攻撃に対して約3ヶ月篭城するものの、ついに開城、戦国大名の北条氏は滅亡しました。

代わって徳川家康の家臣・大久保氏が小田原城に入り、江戸時代に入ってからも引き続き東海道沿いの重要都市として栄えました。その間、富士山の噴火や地震に何度も見舞われ、そのたびに復興してきた不屈の城です。

今見る小田原城の構造は概ね江戸時代に造られたものです。天守は昭和35年に建造された復興天守で、平成27年から耐震・修復工事が行われ、翌年リニューアルオープンしました。また、貴重な戦国時代の小田原城の遺構は、今でも残っています。

それでは、かつての関東の中心地・小田原城に、いざ出陣!

小田原城へは小田原駅から出発!

小田原城へは、東京駅から新幹線で約35分の小田原駅から歩いて行けます。駅の東口を出て南へ徒歩約10分、外堀と赤い橋が見えてきたら、そこは小田原城です。

今回は学橋は渡らずに、そのまま外堀沿いに進みます。すると右手に二の丸隅櫓が見えてきます。いよいよ城の雰囲気が出てきて、気分も盛り上がります。
【学橋】外堀に架かる赤い橋(学橋)が見えてきたら小田原...

【学橋】外堀に架かる赤い橋(学橋)が見えてきたら小田原城。後世に造られたものだが、雰囲気のある橋。

via 写真:日本の城写真集
【二の丸隅櫓】明治時代の廃城令でも壊されなかったが、関...

【二の丸隅櫓】明治時代の廃城令でも壊されなかったが、関東大震災で堀の中に崩落した。現在の建物は昭和9年(1934)に復興されたもので、形状は往時のものとは異なる。

via 写真:日本の城写真集

撮影ポイント1:近年復元された馬出門

さらに進むと、城への入口である馬出門が見えてきます。馬出門は天守への最も主要なルート上にある重要な門でした。そのため、門を二重に重ねた堅い守りを備えています。
【馬出門前の様子】近年復元工事が行われ、寛文12年(1...

【馬出門前の様子】近年復元工事が行われ、寛文12年(1672)当時の姿が復元された。

【馬出門枡形】枡形とは手前の馬出門(写真左)と奥の内冠...

【馬出門枡形】枡形とは手前の馬出門(写真左)と奥の内冠木門(写真右)に囲まれた四角いスペースを指す。枡形の門が2つとも高麗門形式なのは非常に珍しい。通常は、手前の門が高麗門で、奥の門が櫓門である。

via 写真:日本の城写真集
【枡形内から二の丸を見る】水濠の向こうが二の丸。枡形内...

【枡形内から二の丸を見る】水濠の向こうが二の丸。枡形内には城壁が無く、二の丸から攻撃されたら隠れるところがない。これは万一枡形が敵方に取られた場合に、二の丸から攻撃できるようにするためである。

via 写真:日本の城写真集
馬出門を抜け、馬出曲輪を経て銅門へ移動します。
【馬出曲輪】かつては二重櫓などが建っていたが、元禄地震...

【馬出曲輪】かつては二重櫓などが建っていたが、元禄地震の際に焼失し、以降は再建されなかった。

via 写真:日本の城写真集
【隅櫓台の石垣】

【隅櫓台の石垣】

via 写真:日本の城写真集
77 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

昨年初開催された『お城EXPO』が今年も開催!2017年12月22日(金)から12月24日(日)にパシフィコ横浜の会議センターにて行われます。お城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、お城のスペシャリストによる講演会など、知識を深められるプログラムが盛りだくさん!9月15日(金)のチケット発売を前に、見どころをたっぷりご紹介いたします。
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

4月6日の「城の日」に「続100名城」が発表されるなど、盛り上がりを見せる城ブーム。天守や石垣のない「土の城」に行ってもよくわからないという人のために、今回は、城の基本的な仕組みがわかる&首都圏近郊で行きやすい3つの城「早川城」「深大寺城」「小机城」をご紹介。週末の日帰り旅、またはGWにもおすすめです。
関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

気づかないだけで、意外に東京のすぐ近くにもある戦国の「土の城」。今回は、そんな土づくりの城を実際に歩いてみたいという人のために、準備や持ちもの、歩く時に気をつけたいことを伝授。暖かくなったら出かけたい、戦国武将ゆかりの城とともにご紹介します。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。