人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地
2018年3月19日 更新

人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

藤原氏の歴史は、大化の改新で功績を残した中臣鎌足が、天智天皇から「藤原」の氏(うじ)を授かったことに始まります。平安時代は、朝廷の最高位である「摂政」「関白」となり、摂関政治を行うなど、不動の地位を築きます。武士の台頭により力は衰えますが、ブランド力は衰えず、戦国時代はあの織田信長も藤原氏を名乗っていたそうです。今回はそんな藤原氏の歴史とゆかりの地を紹介します。全人口の約1割を占めると言われる、藤原さん&○藤さんは必見です!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「藤原氏」の祖、藤原鎌足

藤原鎌足

藤原鎌足

中大兄皇子(天智天皇)とともに乙巳(いっし)の変から大化の改新までの諸改革で活躍した中臣鎌足(藤原鎌足)。その後、鎌足の病が重いことを知った天智天皇は、それまでの功績をたたえ、「藤原」という氏(うじ)と朝臣(あそん)という姓(かばね)を与えたとされます。
(ちなみにこの姓は、天皇から有力な氏族に与えられた、朝廷との関係・地位を示す称号で、姓名の姓とは違うものになります)。
その翌日の天智天皇8年(669)10月16日、鎌足は亡くなります。

藤原の名は鎌足の生地・大和国高市郡藤原(のちの藤原京、現在の橿原市)にちなんでいるそうです。

紅葉の名所!藤原鎌足ゆかりの神社・談山神社(奈良県桜井市)

談山神社 十三重塔

談山神社 十三重塔

藤原鎌足が御祭神の神社。名前の由来は、中大兄皇子と中臣鎌足が、大化元年(645)5月に大化の改新の談合をこの地で行い、後に「談い山(かたらいやま)」「談所ヶ森」と呼んだことからとされます。

鎌足の長男で僧の定恵が、唐からの帰国後、父の墓をこの地に移し、十三重塔を造立したのが発祥です。天武天皇9年(680)に講堂(現在の拝殿)が創建されました。

当時は妙楽寺という名前のお寺でしたが、明治2年(1869)の神仏分離令により僧徒が還俗し、談山神社と改称されます。今でも仏教建築が見られる貴重な神社となっています。

談山神社 拝殿

談山神社 拝殿

11/10〜26までライトアップ開催!

談山神社は奈良随一の紅葉の名所としても有名で、11月3日(金・祝)には、法興寺の蹴鞠会(けまりえ)にて中大兄皇子と初めて会い、大化の改新の発端となったことにちなんで行われる「けまり祭」も開催され、多くの観光客でにぎわいます。

さらに、11月10日(金)~26日(日)までライトアップも開催(最終受付は18時30分、閉門時間は19時)。昼間の荘厳な雰囲気とはまた違った姿が堪能できます。

今が一番いい時期の談山神社、行かれるかたは防寒対策も忘れずにお出かけください!

氏の名門「源平藤橘」

藤原氏の他に有名だった氏に、源氏・平氏・橘氏があり、「源平藤橘」(げんぺいとうきつ)とも言われます。

清和源氏の子孫と称した清和源氏は、いくつかに分かれて地方武士として繁栄。その一人が源頼朝です。

桓武天皇の孫と曽孫を租とする平氏。孫の高棟王が平高棟になって公家平氏になり、子孫の平時忠が朝廷で活躍しますが、壇ノ浦で滅亡してしまいます。また、曽孫の高望王は武家平氏となり関東各地で繁栄。特に伊勢平氏が発展し、その子孫があの平清盛です。

橘氏は敏達天皇の子孫で、一時は朝廷の実権を握りますが、藤原氏に阻まれ、一族の多くは地方に逃れました。

日本人の系譜を遡ればほとんどが「源平藤橘」に行き着く……なんていうことも言われていますが、「源平藤橘」の他にも菅原氏や蘇我氏、安倍氏など様々な氏があることや、家系図を粉飾するために祖先を偽称することもあったため、一概には言えないのが現状です。

織田信長も名門のブランド力にあやかろうとした?

織田信長

織田信長

via 東京大学史料編纂所蔵
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

2012年に完成から1300年を迎えた『古事記』、そして2020年には『日本書紀』も完成から1300年を迎えます。『古事記』と『日本書紀』が編纂された奈良県では、2020年までの間『記紀・万葉プロジェクト』が立ち上げられ、関連イベントも開催中。悠久の時を越え、奈良で古代ロマンに触れてみませんか?
聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

古代の都であり、大化の改新の舞台としても知られる奈良県明日香村。2018年10月20日(土)21日(日)に「古都飛鳥文化祭2018」が開催されます。明日香村は聖徳太子ゆかりの地や古墳など、見どころがたくさん!レンタサイクルなどで気軽に古代巡りができるのも魅力です。この機会に行ってみたい、明日香村のオススメスポットをご紹介します。
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!
国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

平安時代に紫式部が執筆した「源氏物語」。日本のみならず世界各国で翻訳されるなど、今もなお愛されている古典の名作です。そしてこの秋も、各地で「源氏物語」を楽しむ関連企画が開催。平安当時の貴重な資料から、現代風の楽しみ方まで!その趣が感じられるスポットを厳選してご紹介します。
生誕900年の特別展も開催!世を捨て和歌に生きた歌人・西行法師の歩いた道

生誕900年の特別展も開催!世を捨て和歌に生きた歌人・西行法師の歩いた道

2018年は、歌人・西行が生まれてから900年の記念の年。生誕地である和歌山県・和歌山県立博物館ではその記念展が開催されます。多くの歌集に歌を残し、後世まで大きな影響を与えた彼の人生はどんなものだったのでしょうか。武家に生まれながらそれを捨て、僧として生きる道を選んだ西行の生涯を、ゆかりの地とともにたどってみませんか?
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。