5年ぶり!楠木正成を祀る神戸・湊川神社で5月26日「楠公武者行列」が開催
2018年6月5日 更新

5年ぶり!楠木正成を祀る神戸・湊川神社で5月26日「楠公武者行列」が開催

鎌倉末期から南北朝初期に活躍した武将・楠木正成。彼を祀る神戸・湊川神社には正成の殉節地や、幕末には坂本龍馬や勝海舟、吉田松陰も訪れたという墓所もあります。さらに命日の翌日にあたる5月26日(土)には5年ぶりとなる「楠公武者行列」が開催。正成ゆかりの地・湊川神社と行列の詳細をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

楠木正成が人気の理由

楠木正成の銅像といえば皇居のものが有名ですが、湊川公園...

楠木正成の銅像といえば皇居のものが有名ですが、湊川公園にも立派な騎馬像があります。

鎌倉幕府打倒に立ち上がった後醍醐天皇に味方し、足利尊氏らとともに建武の新政に貢献した武将・楠木正成。
尊氏の反抗後、新田義貞、北畠顕家とともに南朝側の軍を率いて戦いますが、湊川にて尊氏の大軍に敗れ、自害します。
多くの武士が後醍醐天皇に見切りをつける中、正成は最期まで天皇のために戦ったことから、皇室を守った忠臣として非常に高い人気を誇りました。

楠木正成を祀る湊川神社(兵庫県神戸市)

湊川神社

湊川神社

via 写真提供:神戸市
明治元年(1868)明治天皇は正成の忠義を後世に伝えるため、神社を創建することを提案。明治5年(1872)、正成の命日にあたる5月25日に湊川神社が創建されました。
現在は「楠公(なんこう)さん」と呼ばれ、地元の人から親しまれています。
殉節地(楠木正成戦没地)

殉節地(楠木正成戦没地)

この地にはもともと正成が弟・正季(まさすえ)と刺し違えて殉節した地、その対角線上に墓所があり、のちに神社の境内地となりました。
墓所の傍らには「水戸黄門」でおなじみの徳川光圀の銅像も。これは正成を慕い「嗚呼忠臣楠子之墓」を建立した光圀を讃え、昭和30年(1955)に立てられたものです。
楠木正成墓所

楠木正成墓所

また墓所には坂本龍馬や勝海舟もお参りし、吉田松陰は4度も訪れたとか。
これだけの歴史上の有名人から尊敬される正成が、いかにすごいかがわかるエピソードです。

5月26日(土)に「楠公武者行列」開催

 (20083)

そんな湊川神社では5年ぶりに「楠公武者行列」が開催されます。

「楠公武者行列」は毎年5月24日〜26日に開催される「楠公祭」の行事のひとつ。
明治7年(1874)から昭和40年(1965)まで毎年開催され、道路事情により途絶えたものの、平成14年(2002)の創建130年を機に復活。以来、数年のペースで行われています。

行列は午前10時に湊川神社を出発。湊川公園で舞楽「湊川」を奉納し、新開地商店街やハーバーランド、元町商店街など、神戸の名所を巡って午後4時に神社に戻る予定です。

正成や嫡男の正行(まさつら)などの騎馬武者が26騎登場するほか、童や稚児役を含め総勢約700人が巡行。
午前の部では正成役を河内長野市長の島田智明さん、正行役をサンテレビアナウンサーで元AKB48の中村麻里子さん、正季役を元阪神タイガースの下柳剛さんがつとめ、午後の部では正成役を兵庫県知事の井戸敏三さんがつとめるという、豪華な顔ぶれにも注目です。

明治維新150年にあたる今年。志士たちが憧れた楠木正成の偉業を見つめ直すいい機会かもしれません。
数年に一度の行列はもちろん、正成ゆかりの地・湊川神社を訪れてみてはいかがでしょうか?
開催日:2018年5月26日(土)
開催時間:午前10時〜午後4時頃
開催場所:湊川神社ほか
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

幕末から明治にかけて活躍した偉人たち。彼らが心身を癒した旅館が現在も残っています。高杉晋作が刻んだ「憂国の楓」を保管する山口・松田屋ホテルや、桂小五郎が潜伏した兵庫・城崎温泉のつたや旅館など、歴史情緒あふれる佇まいも魅力です。今回は週末や夏休みにもおすすめの旅館をエピソードとともにご紹介します。
その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!
警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

警察博物館“大警視コーナー”は必見!日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第15回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

江戸時代の武士の心得がまとめられた『葉隠(はがくれ)』。伝え継がれて300年、今も多くの著名人に影響を与えています。その『葉隠』の魅力を体感しながら学べるのが、佐賀県で開催中「肥前さが幕末維新博覧会」のテーマ館である「葉隠みらい館」です。今あなたに必要な葉隠の名言を探し、今をより良く生きる“意志”を発見してみませんか?
日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

日本初の新婚旅行は小松帯刀夫妻だった?薩摩藩の若き家老の生涯

薩摩藩の家老として、西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕を推し進めながらも若くして亡くなった小松帯刀。日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬夫妻ではなく、小松帯刀夫妻だったともいわれています。『西郷どん』では劇団EXILEの町田啓太さんが演じることでも話題の帯刀の生涯とゆかりの地を紹介します。
激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

まるで現在の漫画のような躍動感のある月岡芳年の浮世絵。歴史好きなら一度は見たことのあるのでは?幕末に生まれ明治にかけて活躍した芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が8月5日(日)より練馬区立美術館で開催されます。最後の浮世絵師と呼ぶにふさわしい画業を堪能できる貴重な機会です。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち

「幕末明治福井150年博」開催中!幕末の名君・松平春嶽(慶永)と志士たち

島津斉彬、伊達宗城、山内容堂とともに幕末の「四賢侯」に数えられる福井藩主・松平春嶽。西郷隆盛が尊敬した橋本左内らを重用し、藩政改革に成功。明治新政府の誕生にも大きく貢献しました。大河ドラマ『西郷どん』では津田寛治さんが演じる春嶽と彼が見出した志士、開催中の「幕末明治福井150年博」をご紹介します。
歴史旅のお供に!夏の旅行に使える便利グッズ5選

歴史旅のお供に!夏の旅行に使える便利グッズ5選

そろそろ夏の旅行先も決まってくるこの時期。今回は旅先にあると便利な歴史グッズを厳選してご紹介。日焼けや虫対策など実用的なものから、旅の雰囲気を盛り上げるものまで。自分はもちろん、友人へのプレゼントにもぜひチェックしてみてください!