江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】
2018年7月6日 更新

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。

岡田英之岡田英之

銀座という土地の歴史

銀座のあたりは、16世紀の終わりに徳川家康が江戸の地を豊臣秀吉によって与えられるまで、北から南に江戸湾に突き出た「半島」になっていました。「江戸前島」と言いましたが、徳川家康が江戸に来てまず埋め立てたのが、霞が関の東側から日比谷一帯、今の江戸城中心部を経て、北は御茶ノ水近くまで伸びた入り江でした。
銀座の立地は、古来より、漁業などを中心にした人の営みがあったと考えられる土地なのです。それが、17世紀に徳川幕府による江戸時代が始まると、急速に発展していくこととなりました。
国土地理院による現在の銀座周辺の地図

国土地理院による現在の銀座周辺の地図

via 出典:国土地理院ウェブサイト
国土地理院による現在の銀座の拡大図

国土地理院による現在の銀座の拡大図

via 出典:国土地理院ウェブサイト
赤丸周辺が今の銀座。区画がそのままであることがわかる。

赤丸周辺が今の銀座。区画がそのままであることがわかる。

via 国立国会図書館デジタルコレクション

「橋」のつく場所の由来

銀座周辺には、「橋」の名前がつく交差点などが多数存在しています。
北側の京橋、南側の新橋、西側の数寄屋橋・・・よく考えてみると川も無いのに橋の名前が多いのです。これらは、江戸時代の古地図を見ると明白となります。

実は、このあたりにはたくさんの「水路」が通り、その水路に架かっていた橋が、交差点などになっているのです。水路は、当時の有力な輸送手段であった舟の往来の為のもので、このあたりが物流の盛んであった場所と判断することができるのです。

また、銀座界隈発展の理由の一つが、日本橋を起点として京橋、新橋を経由して南側へ伸びる「東海道」にもありました。
当時の外濠は幹線道路、水路は道路として残っている。

当時の外濠は幹線道路、水路は道路として残っている。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
銀座三越9階に祀られている出世地蔵(真ん中の祠)

銀座三越9階に祀られている出世地蔵(真ん中の祠)

今の銀座三越の9階、屋上部分には「出世地蔵」と呼ばれる地蔵が祀られていますが、この地蔵は、銀座の東側を通っていた水路、「三十間掘」から掘り出されたと伝えられます。
via 撮影:岡田英之
銀座の三十間掘。幅が三十間(約55m)ほどもあった。

銀座の三十間掘。幅が三十間(約55m)ほどもあった。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
特に、数寄屋橋、そして、そこからやや北に位置する鍛冶橋や呉服橋のところには、江戸城の「外濠」が掘られており、街の区分けと江戸城の護りを担っていました。

外濠には、それぞれに「城門」(古地図で四角く区画されている場所)が設けられ、外濠の内側(西側)が江戸城郭であったことがよくわかる構造になっています。その外濠の外側(東側)に広がった地域が、銀座となっているのです。
銀座の東側にあった江戸城外濠。

銀座の東側にあった江戸城外濠。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
残念ながら、この場所の外濠と水路は、今は埋め立てられてしまっていますが、その跡にはしっかり道が通されており、それをたどることも可能です。

実は庶民の街だった銀座

厳密にいえば、江戸城外濠の内側は「江戸城内」、外側は「江戸城外」になっていました。
基本的には、城内には大名を中心とした広大な「武家屋敷」が主に置かれ、城外には過密な「町人地」が整備されていたのです。

現在でも、外濠の内側(巨大ビルの立ち並ぶ丸の内周辺)と外側(比較的小さなビルに店舗が多数入る銀座周辺)では、街並みに大きな違いがあります。逆にいえば、江戸時代の街並みが、現代にも通じているともいうことができます。
35 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡田英之

岡田英之

おかだひでゆき。1977年、神奈川県生まれ。株式会社歩き旅応援舎での古地図散歩や、SNSを活用した博物館散歩、鎌倉散歩といった街歩きなどのガイドを務める。特に、歴史ある「場所」「モノ」に対する、専門用語を使わない、わかりやすい解説を得意としている。テレビ朝日系列「羽鳥慎一のモーニングショー」のコーナー、「良純未来図」や、BS朝日の「テイバン・タイムズ」に歴史案内人として複数回出演。著書に『東京街かど タイムトリップ』(河出書房新社)がある。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

【古地図で巡るゆかりの地】『鬼平犯科帳』長谷川平蔵の菩提寺のあった四谷

時代劇でもお馴染み、池波正太郎の傑作『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵は、「火付盗賊改役」として活躍した長谷川宣以(のぶため)という実在の人物がモデルになっています。今回は、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが、四谷(東京都新宿区)の寺町界隈を古地図で巡りながら、宣以の生涯とゆかりの地をご案内します。
江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

江戸の町にタイムトリップ!?深川江戸資料館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第5回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は深川江戸資料館です。江戸時代末期の町並みを実物大で再現、細部までこだわった展示室は、まるで当時にタイムトリップしたかのよう。初めての人はもちろん、再度訪れたくなる資料館のディープな魅力をご案内します。
天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

天下の名器・国宝「曜変天目」が公開中!静嘉堂文庫美術館【加治まやの美術館 de 江戸巡り:第4回】

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は三菱財閥の2代目・岩﨑彌之助とその息子・小彌太の集めた美術品を所蔵する静嘉堂文庫美術館です。江戸をはじめとする日本や東洋の貴重な美術品のなかでも国宝「曜変天目」の所蔵で知られる美術館の魅力をお届けします。
古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

古地図で発見!真田、黒田、毛利…東京に残る戦国武将の遺構

関ヶ原合戦後、藩主となり江戸に藩邸を持った武将たち。東京には彼らの遺構がいくつも残されています。今回は、真田信之が東軍に参戦した真田家、黒田長政が関ヶ原で奮闘した黒田家、西軍敗北となるも減封にとどまった毛利家の遺構を、歴史をテーマにした街歩きガイドを務める岡田英之さんが古地図をもとにご紹介します。
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

こいつら、全員悪人!江戸の「悪」を集めた展覧会が東京で開催

つい惹かれてしまう「悪」の魅力。盗賊や小悪党、悪女まで、悪人を集めた展覧会「江戸の悪 PARTⅡ」が東京・太田記念美術館にて6月2日(土)より開催されます。2015年に開催された同名の展覧会がさらにパワーアップ。しかも今年は同時期に連携展が開催されるなど、東京中が「悪」に染まる?その詳細をご紹介します。
再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

再オープンでショップ、ガイドも充実!【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第3回:東京都江戸東京博物館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。今回は4月に再オープンした東京都江戸東京博物館です。歴史を扱う博物館の中でも特にこちらがお気に入りというまやさんが、新しくなったポイントとともに通ならではの楽しみ方を伝授します!
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

墓はあるけど謎だらけ!「八百屋お七」悲劇のヒロインの真相

恋人に会いたい一心で放火事件を起こし、火刑に処された少女「八百屋お七」。しかし実際のお七は、八百屋の娘ということも含め、はっきりとわかっていません。その謎だらけの伝説がかえって関心を呼び、創作が盛り込まれ、私たちの知るお七になっているのです。今回は残された史跡を巡りながら、お七の実像を探ります。
【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

【三大お家騒動】「伊達騒動」現場は東京のど真ん中だった!?

「伊達」といえば伊達政宗ですが、彼の孫の綱宗の代に起きた「伊達騒動」は、「江戸三大お家騒動」のひとつになってしまうほど、複雑で大規模なものでした。当時は歌舞伎『伽羅先代萩』として上演され、山本周五郎の小説『樅ノ木が残った』が大河ドラマにもなった「伊達騒動」をわかりやすく、意外な!?事件現場とともに紹介します。