意外と知らない?東大の赤門は、加賀前田家ゆかりの門だった
2018年11月27日 更新

意外と知らない?東大の赤門は、加賀前田家ゆかりの門だった

受験シーズン到来。合格発表の日に必ずと言っていいほど話題になるのが東京大学ですよね。中でも、東大の赤門といえば誰もが「ああ、あの門ね」とすぐにイメージが湧くほどポピュラーな場所。ところでその赤門、実は加賀藩前田家ゆかりの門だったことをご存知でしょうか?今回は、東大の赤門と前田家のご縁についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

赤門が建設された理由

 (1507)

東大の本郷キャンパス(文京区本郷)にある赤門は、実は正門ではありません。
というのも、赤門は東大のために建設されたものではないからなんですね。

東大の赤門は、もともと加賀藩前田家の江戸藩邸上屋敷の御守殿門として建てられたものでした。御守殿とは、江戸時代において三位以上の大名に嫁いだ徳川将軍家の姫君の敬称であり、彼女が住む奥御殿のことでした。その門なので、御守殿門と呼ばれたというわけです。

御守殿門は丹塗りだったために外観が赤く、そのため「赤門」と呼ばれたのです。
赤門は、焼失した場合は再建されない決まりとなっていました。東大の赤門は、戦時の空襲や天災を逃れた、現存唯一の御守殿門なのです。
1910年頃撮影された赤門(東京帝国大学)。大正元年卒...

1910年頃撮影された赤門(東京帝国大学)。大正元年卒業アルバムより。

東大の赤門となる御守殿門は、文政10(1827)年、第12代藩主前田斉泰が11代将軍徳川家斉の21女・溶姫(やすひめ)を妻として迎えた際に建設されました。溶姫自体は悪い人ではなかったようですが、幕府が付けた取り巻きの態度が悪く、加賀藩士からはあまり良く思われなかったなんて話も。
『近世人物誌 徳川溶姫君』(月岡芳年)画

『近世人物誌 徳川溶姫君』(月岡芳年)画

11代将軍・徳川家斉の二十一女。二十一女ってどんだけ…
ちなみに、家斉は50人以上の子をもうけ、通称「オットセイ将軍」と呼ばれた上様です。
11代将軍・徳川家斉

11代将軍・徳川家斉

さすが加賀100万石!前田家大名屋敷の広さはハンパない

地図中央左の広い敷地が前田家の屋敷です。

地図中央左の広い敷地が前田家の屋敷です。

via 国立国会図書館デジタルコレクション
江戸時代、大名には参勤交代が義務付けられていました。そのため、大名はそれぞれ江戸に藩邸を持ち、同時に正室や嫡子を人質として住まわせていたのです。

藩邸には上屋敷・中屋敷・下屋敷があります。中屋敷には隠居した藩主や未亡人などが住み、下屋敷は当主の別荘として、また、火災時の避難場所として使われていました。

前田家の本郷の藩邸は、最初は下屋敷でしたが、大火などを経て天和3(1683)年から上屋敷となりました。その敷地は約10万4千坪、東京ドーム7.3個分にも及びました。これは、御三家の屋敷よりも広かったんですよ。

また、下屋敷の広さはさらに半端ではありませんでした。板橋付近に造られた下屋敷の広さは約21万8千坪もあり、江戸の大名屋敷で最大だったのです。しかも加賀藩の誇る名園、金沢の兼六園の約7倍もの広さだったというのですから、もうとにかく広い、入口がどこかもわからないといった風情だったようですよ。庭で鷹狩りができたというほどですから、とんでもない広さですよね。幕末に会津藩の面々が訪れた時には、「桃源郷だ!」と驚くほど絢爛豪華な庭園だったそうです。

三四郎池は「鼻毛の殿様」がつくった!?

「紅葉の美しさも有名な三四郎池」

「紅葉の美しさも有名な三四郎池」

というわけで、東大の本郷キャンパスはほとんどが前田家の上屋敷でした。そこにあるのが夏目漱石の「三四郎」に登場した三四郎池ですが、これは第2代藩主・前田利常(鼻毛エピソードで有名な殿様です)がつくったもので、「心」の字をかたどっていたことから、当時は心字池と呼ばれていたのです。池自体は寛永15(1638)年につくられたそうなので、実に長い歴史のある池なんですね。
前田利常像

前田利常像

幕府からの警戒を避けるために、わざと鼻毛を伸ばして暗愚を装った逸話が。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【没後100年!12月9日が命日】誕生から晩年まで…東京都内の夏目漱石ゆかりの地

【没後100年!12月9日が命日】誕生から晩年まで…東京都内の夏目漱石ゆかりの地

明治時代の文学界の第一人者・夏目漱石。彼の作品に影響を受けた文豪は数多くいます。国語の教科書にも作品が掲載され、昭和59(1984)年から平成19(2007)年に発行された千円札の顔でもありました。そんな夏目漱石は、東京に生まれ、東京で亡くなりました。今回は、東京都内に残る夏目漱石ゆかりの地をご紹介します。
これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

これぞ天下普請の最高峰!西股先生と行く女性限定・江戸城歩きレポート

さる2月10日、城郭研究家の西股総生先生を講師にお招きし、「女子限定特別企画・江戸城を歩こう!」が開催されました。江戸城の見所やベストフォトスポットなどを押さえたイベントの様子をレポートします。
【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

【ゆかりの品からみる篤姫の生涯】小栗さくらがナビ!江戸東京博物館「春を寿ぐ」展

江戸東京博物館で開催中の「春を寿ぐ―徳川将軍家のみやび―」展。徳川家ゆかりの品々が多数展示されている本展のなかから、徳川家の女として生きた天璋院篤姫ゆかりの品を中心に、その生涯を歴史タレント・小栗さくらさんが紹介します!
【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

“日本最強”の江戸城を実感しよう!女子限定の城歩きイベント第3弾を開催

好評につき、ユカリノ主催・女子限定城歩きイベントの第3弾が決定しました!今回は、誰もが知っている「江戸城」の意外な見どころを探します。城に興味はあるけれど、城の見方や歩き方がよくわからない…という城めぐり初心者の女子の皆様、この機会にぜひご参加ください。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

恵比寿神・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋尊・寿老人・福禄寿と、神道・仏教・道教の神仏をお参りするユニークな巡礼「七福神巡り」。日本独自の信仰で、一番身近な神仏習合かもしれません。今回は、ちょうど良い距離感で、街並みの変化や多彩な神社仏閣を堪能できる、都心の「新宿山ノ手七福神巡り」をご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。