【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]
2017年11月21日 更新

【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

2016年の大人気大河ドラマ「真田丸」、その真田丸があったとされるのが大阪・天王寺区です。大阪城から近く、現在は教育に熱心な文教地区として有名です。名門校が多くあり、史跡も多い大阪市天王寺区の魅力をご紹介します[PR]

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

昔は、四天王寺を中心とした寺院の町。今は、日本一高いビルがそびえる商業の町。

 (8282)

大阪市のほぼ中央に位置する大阪市天王寺区は、南北に伸びる上町台地が区域の大半を占めています。区内には、聖徳太子が創建したと伝わる四天王寺をはじめ約200の社寺があるほか、歴史好きには2016年放送の大河ドラマ「真田丸」でお馴染み、真田丸跡など数多くの名所旧跡が残っていることでも知られています。

区の南部に位置する天王寺駅・阿部野橋駅周辺は、大阪を代表する商業地域の一つ。そのシンボルともいえるあべのハルカスは、地上60階・高さ300mと日本一の高さを誇ります。

一方で、天王寺公園など緑も多く、私立中高校など学びの環境も充実していることから、子育てがしやすい街でもあります。利便性と自然環境の良さを兼ね備えた天王寺は、幅広い世代から人気を集め、関西の「住みたい街ランキング2017」(SUUMO調べ)トップ10に入るほど。

住むならどのタイプ?大阪市天王寺区おすすめ物件

①文武両道!「真田丸」ゆかりの地、文教エリアとしても人気の真田山

「プラウド天王寺真田山」

「プラウド天王寺真田山」

大阪市内にありながら静穏で緑豊かな住環境。現地周辺には教育施設が集積し、活気と学びの気風が漂う文教エリア。4駅6路線利用可能!梅田・心斎橋・京橋エリア直結。徒歩8分圏内に6つの公園、小・中学校。

全邸角住戸・1フロア3邸というプライバシー性に配慮した住棟設計で、しかも目の前は「大阪明星学園」のグランド。前面道路と合わせて約165mの、圧倒的に伸びやかな空間が広がります。
via SUUMO
2016年大河ドラマ「真田丸」。タイトルのとおり、主人公である戦国武将・真田幸村(信繁)が大坂の陣で戦った際に築いた出城・真田丸の跡地があるのがこのエリアです。
「真田丸」放送時は多くの方がゆかりの地として訪れた、歴史ファンにとってはまさに聖地。

現在、真田丸跡地には名門・大阪明星学園があり、教育に熱心な文教地区としても知られています。幸村にあやかって、お子さんを文武両道・日の本一のつわものにしたいというファミリー層には、うってつけの環境かもしれませんね。
三光神社

三光神社

近くにはかつて大阪城の出城「真田丸」があった場所とされる三光神社も。真田信繫(幸村)の像や、信繁が掘ったといわれる抜け穴が残っています。

②由緒ある街並みが魅力!落ち着いた住環境なら夕陽丘

「クレヴィア四天王寺前夕陽ヶ丘」

「クレヴィア四天王寺前夕陽ヶ丘」

地下鉄「四天王寺前夕陽ケ丘」駅より徒歩6分。梅田・天王寺方面にダイレクト、多くの人で賑わう「あべのハルカス」を普段使いできる都心立地にありながら、歴史と伝統に培われた四天王寺にもほど近い。生活利便施設も身近に揃うロケーションで利便性を満喫しながらも、歳月を重ねてきた文化の薫る穏やかな住環境で暮らせます。
via SUUMO
夕陽丘(ゆうひがおか)は、歌人・藤原家隆が、浄土教の教えである「日想観」(西に沈む太陽を目にして、その丸い形を心に留める修行)を修めるために移住したといわれる場所。夕陽庵という小庵を営み、「契あれば難波の里に移り来て波の入り日を拝みつるかも」と詠んだことが地名の由来となっています。

また、駅付近の六万体町(ろくまんたいちょう)という町名は、その昔「聖徳太子が六万体の地蔵を作った」という伝承が由来となっているのだそう。四天王寺詣の要路で人の往来が多く、土産物店や茶店が数多く並んでいます。
口縄坂

口縄坂

夕陽丘にある口縄坂は、「天王寺七坂」のひとつで「大阪みどりの百選」にも選定されています。
「口縄」とは蛇のことで、坂の下から眺めると、起伏が蛇に似ていることから名付けられました。大阪を代表する作家・織田作之助の『木の都』の舞台でもあります。
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
古墳だけじゃない!歴史とゆかりの深い街・大阪府堺市|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

古墳だけじゃない!歴史とゆかりの深い街・大阪府堺市|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

近年では百舌鳥・古市古墳群でも知られる大阪府堺市。人口・面積ともに大阪府内第2の都市であるとともに、市内各地の遺跡からは石器や土器なども多く発掘され、旧石器時代から人が住んでいたという古い歴史を持つ街でもあります。そんな堺市の歴史的魅力を、堺在住の歴史作家・橋場日月氏が地元ならではの視点で紹介。過去と未来を楽しむ堺の暮らしをおすすめします[PR]
知りたい!住みたい!この街の歴史|大阪市北区編[PR]

知りたい!住みたい!この街の歴史|大阪市北区編[PR]

大阪市は、古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきました。長い歴史を誇る街だけあって、市内の町名にもそれぞれ由緒が存在しています。今回は、大阪を代表する「キタ」エリアがある北区に注目!町の名前の由来や、その土地にゆかりのある史跡をご紹介します。町の歴史を知れば、きっとあなたも大阪のことが好きになること間違いなし![PR]
御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

日本を代表する港町・神戸市。幕末に開かれた神戸港は、2017年に開港150年の節目を迎えました。早くから海外のモノを取り入れ、外国文化が花開いた地としても有名です。そんなオシャレな街・神戸には、三宮や御影など人気の街がたくさん!街の名の由来と共に、その土地ゆかりのスポットをご紹介します。【PR】
直虎も清盛も真田丸も!大河ドラマロケのメッカ「えさし藤原の郷」で平安時代にトリップ

直虎も清盛も真田丸も!大河ドラマロケのメッカ「えさし藤原の郷」で平安時代にトリップ

奥州藤原氏初代清衡公の生誕地であり、清衡が平泉へ移るまで暮らした岩手県奥州市江刺。そこに超有名歴史テーマパーク「えさし藤原の郷」があるのをご存じでしょうか。近年、NHK大河ドラマなど多くの歴史作品のロケ地として使用され、みちのくのハリウッドといわれるこの歴史公園。大河ドラマ好きは必見です!
真田家ゆかりの地に『真田丸』の昌幸と家臣団が降臨!上田真田祭りレポート

真田家ゆかりの地に『真田丸』の昌幸と家臣団が降臨!上田真田祭りレポート

今年で35回目を迎えた上田真田祭り。去年はNHK大河ドラマ『真田丸』が放送されていたこともあり、草刈正雄扮する真田昌幸とその家臣団が登場し大いに盛り上がりました。今年はいつもの祭りに戻るのかなと思っていましたが、なんと再び「草刈昌幸」が降臨するではないですか! 約6ヵ月ぶりにファンの前に姿を現した昌幸と、その家臣団に観客は大興奮! 本稿ではその様子をレポートします。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。