【アイヌの神様になった?】北海道に渡った源義経伝説ゆかりの地
2018年5月24日 更新

【アイヌの神様になった?】北海道に渡った源義経伝説ゆかりの地

源頼朝による追討をかい潜って奥州へと落ち延びた源義経。歴史上では衣川館(岩手県平泉町)で自刃したとされていますが、義経は死なずにその後も生き延びたという言い伝えが東北各地に残されています。大陸に渡りチンギス・ハンになったという伝説も有名ですが、北海道に渡りアイヌの神になった、という伝説があるのをご存知でしょうか?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『芳年武者無類』に描かれる源義経(奥)と武蔵坊弁慶(手...

『芳年武者無類』に描かれる源義経(奥)と武蔵坊弁慶(手前)主従

義経が自害したとされる衣川館跡(岩手県平泉町)

衣川館跡に建てられた高館義経堂(岩手県平泉町)

衣川館跡に建てられた高館義経堂(岩手県平泉町)

義経最期の地とされますが…
via 撮影:ユカリノ編集部
源義経は文治5(1189)年、兄・頼朝の圧迫に耐えかねた藤原秀衡の子・泰衡の急襲にあい、高館で妻子とともに自害したと伝えられています。史実としてご存知の方も多いのではないでしょうか。
丘の頂上には、義経を偲んで仙台藩主・伊達綱村が建てた義経堂があり、内部には義経公の木造が安置されています。

義経は北海道に渡りアイヌの神となった?

アイヌ民族

アイヌ民族

一方で義経は北海道へ落ち延び、アイヌに受け入れられ「ハンカンカムイ」と呼ばれたという伝説が残ります。ハンカンとは「判官=義経」を指します。

アイヌの伝統的世界観では、動物、自然、人工物など人間以外の大半はカムイ(神)とみなされます。が、それとは別に、人類に文明を授けたとされる人文神も存在します。地域によって名称は様々ですが、アイヌラックルという名がよく知られています。「人間くさい者」という意味の名で、神でありながら人間と共に生活をしました。
アイヌラックルと人間が交流する中で網や弓矢などの生活道具が作られ、火を使うようになったといわれています。このアイヌラックルが実は源義経で、天界からではなく本州から渡ってきた、というのです。

こうしたアイヌラックルと義経の習合化は、江戸時代に本州側の人間、すなわち和人によって推進されたと言われています。
アイヌにとって大事なカムイを、和人の有名人にすることで関係を深めようという、政治的意図があったようです。

アイヌの聖地に立つ資料館や義経神社(北海道平取町)

北海道沙流郡平取町は、アイヌラックルが降臨した聖地と言われています。日本神話でいう高千穂のようなところでしょうか。
アイヌの祭祀施設はありませんが、二風谷アイヌ文化博物館などアイヌの信仰に触れられる施設が複数あります。

二風谷アイヌ文化博物館には、重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」などのアイヌの民具や、重要文化的景観のチセ群のほか、数多くの資料や関係図書等が収蔵されています。
平取町立二風谷アイヌ文化博物館の敷地内に立つチセ(復元...

平取町立二風谷アイヌ文化博物館の敷地内に立つチセ(復元伝承家屋)

現在この地には、義経神社が立っています。由緒によれば、寛政11(1799)年に、蝦夷を探検していた近藤重蔵によって祭祀が始められたそうです。
義経神社

義経神社

義経神社境内を中心とした義経公園は自然豊かで、町民憩いの場となっています。また、神社付近には義経にまつわる資料を展示した義経資料館もあります。

あの弁慶もアイヌにあがめられた?

五条大橋での戦いを描いた浮世絵

五条大橋での戦いを描いた浮世絵

17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

【秀吉の天下統一最後の相手・九戸政実】ゆかりの地で「九戸城まつり」開催

豊臣秀吉の天下統一は、小田原征伐や奥州仕置で完了したわけではなかったのをご存知でしょうか。最後まで秀吉に抵抗した武将が、陸奥・九戸城主の九戸政実(くのへ まさざね)でした。誇り高き武将・九戸政実の生涯と「九戸政実の乱」の経緯、岩手にあるゆかりの地をご紹介しましょう。
平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

御朱印で巡る武将ゆかりの地。今回は平安末期に活躍した源義経とその従者をピックアップ!その悲劇的な最期が「判官びいき」という言葉を生んだほど日本人の心にグッとくる武将・源義経。さらに彼には個性豊かな郎党が従っており、「義経伝説」を鮮やかに彩っています。そんな彼らにゆかりのある地を巡ってみましょう。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

夏休みに行きたい!ご当地の歴史も学べる人気「道の駅」5選

ご当地の特産品やグルメを楽しむことができ、ドライブの途中で立ち寄れる人気観光スポット「道の駅」。なかにはその土地の歴史を紹介する施設が併設されている道の駅もあるんですよ。今回は「歴史も学べる道の駅」を全国から厳選!夏休みの旅行の際に、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

第11回:星形だけじゃない!函館のシンボル・五稜郭の見どころ【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第11回は五稜郭をご紹介します。旧幕府軍が新政府軍と戦った函館戦争の舞台にもなった稜堡式の城郭。その印象的な星形が特徴ですが、他にもおすすめの撮影ポイントを写真とともにご案内します。
命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。
戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

戊辰戦争終結の地・函館に残る榎本武揚や土方歳三…旧幕府軍ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第16回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第16回は、戊辰戦争最後の地・函館にある、榎本武揚や土方歳三たち旧幕府軍ゆかりの地をご紹介します。2019年は箱館戦争終結、そして土方歳三没後150年の年。改めてその最期の舞台を巡ってみてください。