宮殿からレトロな洋館まで!東京にある明治の近代建築5選
2018年6月5日 更新

宮殿からレトロな洋館まで!東京にある明治の近代建築5選

明治時代、文明開化とともに近代化が始まった東京。イギリス建築家のジョサイア・コンドルらお雇い外国人によってさまざまな建築様式が伝えられてから、東京にはいくつもの近代建築が建てられました。今回は今も残る近代洋風建築の中から明治時代に建てられたものを5つ厳選してご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回紹介する東京にある明治建築はこちら

・明治42年竣工:白亜の宮殿建築「迎賓館赤坂離宮」(港区)

・明治28年竣工:赤レンガが目印の「法務省旧本館」(千代田区)

・明治39年竣工:明治と昭和が融合した「国立国会図書館国際子ども図書館」(台東区)

・明治35年竣工:本人が設計したといわれる「旧乃木邸」(港区)

・明治40年竣工:都内でも貴重な木造建築「雑司が谷旧宣教師館」(豊島区)

明治42年竣工:白亜の宮殿建築「迎賓館赤坂離宮」(港区)

正面玄関の屋根飾りには鎧武者が!

正面玄関の屋根飾りには鎧武者が!

世界各国からの賓客を迎える「迎賓館赤坂離宮」。
平成28年(2016)に一般公開されるようになって以降、たくさんの人が訪れています。

もとは皇太子の住まう東宮御所として明治42年(1909)に建設されました。
設計は、鹿鳴館などの設計で知られるジョサイア・コンドルが教えた最初の学生のひとり・片山東熊です。
正門だけでもこの迫力・・・!

正門だけでもこの迫力・・・!

建築や美術、工芸に至るまで、明治期の総力を結集した宮殿は、当時の近代洋風建築の最高峰ともいわれています。
迎賓館となったのは昭和49年(1976)。イタリア産の白い大理石を使った玄関ホールや、条約や協定の調印式に使われる「彩鸞(さいらん)の間」など、眩しいまでの空間が広がっています。
全面砂利敷きの「主庭」では、見事な噴水を見ることができます。

全面砂利敷きの「主庭」では、見事な噴水を見ることができます。

迎賓館赤坂離宮の見学は内閣府のホームページから事前予約できるほか、事前予約なしの当日受付でも参観できます。
開館時間:午前10時〜午後5時
休館日:水曜(祝日の場合は開館、翌平日閉館)

明治28年竣工:赤レンガが目印の「法務省旧本館」(千代田区)

法務省旧本館

法務省旧本館

上杉家の江戸藩邸の上屋敷跡に建つ赤レンガの建物。戦国ファンなら一度は見たことがあるのでは?
こちらは明治28年(1895)に司法省として建てられたもの。設計はドイツ人建築家のヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンです。

昭和20年(1945)、戦災のためレンガ壁と床を残して焼失。一度は瓦屋根になりますが、平成6年(1994)創建当時の姿に復元されました。
急勾配の屋根と四隅の存在感ある装飾が特徴です。現在は一部が法務史料展示室として公開されています。
39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。
日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。
戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」月岡芳年の画業を辿る

まるで現在の漫画のような躍動感のある月岡芳年の浮世絵。歴史好きなら一度は見たことのあるのでは?幕末に生まれ明治にかけて活躍した芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が8月5日(日)より練馬区立美術館で開催されます。最後の浮世絵師と呼ぶにふさわしい画業を堪能できる貴重な機会です。
2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

2018年は明治維新150年!夏に開催のおすすめ企画展5選

明治維新150年にあたる今年。高知や山口などの主要箇所もちろん、全国各地で企画展が開催されています。普段の歴史旅や夏休みにプラスしたい企画展の内容をご紹介します。
2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

2019年大河ドラマ『いだてん』で注目!オリンピックの父・嘉納治五郎と講道館

世界的なスポーツとなった柔道。その誕生に貢献した「柔道の父」嘉納治五郎は、日本のオリンピックへの参加を実現させたことから「オリンピックの父」とも呼ばれていました。2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』では役所広司さんが演じ、主人公の金栗四三を見出した治五郎の功績と講道館を紹介します。
河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

絵師の父娘といえば葛飾北斎とその娘・応為が浮かびますが、幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎にも、絵師になった長女・暁翠がいたんです。そんな河鍋父娘の作品が見られる「暁斎・暁翠伝」が東京富士美術館にて開催中。近年人気を集める暁斎の魅力と、娘に引き継がれた画業を網羅した展覧会をご紹介します。
富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

日本画の新たな時代を切り開いた巨匠・横山大観の回顧展「生誕150年 横山大観展」が、東京国立近代美術館にて開催中。富士山をモチーフにした《群青富士》から代表作《夜桜》《紅葉》、初公開の作品まで、多様な作品が紹介されています。ファンはもちろん初心者でも楽しめる5つの見どころをご紹介します。
意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?