【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート
2018年2月11日 更新

【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

2018年、始まったばかりと思ったらもう2月、もうすぐバレンタイン!何を贈るか考えていない、またはマンネリを打破したい方にオススメなのが歴史系チョコレート。武将をイメージしたアソートから、本物みたいな銅鏡チョコ、「西郷どん」ものまで、歴史好きなら自分も欲しい逸品をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

私の推し武将がない…という人にはこちら。プレゼントキャンペーンの商品にもなっていた「つわもの揃い」は、ひと粒ずつ、12人の武将がイメージされています。

気になる12人とは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信、直江兼続、前田利家、北条氏康、毛利元就、長宗我部元親、黒田官兵衛、島津義弘と、まさにツワモノ揃い!

こちらも、武田信玄にはゆかりの地である甲州のワインを使用していたり、島津義弘なら鹿児島の名産である黒糖が使われているなど、それぞれの武将にちなんだ日本酒や国産素材の味わいが楽しめます。
洒落者(刀)

洒落者(刀)

政宗の太刀をイメージしたホワイトチョコレート。
1188円
他にも政宗の太刀をイメージした「洒落者(刀)」や、信長の打刀をイメージしたビターチョコレート「熱き者(刀)」、ネタにもなりそうな手裏剣型のチョコレート「疾風の者」など、どれも趣向を凝らしたものばかり。
プレゼントにはもちろん、まずは自分用にチェックしてみてください。

手作り派はこちら!密かなブーム!?「三角縁神獣鏡チョコ」

バレンタインは手作り派だけど、せっかくなら歴史にちなんだものを作りたい…という方におすすめのがこちら。
これは本物?というくらい精巧なできばえの「三角縁神獣鏡チョコ」。その名の通り、三角縁神獣鏡の形を模したチョコレートのことです。
こちらは本物の「三角縁神獣鏡」

こちらは本物の「三角縁神獣鏡」

奈良県広陵町の新山古墳から出土した銅鏡。
三角縁神獣鏡とは古墳時代の銅鏡のひとつで、鏡の縁の断面が三角形で、背面に神獣が描かれているもののこと。権力者が祭祀や儀礼のために用いていたといわれています。教科書や展覧会で、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
なんだかいただくのが恐れ多いほどの仕上がり。
福井市立郷土歴史博物館では、2013年から毎年2月に、チョコレートで原寸大(直径約20cm)のレプリカを作るワークショップが開催されています。もちろん、れっきとした歴史体験学習です。

作り方は、三角縁神獣鏡のレプリカからシリコン型を作成し、その型にチョコレートを流し込んで、本物そっくりのチョコレートに仕上げるというもの。モデルとなる三角縁神獣鏡は、福井市内にある花野谷1号墳から出土したものだそう。鏡を作る鋳造の技術そのものを体験できる、まさに1度に2度おいしいワークショップなのです。

今年開催されるワークショップは、すでに募集が締め切られておりますが、気になる方はぜひ、来年チャレンジしてみてください。
宮崎県立西都原考古博物館でも開催

宮崎県立西都原考古博物館でも開催

西都原考古博物館の古代生活体験館でも「銅鏡チョコ」をつくるイベントが開催されます。バレンタインに駆け込むチャンス?
開催日:2018年2月10日(土)〜11日(日)
開催時間:午前10時30分〜午後0時、午後1時30分〜午後3時
参加費:1000円
開催場所:宮崎県立西都原考古博物館 古代生活体験館
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

幕末屈指の愛犬家!西郷隆盛と13匹の愛犬たち

上野公園の西郷隆盛の銅像が犬を連れているのは有名ですよね。愛犬のうちの1匹・ツンという雌犬であるという説もありますが、銅像になっているのは雄犬だとか。とはいえ、西郷がとても愛犬家であったことは事実です。今回は、西郷が飼っていた犬たちとそれらにまつわるエピソードが残るゆかりの地・指宿の鰻温泉をご紹介します。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷と愛加那の子・菊次郎の特別展も開催中!西郷南洲顕彰館と南洲墓地

西郷隆盛の墓所がある南洲墓地の隣に建つ「西郷南洲顕彰館」。西郷を中心に明治維新について紹介されており、西郷の書や衣服などゆかりの品も展示されています。今回はその館内を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート。西郷や西南戦争の戦死者が眠る南洲墓地でのお墓参りとあわせて、ぜひお立ち寄りください。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

【菊次郎・菊草・寅太郎】西郷隆盛の子供たちはどんな人生を送った?

西郷隆盛には2番目の妻・愛加那(あいかな)との間に2人、3番目の妻・糸子との間に3人の子供がいました。早くに父と死に別れた彼らは、どんな人生を歩んだのでしょうか。父譲りの才能を発揮した者、不幸な結婚生活をした者…そんな様々な人生模様を、墓所やゆかりの地とともにご紹介します。
西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

西郷どんの生誕地で明治維新を学ぶ!鹿児島市加治屋町「維新ふるさと館」

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛らの生誕地、鹿児島市加治屋町にある「維新ふるさと館」。大河ドラマ放送に伴い、2018年1月にリニューアルオープンしました。より楽しく分かりやすくなった館内の模様を歴史タレント・小栗さくらさんがレポート!近辺にあるゆかりの地もあわせてご紹介します。
鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

鹿児島『西郷どん』スポットめぐり旅:いぶすき西郷どん館

2018年1月、鹿児島県指宿市にオープンした「いぶすき西郷どん館」。西郷や篤姫ゆかりの品を見ることができる、もうひとつの大河ドラマ館として人気です。西郷が訪れた鰻温泉や山川港のほか、篤姫ゆかりの地もあり、『西郷どん』ファンならぜひ訪れたい指宿の見どころを、歴史タレント・小栗さくらさんがナビ!
島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ:第1回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。