政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート
2017年8月22日 更新

政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

伊達政宗といえば、誰もが思い浮かぶ金色の細い月形の前立。今年は伊達政宗公生誕450年を記念し、仙台市博物館では政宗公所用の具足「黒漆五枚胴具足」の実物が8/3~8/20の期間限定で公開となりました。そこで、さっそく実物を見に仙台へ。他にも多数展示されている政宗公ゆかりの品々とともにご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

伊達家ゆかりの品々が盛りだくさん!仙台市博物館

仙台城三の丸跡にあり、現在は青葉山公園の一部となっている仙台市博物館。
仙台藩と伊達氏、慶長遣欧使節関連の資料などが充実しており、しかも実物が多く展示されているため、歴史好きなら必ず訪れたい博物館のひとつとして知られています。

2017年は政宗公生誕から450年ということで、常設展でも政宗公ゆかりの資料をたっぷり堪能できます。現在は夏の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」が開催中で、8/3~8/20の期間のみ「重要文化財 黒漆五枚胴具足(伊達政宗所用)」実物と「伊達治家記録」が展示されていました。もちろん他にも伊達家ゆかりの品々が多数展示。政宗好きならぜひチェックしたい、展示の見どころを一部だけご紹介します!
撮影:ユカリノ編集部 (5889)

via 撮影:ユカリノ編集部

8/3~8/20期間限定で実物が公開!政宗所用の具足「黒漆五枚胴具足」

重要文化財 黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用 仙台市博物館蔵

重要文化財 黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用 仙台市博物館蔵

via 撮影:ユカリノ編集部
こちらが伊達政宗所用、重要文化財「黒漆五枚胴具足」の実物です!

その名の通り、胴は黒漆塗の5枚の鉄板で構成されています。草摺(くさずり)は九間六段下がりで、兜は六十二間の筋兜で兜銘は「宗久」。政宗以後、歴代藩主や家臣たちもこの具足形式を踏襲したため「仙台胴」とも呼ばれます。
撮影:ユカリノ編集部 (5891)

via 撮影:ユカリノ編集部
いざ本物を目の当たりにすると、やはり重厚感が全然違います。漆黒のなかに輝く金の前立がとても美しく、しばし見とれてしまいます…。来場者の皆様も、「カッコイイ…!」と食い入るように見ていました。歴史好きなら一度は実物を見ていただきたいです。

生誕祝いに見たい!政宗誕生の記録も期間限定公開

「伊達治家記録」より政宗誕生の記述部分

「伊達治家記録」より政宗誕生の記述部分

via 撮影:ユカリノ編集部
そしてこちらも同じく期間限定展示の「伊達治家記録」に記された、政宗公誕生の記録部分です。
八月三日に義姫を母として生まれ、幼名が「梵天丸」だとも書かれています。450年前、政宗公がどのように生まれたのかを垣間見れる貴重な資料ですね。

この「伊達治家記録」と政宗公所用の具足の実物は、秋に開催の特別展「伊達政宗―生誕450年記念」でも見ることができます。今回見ることができなかった方はお見逃しなく!

伊達男・政宗公の美的センスが垣間見られるゆかりの品々

重要美術品 菊花図屛風

重要美術品 菊花図屛風

via 撮影:ユカリノ編集部
常設展では、他にも政宗公ゆかりの品々が多数展示されています。
白菊の描かれたこの屏風には政宗自らが書き込んだとされる「新古今和歌集」「和漢朗詠集」などを見ることができます。もとは政宗が晩年に居城としていた若林城の襖絵だったものを屏風にしたのだそう。
欧州製と推定される政宗愛用の金製ブローチ

欧州製と推定される政宗愛用の金製ブローチ

via 撮影:ユカリノ編集部
33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

伊達政宗公生誕450年の今年、各地で関連イベントが開催されています。先日、東京・淑徳大学でも伊達政宗生誕450年記念シンポジウムin東京『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』が開催。研究者が語った仙台藩や藩主としての伊達政宗とは?仙台市博物館・菅野氏による伊達家臣団についての登壇レポートとともに、10月7日から仙台市博物館で開催される特別展「伊達政宗―生誕450年記念」の見どころも合わせてお伺いしました。
【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

伊達政宗公の誕生日は旧暦の8月3日です。1567年(永禄10年)生まれなので、今年はちょうど生誕450年にあたる、まさにアニバーサリーイヤー!!そこで今回は、政宗好きの筆者がおすすめする、政宗を感じられるゆかりの地と関連イベントをご紹介いたします。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

宮城県仙台市といえば、ご存じ伊達家ゆかりの地。特に今年は伊達政宗公生誕450年、関連イベントもたくさん開催され盛り上がりを見せています。そこで今回は、仙台城を拠点に活動する「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さんに、地元・仙台の楽しみ方をそれぞれご紹介いただきました!
郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

前回は江戸城(皇居)周辺の銅像を紹介しましたが、お城に銅像という組み合わせは、日本人の深層倫理に訴える原風景のようです。例えるなら、田園の中にたたずむ水車、または古い神社にそびえる一本杉のような景色なのです。今回から不定期で、各地域の名城とそこに立つ銅像を訪ねる「名城と英雄像」シリーズがスタート。第1弾は東北をご案内。せっかく桜の季節なので、北上する桜前線とともに、北へ向かって城と銅像をめぐっていきましょう。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
これは見るべき!特別展『伊達政宗─生誕450年記念』おすすめ展示10選

これは見るべき!特別展『伊達政宗─生誕450年記念』おすすめ展示10選

2017年10月7日(土)から仙台市博物館にて開催されている特別展『伊達政宗─生誕450年記念』。10月31日(火)から後期展示となり、ますます盛り上がっています。今回は特別展の中でも特におすすめの10点をご紹介。すでにご覧になった方は復習に、まだの方は予習にご活用ください。11月27日(月)まで開催なので、まだ間に合いますよ!
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

秋になると毎週のように全国各地で開催されるご当地歴史イベント。なかでも戦国武将にちなんだ祭りが多く開催され、一般の方も甲冑を着て参加できるなど近年注目を集めています。今回は、編集部がおすすめする秋の戦国武将イベントをご紹介!
ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ

ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ

藩祖・伊達政宗公の生誕450年にわく宮城県仙台市。街の至る所で政宗公生誕を祝う様子が見られ、その偉大さが感じられます。そして誕生月である今月は特に限定グッズやイベントも多くみられます。そこで現地で取材をした編集部が、限定グッズの一部をご紹介!期間・数量限定のものが多いので、欲しい方は早めに仙台へGO!