三成や政宗とのやり取りも!ゆかりの人物から紐解く特別展「直江兼続」
2018年5月14日 更新

三成や政宗とのやり取りも!ゆかりの人物から紐解く特別展「直江兼続」

直江兼続公400回忌に当たる2018年。これを機に改めて兼続の業績に着目した特別展「直江兼続」が山形県の米沢市上杉博物館で開催中です。大河ドラマ『天地人』で注目を集めた兼続と、彼が関わった石田三成や伊達政宗、本多父子といった人々のゆかりの品が多数展示された本展をレポートします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

兼続ゆかりの人物から見た「直江兼続」に迫る

米沢市上杉博物館

米沢市上杉博物館

via 撮影:ユカリノ編集部
直江兼続をテーマにした展覧会を開催するのは3回目という米沢市上杉博物館。
過去2回では主に兼続の生涯の事績について紹介されていましたが、今回は兼続と関わりを持った人物の視点を交えた展示とのこと。当時兼続がどのような役割を担っていたか、またどのように有力者たちと関わっていたのか、とても興味深い本展の見どころをレポートします。

おなじみの兼続公像のほか、妻・おせんが見た兼続公像も!

特別展入り口にはお馴染み「直江兼続像」が展示されていました

特別展入り口にはお馴染み「直江兼続像」が展示されていました

via 撮影:ユカリノ編集部
「直江兼続像」(通期展示/米沢市上杉博物館蔵)

「直江兼続像」(通期展示/米沢市上杉博物館蔵)

私たちがよく目にするこの「直江兼続像」。実は制作者や制作年代などは不明なんです。
絵のモデルは、松平定信が全国の文化財を調査・書写させて編纂した『集古十種』に描かれた兼続公像だといわれています。妻・おせんが高野山に建立した瑜祇塔に掲げられていた兼続の肖像画を写したもので、つまりおせんが目にしていた実像の兼続公に近いというわけです。

本展の後期(5月10日~)からは、その『集古十種』に描かれた兼続像も展示されます。ふたりの兼続像を見比べることができますよ。

石田三成をはじめとする豊臣政権の有力者との関係

「木村清久等三名連署状写」(『歴代古案』5/通期展示/...

「木村清久等三名連署状写」(『歴代古案』5/通期展示/米沢市上杉博物館蔵)

秀吉の全国統一を推進していく役割を担っていた上杉氏。初代米沢藩主上杉景勝のもと、兼続は豊臣政権の有力者たちとの交渉に関わっていました。

上の写真は天正12年(1584)7月11日、景勝から秀吉のもとに証人(人質)が送られてきたことに対しての謝意を伝える兼続宛ての書状です。
差出人は、増田長盛・石田三成・木村清久で、この3名がセットで上杉氏の交渉窓口だったとみられます。

また、天正11年に三成と木村が兼続と狩野秀治(兼続とともに景勝政権の中枢にあった)に宛てた書状「石田三成書状」(市立米沢図書館所蔵)も展示されており、そちらでも三成と兼続の実務者同士のやり取りをみることができます。三成の書状は「副状(添状)」といって、秀吉が景勝宛てに送った書状の内容を確認・補足する役割を持つ文書となっています。こちらはセットで展示されていますので、内容を見比べてみると面白いですよ。
そのほか、ご存じ「石田三成画像」(通期展示/大阪城天守閣蔵)も展示されています。
三成の活動が史料に出てくるのは天正11年(1583)以降のこと。当時まだ二十代前半だった三成ですが、翌年から上杉家との交渉の中心として活動しており、外交面でのキャリアは上杉家に始まったといえます。三成にとっても、景勝の執政だった兼続は欠くことのできない存在だったわけですね。

今後の友好関係は兼続次第!伊達政宗からの期待

続いては、兼続と伊達政宗との関係に着目。全国統一の過程で、景勝が秀吉から期待されたのは、服属していない大名との仲介でした。その対象となるひとりが、政宗だったのです。
「伊達政宗書状」(国宝『上杉文書』/米沢市上杉博物館蔵...

「伊達政宗書状」(国宝『上杉文書』/米沢市上杉博物館蔵)※後期は『官庫書』の写しを展示

政宗から景勝に送られた、新発田重家の乱平定を祝ったこの書状。政宗はここに、景勝との関係を今後も密にしていくことを切望しています。

そしてこの書状とセットで展示されているのが、兼続宛てに送られた「伊達政宗書状写」(『政宗君記録事蹟考記(引証記)』巻2)です。
そこには、景勝に宛てたように乱の平定を祝ったうえで、「今後の上杉家との友好関係について、結局は兼続次第である」と書いているのです。
政宗ならではの大袈裟な表現にも思われますが、上杉家家中における兼続の重要性を示している証といえますね。
32 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大河ドラマで注目度アップ!山形に残る直江兼続の足跡

大河ドラマで注目度アップ!山形に残る直江兼続の足跡

2009年のNHK大河ドラマ『天地人』では主人公として妻夫木聡さんが演じ話題になり、2016年の『真田丸』ですっかり人気が定着した直江兼続。上杉家の家老として活躍した兼続ゆかりの地をご紹介します。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
2018年は400回忌!特別展「直江兼続」が米沢市上杉博物館で開催

2018年は400回忌!特別展「直江兼続」が米沢市上杉博物館で開催

大河ドラマ『天地人』でおなじみ、米沢藩の初代藩主・上杉景勝に仕えた直江兼続。400回忌にあたる2018年、米沢上杉博物館にて特別展「直江兼続ー兼続と新時代を切り開いた人たちー」が4月21日(土)より開催されます。兼続と武将との関わりに着目し、兼続の功績を見直した、戦国ファン必見の特別展の内容をご紹介します。
山形の発展に力を尽くした戦国武将・最上義光ゆかりの地

山形の発展に力を尽くした戦国武将・最上義光ゆかりの地

初代山形藩主の最上義光(もがみよしあき)。伊達政宗の伯父として小説やドラマ、映画などで目にする機会が多いと思いますが、山形繁栄の礎となったその生涯をご存知ない方もいらっしゃるのはないでしょうか?今回は最上義光の生涯と山形に残る義光ゆかりの地をご紹介いたします。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~上杉謙信・景勝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は上杉家ゆかりの御朱印をご紹介します。上杉家といえば上杉謙信の本拠地・春日山。そして上杉景勝の時代に移封となった米沢です。どちらも上杉家らしい、威厳と厳格が感じられる素敵な寺社が特徴的です。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

戦国一の猛将・本多忠勝の名槍「蜻蛉切」がゆかりの地・岡崎で公開

6月2日(土)より愛知県の岡崎市美術博物館で開催される「名刀は語るー美しき鑑賞の歴史ー」。静岡県三島市の佐野美術館の収蔵品より、国宝・重文含む約100件の名刀、刀装具が揃います。目玉は何と言っても本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真作(号 蜻蛉切)」の展示。戦国&刀剣ファンは必見です!
女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

戦国武将にも筆まめな人は数々いるのですが、中でも恋文もといラブレターを残した武将がいることはご存知でしょうか?愛する人への思いは誰でも同じ。戦に明け暮れ、次の日の生死すら予測できない日々において、彼らが書き送ったラブレターはどんなものだったのでしょうか?
第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

第1回:桶狭間の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載がスタート。第1回は「桶狭間の戦い」です。織田信長が今川義元を討ち取り、天下統一への足掛かりとした合戦はどんな場所で行われたのか?信長の足跡を辿りながら、合戦の経緯とゆかりの地をご紹介します。
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。