“鍋島化け猫騒動”がテーマ!九州最大級のお化け屋敷「おばけ街道」が佐賀県嬉野市で開催
2018年7月5日 更新

“鍋島化け猫騒動”がテーマ!九州最大級のお化け屋敷「おばけ街道」が佐賀県嬉野市で開催

佐賀県嬉野市の肥前夢街道が開催する夏の人気イベント「おばけ街道」。園内全体を利用し、全長700mを超える"九州最大級"のお化け屋敷として話題を呼ぶ本イベント、2018年の今年は佐賀に伝わる「化け猫騒動」をテーマに、その恐怖を体験できます。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (21993)

佐賀に伝わる“鍋島化け猫騒動”をテーマにしたお化け屋敷

佐賀藩の2代藩主・鍋島光茂が、碁の相手を務めていた家臣の龍造寺又七郎を斬殺。息子を殺された母親が可愛がっていた飼い猫にその恨みを語り自害すると、その血を舐めた猫が"化け猫"となり、光茂や藩内の人間を毎晩襲う・・・というこの「鍋島化け猫騒動」。

後に芝居や映画化もされたこの伝説をもとに、肥前夢街道の「おばけ街道2018 ~鍋島化け猫騒動の怪~」では化け猫を鎮められるかチャレンジ!

ルール

鍋島藩を騒がせた化け猫を鎮めるために、 園内の神社に設置してある「清めの鈴」を探し、 それをゴール地点まで届けてください。 園内には"化け猫"の霊や、 それを追う"落ち武者"の霊が彷徨っています。 くれぐれも後戻りしないよう、 お気を付けください。

(スポット)
1. ~又七郎の無念~(又七郎惨殺現場)
2. ~母の怨念と化け猫~(母自害、 そして化け猫へ)
3. ~鳴り響く鈴~(園内に化け猫が蠢く)
4. ~化け猫を追う者~(化け猫に殺された家臣団の逆襲)
5. ~決着~(化け猫退治)
6. ~猫を鎮める鈴~(ミッションである鈴を回収)
7. ~最後の悪夢~(ゴール地点に鈴を届けると・・・)
via 元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道
佐賀ならではのお化け屋敷、開催は8月13日(月)の1日限定です。
夏の夜に涼みに行ってみてはいかがでしょうか?

おばけ街道2018 ~鍋島化け猫騒動の怪~

 (21986)

日時:【1日限定】2018年8月13日(月)20時~21時半(最終受付21時)
料金:3歳以上一律600円 (当園の入園券半券をご持参で100円OFF)
場所:元祖忍者村 嬉野温泉 肥前夢街道
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

佐賀発祥の『葉隠』を体感しながら学ぶ!肥前さが幕末維新博「葉隠みらい館」

江戸時代の武士の心得がまとめられた『葉隠(はがくれ)』。伝え継がれて300年、今も多くの著名人に影響を与えています。その『葉隠』の魅力を体感しながら学べるのが、佐賀県で開催中「肥前さが幕末維新博覧会」のテーマ館である「葉隠みらい館」です。今あなたに必要な葉隠の名言を探し、今をより良く生きる“意志”を発見してみませんか?
直正公の写真が14年ぶりに公開!幕末明治の鍋島家が分かる徴古館【肥前さが幕末維新博覧会レポ③】

直正公の写真が14年ぶりに公開!幕末明治の鍋島家が分かる徴古館【肥前さが幕末維新博覧会レポ③】

佐賀県で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」レポート第3弾は、鍋島家ゆかりの品々の貴重な現物が展示されている徴古館。大名から華族(侯爵)となった、幕末から明治にかけての鍋島家の歴史を紹介する特別企画展『幕末明治の鍋島家 大名から侯爵へ』展をレポートします。
江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

「維新十傑」や「佐賀の七賢人」に名を連ね、明治維新において大きな存在感を発揮した江藤新平。しかし佐賀の乱で敗れ、首をさらされるなど、その末路は維新の功労者とは思えないほど悲惨なものでした。そんな彼の功績と、彼が現在眠っているゆかりの地についてご紹介します。
佐賀の技術力の原点と最先端に出会う!佐賀城本丸歴史館編【肥前さが幕末維新博覧会レポ②】

佐賀の技術力の原点と最先端に出会う!佐賀城本丸歴史館編【肥前さが幕末維新博覧会レポ②】

現在佐賀県で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」。メインパビリオン・幕末維新記念館に続き、第2弾では佐賀城本丸跡地にある「佐賀城本丸歴史館」へ。5月13日までの特別展『肥前さが幕末維新の「技」~日本の産業革命は佐賀から始まった~』で展示中の貴重な展示品を中心にご紹介します。
【肥前さが幕末維新博覧会レポ①】佐賀の技術は今も昔もスゴい!幕末維新記念館編

【肥前さが幕末維新博覧会レポ①】佐賀の技術は今も昔もスゴい!幕末維新記念館編

「薩長土肥」といわれるように、明治維新の鍵を握っていた肥前=佐賀。2018年は明治維新150年を記念し、3月17日~2019年1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」が開催中。県内各地で鍋島直正公ら佐賀の七偉人にちなんだ企画展が開催され、アート・食といった様々なジャンルから佐賀の歴史が体感できます。開幕直後の維新博へ編集部が現地取材、その盛り上がりをレポートします!
第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
肥前佐賀藩発祥!現代も読み継がれる武士道書『葉隠』とは?

肥前佐賀藩発祥!現代も読み継がれる武士道書『葉隠』とは?

「武士道といふは死ぬ事と見付けたり」。これは、佐賀藩士・山本常朝によって口述された武士道書『葉隠』の一説です。戦のない時代の武士の心得を表した『葉隠』は佐賀藩士の柱となり、現在も日常やビジネスに役立つ心構えとして多くの人に読み継がれています。今回は『葉隠』の内容とともに、発祥の地である佐賀県と著者・山本常朝について、歴史・文学研究家の福田智弘さんがご案内いたします。
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

【薩長土肥の「肥」】幕末のトップランナー!肥前藩主・鍋島直正の先進的改革

明治維新期に薩長と肩を並べた勢力・肥前。その藩主だった鍋島直正は「肥前の妖怪」と呼ばれ恐れられた傑物でした。時代のはるか先を見据えていた彼が行った改革は、どの藩よりも先進的だったのです。そんな彼の功績とゆかりの地をご紹介したいと思います。