お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!
2017年9月14日 更新

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

昨年初開催された『お城EXPO』が今年も開催!2017年12月22日(金)から12月24日(日)にパシフィコ横浜の会議センターにて行われます。お城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、お城のスペシャリストによる講演会など、知識を深められるプログラムが盛りだくさん!9月15日(金)のチケット発売を前に、見どころをたっぷりご紹介いたします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

3日間でも足りない!城好きのためのプログラムが盛りだくさん!

昨年初開催された『お城EXPO 2016』

昨年初開催された『お城EXPO 2016』

via 写真:ユカリノ編集部
城郭文化の振興と発展、お城好き同士の交流を目的として開催される『お城EXPO 2017』。昨年初開催され、3日間で述べ18000人以上のお城ファンが集まり、話題となりました。

今年も「日本100名城&続日本100名城写真展」をはじめ、厳選されたお城の貴重な映像を公開する「お城シアター」、お城めぐりに役立つとっておき情報や周辺観光情報を発信する「城めぐり観光情報ゾーン」、戦国の城をテーマにした「エンタメステージ」、人気のご当地キャラが大集合する「イベントステージ」と、3日間フルに楽しめるイベントが開催されます。
昨年のイベントステージに登場した、人気者のひこにゃん

昨年のイベントステージに登場した、人気者のひこにゃん

via 写真:ユカリノ編集部

日本唯一の城郭調査絵図が初公開!

「陸軍省城絵図」

「陸軍省城絵図」

富原文庫蔵
via 画像提供:戎光祥出版
今回の目玉のひとつは、何と言っても「陸軍省城絵図」(富原文庫蔵)展示です。
「陸軍省城絵図」とは、明治5年に国内の城郭を管轄していた陸軍省が、全国各地の城跡の施設・敷地を有効活用するために作成した、日本唯一の城郭調査絵図です。絵図の多くは長らく海外に渡っていましたが、今回『お城EXPO 2017』で、展示会では初公開となる絵図を中心に十数点が展示されます。これは見逃すわけにはいきません!

ここでしか聞けない講演会に参加しよう!

写真:「お城EXPO 2017」事務局 (7140)

via 写真:「お城EXPO 2017」事務局
また、開催期間中は、 『お城EXPO 2017』でしか聞けない貴重な講演会やトークショーを連日開催されます。戦国研究の第一人者でお城EXPO実行委員会委員長でもある小和田哲男さんをはじめ、中井均さん、 加藤理文さんによる「続日本100名城」についてや、 千田嘉博さんによる今年発見され話題となった「江戸城始図」の話など、 お城のスペシャリストたちが登壇されます。

城好きとしても有名な春風亭昇太さんや、多数のテレビ出演で人気の本郷和人さん、お城の本も出版されている小説家の伊東潤さん、日本建築の専門家である三浦正幸さんなど、お城の祭典ならではの豪華なメンバーが大集合。この機会にぜひ、チェックしよう。
【厳選プログラムスケジュール】

■12月22日(金)
A 13:30~14:30 「中世の続日本100名城について」中井均
B 15:00~16:00 「近世の続日本100名城について」加藤理文
C 17:00~18:00 「戦国の城の魅力と見どころ」小和田哲男
D 19:00~20:00 「戦国夜話~前田家の城・細川家の城~」本郷和人

■12月23日(土)
E 11:00~12:00 「三大名城について考える」春風亭昇太、 萩原さちこ
F 12:30~13:30 「江戸城始図から見た江戸城」千田嘉博
G 14:30~16:00 「関ケ原合戦における豊臣家の位置」笠谷和比古、 小和田哲男、 小和田泰経
H 16:30~17:30 「天守の構造と意匠を見直す」三浦正幸

■12月24日(日)
I 11:00~12:00 「信長の天下戦略と長篠城攻防戦」金子拓
J 12:30~13:30 「武田氏の領国拡大と城郭」平山優
K 14:00~15:00 「城を攻める 城を守る」伊東潤、 樋口隆晴
L 15:30~16:30 「北条氏の領国と城」諏訪間順、 黒田基樹

チケットは9/15より発売!

9月15日(金)より発売されるチケットは、テーマ展示やイベントが楽しめる「入城券」と、厳選プログラム(講演会、フォーラム、トークショー)をお選びいただく「厳選プログラム指定券」のほか、 指定日のテーマ展示と厳選プログラムに終日参加できる「ワンデイ入城券」の3種類。「ワンデイ入城券」は前売りのみ、数量限定のお得なチケットです。気になる人は、お早目にお買い求めください。
【『お城EXPO 2017』概要】

開 催 日:2017年12月22日(金)~12月24日(日)
開城時間:12月22日(金)13:00~21:00(最終入城 20:30)
     12月23日(土・祝)10:00~18:00(最終入城 17:30)
     12月24日(日)10:00~17:00(最終入城 16:30)
会場:パシフィコ横浜 会議センター
※都合により、内容、プログラムは変更になる場合がございます。

【チケット情報 】

一般発売日:2017年9月15日(金)

■入城券(テーマ展示の観覧が可能)
一般 当日1800円/前売1500円
小・中学生 当日800円/前売500円
※税込価格 ※未就学児は無料 
※会期中のいずれか1日にテーマ展示の全てをご覧いただけます。

■厳選プログラム指定券(入城券と合わせてご購入ください)
一般/小・中学生 当日・前売1000円(1講演につき)
※税込価格 ※一般/小中学生は一律料金
※厳選プログラムの中の1つをご指定の上、お買い求めください。
※前売り状況などにより予告なく前売券や当日券の販売を終了する可能性がございます。
※未就学児の厳選プログラムへの参加はご遠慮ください。

■ワンデイ入城券(テーマ展示と厳選プログラムに終日参加可能)
一般/小・中学生 前売3500円
※税込価格 ※一般/小中学生は一律料金
※当日券の販売はございません。
※数量限定
※指定日の全てのプログラムを終日ご参加できます。
※チケットぴあのみで販売します。

チケット取り扱い:チケットぴあ、 ローソンチケット、 イープラス

※詳細は公式ホームページでご確認ください
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

第2回:戦国一の規模を誇った名城!北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

4月6日の「城の日」に「続100名城」が発表されるなど、盛り上がりを見せる城ブーム。天守や石垣のない「土の城」に行ってもよくわからないという人のために、今回は、城の基本的な仕組みがわかる&首都圏近郊で行きやすい3つの城「早川城」「深大寺城」「小机城」をご紹介。週末の日帰り旅、またはGWにもおすすめです。
関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

気づかないだけで、意外に東京のすぐ近くにもある戦国の「土の城」。今回は、そんな土づくりの城を実際に歩いてみたいという人のために、準備や持ちもの、歩く時に気をつけたいことを伝授。暖かくなったら出かけたい、戦国武将ゆかりの城とともにご紹介します。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。
2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年の干支「イノシシ」ゆかりの城、真壁城・小田原城

2019年は亥年。猪のように猪突猛進に突き進んでいきたいですね。そこで今回は猪にゆかりのあるお城をチョイス。お城充をしながら干支のご利益にあやかってみてはいかがでしょうか。
2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年は小田原・静岡・甲府に注目!500年記念に沸く戦国大名ゆかりの地

2019年、様々な500年の節目を迎える戦国大名たち。神奈川県小田原市では北条早雲の没後500年、静岡県静岡市では今川義元の生誕500年、そして武田氏ゆかりの地・山梨県甲府市では開府から500年となり、それぞれのゆかりの地は記念事業で盛り上がっています。あらためてその功績を見直すとともに、記念のお祝いに出かけてみてはいかがでしょうか?
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

【日和見?律儀?】評価が分かれる佐竹義宣、秋田の礎を築いた藩政改革

元亀元年7月16日(1570年8月17日)、常陸の戦国大名・佐竹義宣は「鬼義重」こと佐竹義重の息子として誕生しました。父の築いた地盤を受け継いで常陸をほぼ手中に収めた義宣ですが、関ヶ原の戦いの後は遠く出羽へと転封されてしまいます。その理由は彼の人となりが原因だった?今回は佐竹義宣の生涯とゆかりの地をご紹介します。