イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】
2018年9月4日 更新

イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、千葉県で開催される「大原はだか祭り」「上総十二社祭り」、2つの「裸祭り」をご紹介します。どちらもその起源は古く、秋の風物詩として地元で親しまれています。躍動感ある神輿と参加者の生き生きとした姿はまさにフォトジェニック!その見どころを写真でご紹介します。

芳賀日向芳賀日向

撮影:芳賀日向 (23422)

via 撮影:芳賀日向
千葉県房総半島の港は、秋に豊漁を願う威勢の良い神輿の祭りがおこなわれます。
白いさらしを巻いた男たちが神輿を担ぎ海岸線を走り、海中で揉み合うのです。普通の神輿には、縦棒と横棒が組み合わされていますが、房総半島の神輿には横棒はありません。それは曲がりくねった道でも走り抜けられるようになっているからです。それだけに担ぎ手の負担は大変ですが、どの神輿も威勢良く走ります。今月はその中から2つの祭りをご紹介します。

“神輿のトライアスロン”といわれる「上総十二社祭り」(千葉県一宮町)

千葉県一宮町で、9月中旬に行われるのが「上総十二社祭り(かずさじゅうにしゃまつり)」。

2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場となる一宮町釣ヶ崎海岸。そこは神話の聖地でもあるのです。
古代には、海の神の娘とされる女神「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」とその一族が上陸したといわれています。玉依姫命は玉前神社の祭神として祀られ、一族の神々も周辺11の神社に祀られました。

年に一度、神々が上陸した釣ヶ崎海岸を御旅所として12の神社から御霊が分けられた神輿に乗って来て再会するのが「上総十二社祭り」です。記録によると、約1200年の歴史があるといわれています。

この祭りのすごいことは別名「神輿のトライアスロン」と呼ばれ、神輿一基の重さはなんと360~480kg!これを担いで休むことなくひたすら走って、御旅所の釣ヶ崎海岸に来るのです。
現在ご神幸するのは9基の御輿ですが、神社から御旅所までは片道8キロ以上もあります。担ぎ手一人が神輿を担いで走れる距離は数十メートル。そのために周囲を併走する100人が次々と交替します。
衣装は男女、子供も白のサラシを巻き、白パン、白足袋姿です。神輿を担げない女性、子供は神輿の先端にある綱を引っ張って走ります。
男たちが神輿を担ぎ、子供も女性も皆、ひたすら走ります。

男たちが神輿を担ぎ、子供も女性も皆、ひたすら走ります。

via 撮影:芳賀日向
見所は、御旅所の手前、九十九里浜の波打ち際を駆け抜ける先頭集団の5頭の馬。
先頭は御幣を鞍の上に乗せた「神馬(かんのうま)」。神様を乗せた馬なので勢い良く跳ねながら走ります。そして「神主(こうぬし)」、「命婦(みょうぶ)」とばれる稚児役の幼児が続きます。
玉前神社の祭神「玉依姫命」を馬の鞍におうつしした「神馬...

玉前神社の祭神「玉依姫命」を馬の鞍におうつしした「神馬(かんのうま)」が勢い良く走る。

via 撮影:芳賀日向

【プロが教える撮影ポイント】

釣ヶ崎周辺がハイライトとなる場所です。釣ヶ崎海岸に建っている鳥居を背にして海を正面に見ると左側に堤防と堤防の間に浜があります。浜の幅は約200m位です。神馬や馬に乗ったお稚児さん、神輿はこの方向からやってきます。カメラマンが多く並ぶ所では元気よく走ります。

大切なマナーとして、カメラマンは浜側に一列に位置を取って海側の背景を空けましょう。
髪の毛が浮き上がったことによりスピード感がでます。

髪の毛が浮き上がったことによりスピード感がでます。

命婦のスピード感は、髪の毛が弾んで浮き上がったところにあります。また水平線と首が重ならないようにカメラの高さを事前に確認しましょう。
失敗例

失敗例

髪の毛が寝てしいました。
カメラマンは海側に位置するのをやめましょう。
すべての神輿が御旅所の釣ヶ崎海岸に集まるのが午後3時過ぎ。そこで一斉差し上げが行われます。神輿が高く差し上げられ、お互いにくっつき練り合うのです。見事な連帯感です。

そして最後のハイライトは鳥居くぐり。
次々に、神輿と人々が大きな鳥居の下を走り抜けて行きます。そして別れを惜しみながら各神社へと戻り、宮入をして祭りは終わります。
すべての神輿が高く差し上げられる「一斉差し上げ」

すべての神輿が高く差し上げられる「一斉差し上げ」

via 撮影:芳賀日向
鳥居の下から一気にダッシュ。「鳥居くぐり」

鳥居の下から一気にダッシュ。「鳥居くぐり」

via 撮影:芳賀日向
女性たちも元気に「鳥居くぐり」

女性たちも元気に「鳥居くぐり」

via 撮影:芳賀日向
44 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

芳賀日向

芳賀日向

はがひなた。祭り写真家。1956年長野県生まれ。米国西イリノイ大学文化人類学科卒業。30年間に渡り世界の祭り48ヵ国、日本各地の祭りを撮り続ける。週刊朝日百科『日本の祭りシリーズ』連載(朝日新聞出版)、『祭りを撮る』監修(旅行読売出版社)、『日本全国祭り図鑑』監修(フレーベル館)など。写真展「世界のカーニバル」、「被災地の夏祭り」(キヤノン)他。日本写真家協会会員。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、夏に開催されるご当地伝統のお祭りから、お化けや仮面、あの世からの亡者も登場するちょっとコワい奇祭を5つご紹介します。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

清少納言も徳川将軍も!いつの時代も夏はやっぱりかき氷

7月25日は「夏氷」という語呂合わせから「かき氷の日」とされています。暑い夏を乗り切るため、涼を求めて食べるかき氷。甘いシロップがかかった冷たい氷を一口食べるだけで涼しさを感じますね。平安時代から食べられていたというその歴史や、当時の食べ方などをご紹介します。
【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

【7月13日はオカルト記念日】日本にもエクソシストはいた?各地に残る悪魔払いの風習

今から44年前の7月13日、日本で初公開され大ヒットしたのが、オカルトブームの火付け役となった映画『エクソシスト』。これを記念して、7月13日は「オカルト記念日」に制定されているのをご存知でしょうか。そこで今回は「エクソシスト=悪魔払いの祈祷師」にちなんで、日本に残る「悪魔払い」の風習や、それにまつわる場所を紹介します。
祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の風物詩・花火大会と夜祭りです。全国各地で開催される祭りから、特にフォトジェニックなものをプロが厳選。花火の上手な撮影方法も伝授します!
那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の火祭りです。神霊の送迎や火による清めなどの意味を持つ火祭りは、7~8月の盆行事の頃に行われます。その中でも特におすすめの3つをご紹介。火祭りの上手な撮影方法も伝授します!
全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

全国より厳選!2018年夏休みにおすすめの歴史イベント10選

夏といえばおまつり!2018年の夏休みも全国ではさまざまな歴史イベントが催されます。東京では特別展「縄文」が、京都では二条城の特別公開が開催。アツい武将まつりから涼しい水軍まつり、一度は行きたい伝統のまつりまで、10のイベントを厳選してご紹介。夏休みの国内旅行の予定がまだ決まっていない人は必見です。
今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。