爆死だけじゃない!戦国一の梟雄・松永久秀のエッチマニュアル?
2017年12月19日 更新

爆死だけじゃない!戦国一の梟雄・松永久秀のエッチマニュアル?

斎藤道三、宇喜多直家とともに、戦国三大梟雄に数えられる松永久秀。あの織田信長を2度も裏切った(1度は許されている)スゴい奴です。最期は爆死することでも有名な久秀ですが、実は、彼は現代のSEXハウツー本ともいえる持論まで残しているんです。戦国一、腹の読めない彼が唱えるエッチマニュアルの内容を、ゆかりの地と共にご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

信長を2度も裏切り、最期は爆死!?

切腹直前、古天明平蜘蛛を叩き割る久秀

切腹直前、古天明平蜘蛛を叩き割る久秀

月岡芳年筆
松永久秀は出自不詳の人物。しかし有能な男であり、信長よりも先に事実上の天下人となった三好長慶の家宰となり重用されます。また、室町幕府13代将軍・足利義輝からも信頼されるほどでした。

長慶が没すると、三好家の家宰として実権を掌握し、ほぼ家を乗っ取った状態となります。
永禄8年(1565)には、三好家の3人の重臣「三好三人衆」と久秀の息子・久通によって、将軍義輝を暗殺する永禄の変が起きますが、久秀自身も一枚噛んでいたのではと推測されています。

その後、三好三人衆と対立し、永禄10年(1567)の東大寺大仏殿の戦いでは大仏が焼け落ちるほどの熾烈な争いを繰り広げました。
現在の東大寺の大仏

現在の東大寺の大仏

久秀らの争いによって、大仏殿と共に頭部を失った大仏さま。その後、十分な資金が集まらず、大仏は頭部を銅板で仮補修した程度にとどまり、長い間雨風にさらされ続けていたそう。約150年後の宝永6年(1709)にようやく大仏殿が完成し、現在の寺院構成になりました。
やがて、織田信長が勢力を拡大してくると、あっさりと臣従。一度は信長を裏切り挙兵しますが、敗戦後なぜか許されています。

しかし再び久秀は信長を裏切り、石山本願寺攻めの最中に突如撤退し、居城・信貴山城に立て籠もりました。信長すら戸惑い、理由を問いただすも、久秀は答えることはなく、50日間の籠城の末、天守に火を放ち自害しました。

名茶器「古天明平蜘蛛」を差し出せば許すと信長に言われたそうですが、久秀は嘲笑うかのようにそれを叩き割り、仕込んでいた火薬もろとも爆死したとも言われています。

松永久秀ゆかりの地・信貴山城

頂上より少し下がった場所にある「信貴山城址」碑

頂上より少し下がった場所にある「信貴山城址」碑

近鉄信貴線「信貴山口駅」から西信貴ケーブルで「高安山駅」下車、バスで「信貴山門」下車。
久秀の居城であり、終焉の地でもある信貴山城は、奈良県平群町にある標高443mの信貴山・雄嶽の頂上にありました。
現在も110以上を超える曲輪や空堀、土塁などがそのまま残されています。
朝護孫子寺

朝護孫子寺

バス停「信貴山門」から徒歩10分で、聖徳太子が創建したと言われる朝護孫子寺があります。
そこから、信貴山城の主郭で最高峰である空鉢護法堂までは、徒歩約30分です。登りになるので、動きやすい服装と、山靴かスニーカーがおすすめです。
頂上にある空鉢護法堂

頂上にある空鉢護法堂

4層もの天守が建てられていたとされる本丸跡

4層もの天守が建てられていたとされる本丸跡

主郭にある本丸跡には4層の天守が建てられていたといわれていますが、定かではありません。
登るのは少し大変ですが、頂上からの眺めは絶景!久秀は景色を見渡したことでしょう。そして大きな野望を胸の内に育て、やがて散って行ったわけです…。
久秀も眺めたかもしれない、山頂からの眺め

久秀も眺めたかもしれない、山頂からの眺め

25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

関ヶ原にひるがえる!石田三成の家紋“大一大万大吉”の謎に迫る【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

可愛すぎる鬼“猫”島津登場!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:前編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!あの釣り野伏戦法や、鬼島津と呼ばれた義弘公たち四兄弟の戦いぶりを、ゆるく可愛く紹介します。
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

信長の采配に武田軍大敗!多くの名将も散った長篠の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第2回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第2回は「長篠の戦い」です。1575年6月29日(天正3年5月21日)、織田信長・徳川家康の連合軍と、武田勝頼の軍勢が現在の愛知県新城市近辺で激突。織田軍による鉄砲隊の活躍により、当時最強といわれた武田騎馬隊は大敗。武田軍の名将たち最期の場所など、合戦ゆかりの地をご紹介します。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は桔梗紋じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。