戦場で食べれば戦闘能力アップ!?加藤清正と陣中の馬肉鍋【偉人が愛した肉料理:第4回】
2018年7月29日 更新

戦場で食べれば戦闘能力アップ!?加藤清正と陣中の馬肉鍋【偉人が愛した肉料理:第4回】

毎月29日の「肉の日」にちなみ、食文化史研究家の永山久夫さんが偉人が愛した肉料理を紹介する連載。第4回は加藤清正が広めたといわれる『馬肉』です。戦国時代、戦場でも食べられたという馬肉。今も熊本名物として愛される馬肉料理とその栄養についてご紹介します。

永山久夫永山久夫

鬼将軍と恐れられた清正公

「馬肉は、加藤清正公(1562~1611)の頃から食べてきた、熊本の名物料理なんですよ。」
土地のご年輩の方が自慢するように、その歴史は古い。

豊臣秀吉(1537~1598)の天下取りを強力に支えた清正は、戦国時代後期の武将で、身長は六尺(約180センチ)以上あったというから迫力が違う。
顔面に黒々とした髭を生やし、その眼光でにらまれると、生きた心地もしなかったという。敵からは「鬼将軍」と恐れられたが、家臣や領民には慈父のように心優しかったそうだ。
加藤清正

加藤清正

清正は、普段は玄米飯を主とした粗食であり、家臣にも「食は玄米たるべし」とすすめている。
合戦場では兵糧不足はよく起こることで、普段から飢えに対する心構えを持っていないと生き残れない。

兵糧米が切れると、野草や野獣など、入手可能なもので腹を満たして戦った。
なかでも喜ばれたのが、味の良い馬肉。
上杉氏に関する軍学書である『北越軍談』にも、糧穀尽きたる時には「牛一匹を屠りて一日五千人の食とす。馬一匹もこれに同じ」とある。歴戦の将である清正も、兵糧不足になった時に、体力をつけるために馬肉を食べたのではないだろうか。

ああ、馬刺し美味なり!

写真:熊本市観光ガイド (22612)

via 写真:熊本市観光ガイド
合戦場にはたくさんの軍馬が入り込んでいたが、流れ弾などで事故死する馬もたくさんあり、これを非常食として食料とした。
大鍋で煮込む場合が多かったが、戦場の馬は鮮度も良かったので、刺身で舌鼓を打つ武将もいただろう。

江戸時代になり、平和が続いてグルメになると、イノシシなどの肉料理を提供する“ももんじ屋”が出現し、馬肉も好まれるようになる。馬肉料理の店が特に多かったのは、江戸の場合、遊郭のあった𠮷原近辺。安価でスタミナがつくところから、男たちに人気があった。
なかには、馬で𠮷原に乗り込んだ旗本が、遊ぶ金に不足して、馬肉屋に馬を売ったなどというエピソードまで残っている。

馬肉にはアミノ酸バランスの良いタンパク質に加えて、ビタミンB類やアルギニン、亜鉛が多く、スタミナ強化に役立つ。武将たちが好んで食べていたのも、戦闘能力がパワーアップする効果を知っていたからではないだろうか。

戦国の合戦場をイメージしながら、豪快にほおばってみよう。
霜降りの馬刺しをショウガ醤油で食べたら、病みつきになること受けあいなり!
7 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

永山久夫

永山久夫

食文化史研究家。食文化史研究所、綜合長寿食研究所所長。元西武文理大学客員教授。古代から明治時代までの食事復元研究の第一人者。長寿食や伝統的な和食の研究者でもあり、長寿村の食生活を長年研究している。著書に『永山豆腐店 豆腐をどーぞ』『和食の起源』『日本人は何を食べてきたのか』『100歳食入門』『長寿食365日』『なぜ和食は世界一なのか』など多数。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

【馬刺しの産みの親!?】加藤清正が日本に持ち込んだゆかりの食べ物

豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍、熊本城の築城、関ヶ原後は肥後熊本藩の初代藩主と、様々な顔をもつ加藤清正。朝鮮出兵時に清正が持ち込んだ食べ物は、今でも地元の名産として親しまれています。1611(慶長16)年8月2日は清正の命日にちなみ、清正ゆかりの食べ物をご紹介します。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!
西郷×とんこつ、東郷×肉じゃが…偉人と肉料理のステキな関係

西郷×とんこつ、東郷×肉じゃが…偉人と肉料理のステキな関係

皆さん、肉はお好きですか?歴史上の偉人たちと肉料理には、面白いエピソードが多数あるんです。そもそも昔の日本では肉食はタブーでしたが、そのパイオニアとなった人物は誰だったのでしょうか?
天下を目指した織田信長の家紋「五瓜に唐花紋」【家紋のルーツ:第4回】

天下を目指した織田信長の家紋「五瓜に唐花紋」【家紋のルーツ:第4回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は織田信長の家紋「五瓜に唐花紋」です。そのルーツをたどり、織田氏発祥の地を紐解いていくと、意外な場所との関係も…?
「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

「家康の天下は黒田家のおかげ」黒田長政の遺言書が福岡市博物館で公開中

元和9(1623)年8月4日は、福岡藩初代藩主・黒田長政の命日です。彼が亡くなる2日前に遺した「黒田長政遺言覚」が、福岡市博物館にて2018年7月31日(火)から9月30日(日)まで展示中。その内容は、黒田家の御家存亡を憂いたものだったようで…。
歴史上のすごい人は、やばい人!?『東大教授がおしえる やばい日本史』が話題

歴史上のすごい人は、やばい人!?『東大教授がおしえる やばい日本史』が話題

聖徳太子、紫式部、織田信長、坂本龍馬…日本人なら知らない人はいないであろう、歴史上の“すごい”人物の“やばい”部分を紹介した話題の新書『東大教授がおしえる やばい日本史』(ダイヤモンド社)。歴史好きにはもちろん、歴史って難しそう…という人にこそ読んで欲しい本書の見どころを少しだけご紹介します。
戦国最強!?鬼日向・水野勝成の豪快な逸話とゆかりの地

戦国最強!?鬼日向・水野勝成の豪快な逸話とゆかりの地

「鬼」が付く呼び名は勇将の証ですよね。今回ご紹介する水野勝成は、「鬼日向」と呼ばれた剛の者でした。しかも強さがハンパじゃない上に、キャリアも実にユニーク。藤堂高虎も真っ青なほど次々に主を変えた勝成の逸話とゆかりの地をご紹介します。