鎌倉・荏柄天神社と「学問の神様」菅原道真の書の謎
2016年12月27日 更新

鎌倉・荏柄天神社と「学問の神様」菅原道真の書の謎

鎌倉にある荏柄天神社は、1104年に創建され「学問の神様」菅原道真を祀る神社として有名です。そんな道真公ゆかりの荏柄天神社に伝わるエピソードをご紹介します。

こまきこまき

「天神」とは「天満大自在天神」の略。讒言から太宰府へ左遷され、失意の内に亡くなった菅原道真(845~903)の神号です。嫉みから道真を陥れた人々はその祟りを怖れ、神として崇めました。天神さまの生涯と霊験を描いた「荏柄天神縁起」が伝来し(現在は尊経閣文庫蔵)、「怒り天神」と呼ばれる「天神坐像」「天神立像」がお祀りされているのが鎌倉の荏柄天神社(鎌倉市二階堂74)です。
 (1330)

ピンチから救出してくれる怒り天神

重要文化財 天神坐像

重要文化財 天神坐像

(天神坐像。弘長元年(1261)造立。国重要文化財。神奈川・荏柄天神社所蔵。)
荏柄天神社の縁起には、道真の死から約200年後の長冶元年(1104)に空から天神さまの絵が降ってきたことから二階堂に社を建てたのが始まりとあります。平安時代の中頃でした。それから時は経ち、二階堂の隣の大蔵の地に源頼朝が鎌倉幕府を開きました。頼朝は鎌倉幕府の鬼門(北東)にある荏柄天神社を守護社として崇敬しました。

北条氏の頃には、謀反の冤罪を訴えた渋河兼守が荏柄天神社へ和歌10首を献じ、それを見た源実朝が歌に感じ入って処刑が取りやめられたこともありました(『吾妻鏡』)。
この他にも天神さまが冤罪を晴らしてくれたいくつもの話が伝わっています。怨霊信仰は怒りの強さと加護の力の強さが比例するものです。荏柄天神社に祀られている憤怒の御顔の「怒り天神」は虐げられた者に味方してくれる神の姿なのですね。

寺子屋での天神さまと筆跡の謎

菊池容斎『前賢故実』内「菅原道真」

菊池容斎『前賢故実』内「菅原道真」

道真が左遷されたのは、抜群に頭が良く文芸に秀でていた上に政治家として有能すぎたからでした。ですから天神さまが学問の神様として崇められるようになったのは自然な流れですね。江戸時代の寺子屋では道真の絵が壁に掲げられ、道真の命日である毎月25日は寺子屋の祝日と定められて手習い上達を祈願しました。

「通りゃんせ」というわらべ唄をご存知ですか。横断歩道の音響信号でメロディを聞いた方も多いことでしょう。この「通りゃんせ」の歌詞の中に「この子の七つの御祝いに御札を納めに参ります」という一節があり、これは7歳になった子どもが天神さまにお参りする習慣からきています。

このように天神さまは書道の神=書聖として信仰されてきた歴史があり、荏柄天神社では1月25日の初天神の日に筆供養が行われています。『政事要略』(平安時代の政要書)にはある僧の夢に弘法大師があらわれて「道真は私を継ぐ者である」と語ったとあり、また『入木抄』(鎌倉時代の書道書)には「聖廟(=道真)抜群也」とあるのですが、道真の真筆は現存していないため、その筆跡は謎に包まれています。

受験生を応援!試験当日も天神さまが後押し

荏柄天神社に合格祈願のお参りをする方々の多くが、お守りをいただき絵馬を奉じて帰ります。
そして、こちらには受験生にありがたい「受験当日早朝祈祷」があります。前日までに受験先や受験日などを申込用紙に記入して申し込むと、受験当日の8時半から9時頃にかけて合格を天神さまにお祈りしていただけて、申込用紙をその日1日天神さまにお供えしてくれます。
不安でいっぱいの受験生にとって何と心強いことでしょう。
また、お参りの際にぜひとも見ていきたいのが境内の2つの筆塚です。
カッパ筆塚はカッパの絵で知られる漫画家・清水崑によって建立されたもので、絵筆塚の方は手塚治虫や藤子不二雄など有名漫画家の描いたカッパ絵のレリーフ群が見事です。
絵筆塚

絵筆塚

23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こまき

こまき

歴史ライター。ワイルドサイドを歩くことを信条とする。『時の娘』をはじめとした歴史ミステリーに目がなく、読む→書く→読む→書くの無限ループのうちに日々を過ごす安楽椅子ライター。昼夜を分かたずラジオを流しているラジオ狂でもある。『姓氏家系歴史伝説大事典』『江戸東京魔界紀行』(共に勉誠出版)『社寺縁起伝説辞典』『横溝正史研究』(共に戎光祥出版)等々へ記事執筆多数。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~源頼朝編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~源頼朝編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は鎌倉幕府を開いた源頼朝にゆかりのある神社の御朱印をご紹介します。頼朝は父・義朝が平清盛に敗れたことにより伊豆の蛭ヶ小島に流罪となりますが、その後決起し、鎌倉を拠点にして平氏に対抗します。新しい武士の世を創ろうとした頼朝。その息遣いを感じる神社と御朱印を追っていきましょう。
源氏三代&北条氏の史跡をめぐろう!史上初の武家政権、鎌倉幕府ゆかりの地

源氏三代&北条氏の史跡をめぐろう!史上初の武家政権、鎌倉幕府ゆかりの地

日本初の武家政権を樹立した鎌倉幕府。武士とって鎌倉幕府の開府は政治の主導権を握るターニングポイントでもありました。本稿では鎌倉幕府に関係する人物ゆかりの地をピックアップ。幕府を開いた源頼朝とその息子頼家・実朝の源氏三代、執権北条氏のゆかりの地をご紹介します。
御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カワイイ御朱印編~

武将にゆかりのある寺社と御朱印をご紹介する「御朱印で巡る武将ゆかりの地」。今回は趣向を変え、歴史的人物ゆかりの神社でいただける“かわいい御朱印”をテーマにご紹介します。植物や動物をモチーフにしたものから、カラフルなものまで、思わず顔がほころぶ一枚をどうぞ! ※本稿の御朱印は全てみのうち社が現地に赴きいただいてきたものです。御朱印をいただく際は現地に赴き、神様へのお参りもお忘れなく! 
【頑張れ受験生】その勝負運にあやかりたい!武将ゆかりの必勝祈願神社

【頑張れ受験生】その勝負運にあやかりたい!武将ゆかりの必勝祈願神社

いよいよ受験シーズン本番。「人事を尽くして天命を待つ」とは言いますが、受験を頑張るのとは別に神頼みもしたくなるもの。受験生に人気の神社といえば「学問の神様・菅原道真」を祀った天満宮ですが、今回は合格祈願も期待できる武将ゆかりの神社をご紹介。歴戦を突破した武将にあやかり、受験に打ち勝ちましょう!
【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

【2018年10月開催】秋は武将祭りに行こう!全国歴史系イベントまとめ

行楽の秋、武将祭りやお城まつりなど、歴史系のお祭りが全国で開催されます。郷土の誇りと讃えられた有名武将の活躍を再現したものや、戦国時代さながらの甲冑姿でのパレード、迫力ある火縄銃演武、有名な合戦を再現したものなど、歴史好きなら胸が熱くなるイベントばかり。お祭りに参加して、あなたの憧れの武将達に会いにいってみませんか?
【9月19日は苗字の日】「鈴木」のルーツは和歌山にあり!全国の鈴木さんに行ってほしいゆかりの地

【9月19日は苗字の日】「鈴木」のルーツは和歌山にあり!全国の鈴木さんに行ってほしいゆかりの地

自分のご先祖様って、一体どんな人だったんだろう?誰もが一度はそう思うはず。苗字はご先祖様から受け継いだタイムカプセル。実は深くて興味深い歴史が詰めこまれています。9月19日は苗字の日。今回は「日本の苗字ランキング」で常に上位をしめる「鈴木さん」のルーツと、そのゆかりの地をご紹介します。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。