「麒麟がくる」までに知っておきたい!意外と知らない京都・本能寺の歴史
2018年6月2日 更新

「麒麟がくる」までに知っておきたい!意外と知らない京都・本能寺の歴史

京都府京都市にある本能寺。天正10年(1582)6月2日、織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」の舞台として知られています。明智光秀を主人公にした2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の放送が決まり、改めて注目が集まる本能寺の、現在の場所と当時の跡地を歴史とともに辿ってみました。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

織田信長最期の地となった本能寺

錦絵 本能寺焼討之図(名古屋市所蔵)

錦絵 本能寺焼討之図(名古屋市所蔵)

天正10年(1582)6月2日、織田信長が家臣・明智光秀に襲撃されたことで知られる「本能寺の変」。
今も謀反の理由についてははっきりしておらず、その謎が余計に人々の興味を引いています。
2020年の大河ドラマが光秀を主人公とした『麒麟がくる』に決定し、改めてその謎に注目が集まるなか、今回はその舞台となった本能寺に注目してみました。

「能」の字が違う?現在の本能寺

法華宗本門流の大本山である本能寺(京都市中京区)。
1415~1432年までは「本応寺」という寺号で、1433年から「本能寺」と改めたようです。
信長は「本能寺の変」の時だけでなく、記録に残っているだけで合計4回滞在したとみられています。

その本能寺を訪れてみると、ちょっとした違和感を感じるはず。
河原町通に面する裏門の「本能寺」の表記に注目

河原町通に面する裏門の「本能寺」の表記に注目

よく見ると「能」じゃない。
via 撮影:ユカリノ編集部
よく見ると私たちが知っている「能」の字じゃないのですね。

この本能寺、何度も再建復興を繰り返してきました。
公式サイトによると、1582年「本能寺の変」の時点ですでに第4の建立。秀吉により現在の場所に移転されますが、1788年の天明大火や1840年の蛤御門の変など数回にわたり焼失・・・。

五度も火災に遭遇した本能寺は「匕(火)」を嫌い、「能」の字を替えたのだとか。
今では使われていない字ですが、当時は広く使われていたようです。
現在の本能寺本堂は1928年(昭和3年)に建てられたもの

現在の本能寺本堂は1928年(昭和3年)に建てられたもの

via 撮影:ユカリノ編集部
現在の本能寺にある信長公廟

現在の本能寺にある信長公廟

via 撮影:ユカリノ編集部
信長の命日である6月2日の「信長公忌」には、毎年全国各地から歴史ファンが集結。
昨年は薩摩琵琶演奏者による演奏や、墨絵師 御歌頭(OKAZU)さんによるライブペインティングなども行われ盛り上がりをみせました。

また、近年は『本能寺でごめんなさい プロジェクト』といったユニークな企画も同時開催しています。
過去の「ごめんなさい」を募集し、「裏切りの日」と言われている6月2日の法要時にお炊き上げの供養をしてくれるのだそうです(笑)

「本能寺の変」当時の場所は?

前述の通り、天正19年(1591)に現在の場所(中京区下本能寺前町)へ移転した本能寺。
では「本能寺の変」当時はどこにあったのか、気になりますよね。

当時の場所は中京区元本能寺南町付近とされ、発掘調査でも当時のものとみられる焼け瓦や土器、堀の遺構などが見つかっています。
本能寺址の石碑

本能寺址の石碑

「本能寺の変」当時の所在地とされる中京区元本能寺南町に石碑があります。
via 撮影:ユカリノ編集部
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

越前の大名・朝倉義景と名門の栄華が復元された一乗谷朝倉氏遺跡

室町時代から5代、約100年にわたって越前(福井県)を中心に栄華をきわめた朝倉氏。その城下町である一乗谷のにぎわいは、京のように華やかだったそうです。一時期は明智光秀も仕えたものの、織田信長に滅ぼされてしまった朝倉義景と、朝倉氏の繁栄と文化レベルの高さを偲ばせる一乗谷朝倉氏遺跡についてご紹介します。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

『麒麟がくる』で注目!坂本城、西教寺…明智光秀ゆかりの地・滋賀県大津市

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。滋賀県大津市には、彼が築城した坂本城や光秀一族の墓がある西教寺など、光秀ゆかりの地がいたるところにあります。ドラマのロケ地になるかもしれない?光秀ゆかりの史跡をひと足お先にチェックしませんか?
『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

『麒麟がくる』でも注目!明智光秀と糟糠の妻・熙子(ひろこ)

浪人時代の明智光秀を支えた糟糠の妻・熙子(ひろこ)。光秀もそんな彼女を愛し、生涯側室を置かなかったともいわれています。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』での描かれ方も気になる、2人の愛情深い逸話とゆかりの地をご紹介します。
本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

本能寺の変の引き金?信長が家康にふるまった安土饗応膳を再現!

織田信長が居城・安土城で徳川家康に振る舞ったといわれる饗応膳「天正十年安土御献立」。安土城の近くにあるホテル「休暇村近江八幡」(滋賀県近江八幡市)ではそれを再現した饗応膳を1日10食限定で提供中です。本能寺の変の引き金?ともいわれる膳にまつわる逸話と再現された「信長饗応膳」をご紹介します。
「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

「国盗り物語」は親子二代によるものだった?斎藤道三の真相

下克上を成し遂げた武将として、司馬遼太郎の小説「国盗り物語」などで活躍が知られるものの、いまだ謎の多い斎藤道三。実は彼の美濃平定は父との二代で成し遂げたものだったという説が有力になってきました。明智家も仕えたとされる道三とはどんな人物だったのか。その真相に迫るとともにゆかりの地をご紹介します。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。本能寺の変で織田信長を裏切った武将として有名すぎる彼ですが、その前半生は謎に包まれています。ドラマのロケ地になるかもしれない?明智光秀の出身地とされる岐阜県可児市や周辺のゆかりの地を、ひと足お先にご紹介します。
【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

天正20年(1592)11月24日、織田信長と10年以上も死闘を繰り広げた石山本願寺のトップ・顕如が没しました。信長にとって、顕如は最大のライバルともいうべき脅威だったんです。今回は石山本願寺と石山合戦ゆかりの地、そして本願寺が西と東に分かれた経緯も交えてご紹介したいと思います。
刀剣にまつり、展示会と盛りだくさん!シルバーウィークイベントまとめ

刀剣にまつり、展示会と盛りだくさん!シルバーウィークイベントまとめ

9/16(土)から始まるシルバーウィーク。今年は平日を挟みますが、連休は嬉しいですよね。歴史系イベントも、大徳寺で初公開される「織田信長公像」から、上杉家の貴重な刀剣が見られる展示会、豪華ゲストも気になるまつりなどなど、必見のものが目白押し。まだ予定が決まってない人は早速チェック!