【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地
2018年8月28日 更新

【愛した道鏡との伝説も…】女帝・孝謙(称徳)天皇ゆかりの地

東大寺の大仏を建立したことでも有名な聖武天皇の娘として生まれた孝謙天皇。史上6人目の女帝であり、2度の即位を果たした人物でもあります。寵愛する人物を側近に置き、時には入れ込みが過ぎるなど、波乱に満ちた彼女の生涯とともに、ゆかりの地を追ってみました。最期には、愛した道鏡との伝説も…?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

聖武天皇と光明皇后の娘として生まれる

女性の皇太子としては史上唯一だった

女性の皇太子としては史上唯一だった

718年、聖武天皇と光明皇后の間に誕生した孝謙天皇。
即位前は阿倍内親王と言いました。兄弟が次々と早逝したため、彼女は皇太子となり、749年には父から譲位されて天皇に即位します。

彼女の政権運営の片腕となったのは、いとこでもある藤原仲麻呂でした。
天皇の寵愛を受けた仲麻呂はどんどん権勢を拡大し、それを危惧した橘奈良麻呂らが乱を起こしましたが、孝謙天皇と仲麻呂はそれを鎮圧し、ほぼ二人三脚での政権を築いていきます。2人の蜜月は、758年に孝謙天皇が譲位して上皇となってからも続いていったのです。

怪僧・道鏡の登場と傾倒

761年、孝謙上皇は病に倒れます。この時、祈祷僧として彼女を看病したのが、怪僧・道鏡でした。
病が平癒すると、孝謙上皇は道鏡を寵愛するようになり、僧籍にある彼を政治に参加させるようになりました。
こうした状況を危惧し、徐々に上皇と不仲になっていった仲麻呂(恵美押勝)は、764年に「藤原仲麻呂の乱」を起こします。しかし上皇に鎮圧され、殺害されたのでした。

孝謙上皇が乱の平定を祈願したことから建てられた西大寺(奈良県奈良市)

西大寺本堂

西大寺本堂

藤原仲麻呂の乱の平定を祈願した孝謙上皇が、金銅四天王像の造立を発願し建てられたのが西大寺です。当時は広大な伽藍があり、東西に五重塔があったと言います。

現在は、本堂の前に東塔の跡があります。創建時は七重の塔を計画していたといい、基壇からその大きさが偲ばれます。

道鏡を皇位につけることを望んだ?

 (23351)

「道鏡の野望と称徳天皇の希望を砕き、結果として国家の混乱を救った和気清麻呂」
飢饉や謀反が続発する不安定な政情のもと、孝謙上皇は「称徳天皇」として再び天皇に即位します。親族でも流刑など厳しい処罰をし、感情で政治を行う面も見受けられた彼女は、ついには道鏡を皇位につけようかと考え始めました。宇佐八幡宮が「道鏡を皇位につけるべし」との託宣を報じた際には、乗り気だったとも言います。
しかし、それを確かめに行った和気清麻呂が「託宣は虚偽である」と報告したため断念することに。怒った称徳天皇は清麻呂を『別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)』と改名し左遷してしまいます。

やがて病に伏した称徳天皇は、徐々に道鏡も遠ざけ、770年8月28日に53歳の生涯を閉じました。一方道鏡は、下野に左遷される運命を辿ります。

道鏡を追ってこの地で没した?孝謙天皇神社(栃木県下野市)

孝謙天皇神社(栃木県下野市):道鏡と天皇の伝説がある場...

孝謙天皇神社(栃木県下野市):道鏡と天皇の伝説がある場所は各地にある

via 写真提供:下野市観光協会
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

2012年に完成から1300年を迎えた『古事記』、そして2020年には『日本書紀』も完成から1300年を迎えます。『古事記』と『日本書紀』が編纂された奈良県では、2020年までの間『記紀・万葉プロジェクト』が立ち上げられ、関連イベントも開催中。悠久の時を越え、奈良で古代ロマンに触れてみませんか?
聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

古代の都であり、大化の改新の舞台としても知られる奈良県明日香村。2018年10月20日(土)21日(日)に「古都飛鳥文化祭2018」が開催されます。明日香村は聖徳太子ゆかりの地や古墳など、見どころがたくさん!レンタサイクルなどで気軽に古代巡りができるのも魅力です。この機会に行ってみたい、明日香村のオススメスポットをご紹介します。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家の落人伝説が残る湯西川温泉で、冬の風物詩「かまくら祭」を楽しもう

平家落人伝説の地のひとつ、栃木県日光市の湯西川温泉。湯西川の冬の風物詩として人気を集めているのが、日本夜景遺産にも認定された「かまくら祭」です。近年ではSNS映えスポットとしても注目されています。冬の湯西川で、平家の落人伝説を辿りつつ、幻想的な夜を楽しんでみませんか?
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。
気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

日本最古の学校、日本遺産である栃木県の史跡足利学校。2019年の新元号制定を前に、元号の由来や変遷を紹介する企画展「元号」が12月2日まで開催中。元号ってどうやって決めてるの?という疑問をお持ちの方にぜひ見ていただきたい、出典元となった貴重な資料を公開。気になる『平成』の次の元号を予想してみてはいかがでしょうか。
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。