全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート
2018年5月15日 更新

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

 (19368)

「ひの新選組まつり」は2日間、2会場で開催!

日野市最大のイベント「ひの新選組まつり」。
毎年5月に2日間行われ、今年は5月12日(土)、13日(日)に開催されました。
会場は、JR日野駅周辺と、土方歳三の菩提寺でもある高幡不動尊のある高幡会場の2カ所です。

お祭りのメインとなるのは13日(日)の新選組パレード。
日野にゆかりのある土方歳三の隊を先頭に、近藤勇の隊、一番隊隊長の沖田総司から十番隊隊長の原田左之助、さらに地元の団体から全国の新選組ゆかりの地域のグループまで、だんだら衣装に身を包んだ集団が、高幡不動尊の参道と、日野付近の甲州街道を練り歩きます。

しかも土方歳三や近藤勇、沖田総司をはじめとする各隊の隊長は、前日の「隊士コンテスト」で選ばれたツワモノたち!(一部隊長を除く)
今回は13日(日)の模様をお届けします。

パレードは高幡会場から!

高幡不動尊

高幡不動尊

via 撮影:ユカリノ編集部
今年で21回目となる「ひの新選組まつり」。
今から30年前の昭和62年(1988)5月4日、高幡不動尊大日堂の落慶法要の一環として、「新選組隊士慰霊法要」と「新選組展」が開催されました。
この時、日野宿から高幡不動尊まで、有志たちがだんだら羽織に高下駄でパレードを行ったのが、現在のまつりの原型になっています。
いわば、新選組まつりの発祥の地でもある高幡不動尊で、前日のコンテストで選ばれた隊長と、全国から集まった隊士たちによる出陣式が行われます。
撮影:ユカリノ編集部 (19366)

出陣式が行われる大日堂前には隊士が続々集合。
via 撮影:ユカリノ編集部
9時20分より出陣式が開催される大日堂前には多くの隊士と彼らを見守る観客ですでにいっぱい。
まつりの進行をつとめる奉行の挨拶のあと、高幡不動尊のご住職が登場。
隊士たちに暖かいお言葉をかけると、少しざわついていた会場に緊張がはしります。
全員で記念撮影をしてから「ミスター土方」こと、土方歳三の掛け声により全員で勝どきをあげます。
まだ朝が早いためか、声が出ていない隊士たちを、土方がたしなめるという場面もありました。
出陣式での勝ちどき!(ご住職も・・・)

出陣式での勝ちどき!(ご住職も・・・)

via 撮影:ユカリノ編集部
大日堂を後にした隊士たちは、高幡不動尊の境内にある土方歳三像の前に集合。
旧暦5月11日は土方歳三の命日。ご住職らによるお経が響く中、みんなで黙祷します。
土方歳三像の前で黙祷・・・。

土方歳三像の前で黙祷・・・。

via 撮影:ユカリノ編集部

いよいよ出陣!

パレードに向けて出発する近藤勇。おなじみの口の中に拳を...

パレードに向けて出発する近藤勇。おなじみの口の中に拳を入れるポーズ!

via 撮影:ユカリノ編集部
しんみりした気持ちを切り替えて、隊士たちは参門をくぐり、10時20分より始まるパレードの準備に入ります。
パレードの行われる参道の両端には、すでにたくさんの観客が隊士たちを待ち構えていました。
パレードの前に行われた殺陣パフォーマンス。迫力満点!

パレードの前に行われた殺陣パフォーマンス。迫力満点!

via 撮影:ユカリノ編集部
39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

戊辰戦争150周年の今こそ見るべき!国立公文書館『戊辰戦争―菊と葵の500日―』展

明治維新、そして戊辰戦争から150年の今年、全国各地で関連イベントが開催されています。2018年5月26日~6月30日まで東京・国立公文書館では「戊辰戦争―菊と葵の500日―」と題した企画展が開催中。日本各地で行われた戦闘の記録や、参加した人物にまつわる資料から、戊辰戦争の実像に迫ります。同館ならではの豊富な所蔵品は必見!その展示内容をレポートします。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

幕末の会津藩主・松平容保。動乱の中で京都守護職となり、孝明天皇と徳川家茂の公武合体政策を支え、京都の治安維持に貢献します。大政奉還後は、朝敵とされながら新政府軍と戦った、悲劇の藩主でもありました。新選組や、白虎隊との繋がりも深かった松平容保の生涯とゆかりの地を紹介します。
長州も会津も共に盛り上がる!東京・世田谷の松陰神社で今年も幕末維新祭りが開催

長州も会津も共に盛り上がる!東京・世田谷の松陰神社で今年も幕末維新祭りが開催

幕末の偉人・吉田松陰。私塾「松下村塾」を開き、明治維新で活躍する多くの人物に影響を与えました。その吉田松陰が眠る東京・世田谷の松陰神社(商店街)で、今年も10月28日(土)、29日(日)に「第26回 萩・世田谷 幕末維新祭り」が開催されます。
【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

幕末維新150周年の今年。特に10月14日(慶応3年)は大政奉還の日とあって、10月は日本各地で幕末維新関連のイベントが開催されます。大政奉還の舞台となった京都や、龍馬の出身地・高知はもちろん、それぞれの国で起こった出来事や行動を起こした人物の貴重な史料が紹介されるなど、さまざまな角度から幕末維新を知ることができます。この貴重な機会に、ぜひ足を運んでみませんか?
「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

数々の映画や小説、大河ドラマや漫画・ゲームの題材になるなど、人気抜群の新選組。浅葱色のダンダラ模様が特徴的です。特に女性人気も高く、ゆかりの地を巡るファンも多いですよね。幕末、彼らの活躍の場は主に京都でしたが、近藤勇や土方歳三、沖田総司など中心メンバーは若かりし頃を江戸で過ごしました。今回は、東京にある新選組ゆかりの地をご紹介します。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。