快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展
2018年10月3日 更新

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

鎌倉時代の天才仏師「慶派」とは?

平等院鳳凰堂(世界遺産・国宝)

平等院鳳凰堂(世界遺産・国宝)

6世紀半ばに仏教と共に伝わった仏像。奈良時代には天平文化が花開き、興福寺の阿修羅像など、素晴らしい仏像が数多く作られました。しかし平安時代頃まで、仏像を作った仏師の名が残るということはほとんどありませんでした。

平安時代末期の1050年頃、定朝(じょうちょう)が、複数の木材を組み合わせて作る「寄木造り技法」を完成。工房による分業制を確立し、大陸の影響を強く受けた唐朝仏の模刻から、国風文化を模索した繊細で複雑な仏像を制作するようになりました。

定朝の代表作といえば、平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像(国宝)。柔和で瞑想的な表情を持つ定朝の仏像は、平安貴族の間で「仏の本様」と讃えられ大ブームに。そして定朝は仏師として初めて朝廷から僧位を授かります。

こうして仏師の地位が飛躍的に高まると、その作風は弟子達に受け継がれ、やがて「円派」「院派」「慶派」といった流派が生まれました。運慶と快慶はその中の「慶派」に属する仏師です。

慶派の2大スター!運慶と快慶

力強く写実的な作風の運慶

仏像を作る際にはまず設計図となる絵がありますが、絵から形を起こす際の運慶の造形の才能には、目を見張るものがあります。

定朝が確立した様式をさらに発展させた運慶の作品は、力強く写実的で革新的。この時代に台頭してくる武士達に特に好まれました。

1176年、運慶20代の作といわれている奈良・円成寺の大日如来像(国宝)には、新時代の気風と、青年・運慶の若々しいエネルギーがみなぎっています。

優美で端正な作風が魅力の快慶

運慶の弟弟子にあたる快慶は、自らを安阿弥陀仏と称し、阿弥陀如来像を多く残しました。快慶が製作した仏像は「安阿弥様」(あんなみよう)と呼ばれ、貴族や武士だけでなく一般庶民にも広く親しまれました。

作風は、写実的なのはもちろん優美で端正。現存するもので最も古いのは、ボストン美術館蔵(旧興福寺)弥勒菩薩立像(文治5・1189年)といわれています。建仁元年(1201年)には、東大寺の僧形八幡神像を製作しています。

代表作として知られる東大寺南大門の「金剛力士立像」

東大寺・南大門(世界遺産・国宝)

東大寺・南大門(世界遺産・国宝)

治承4(1180)年に起きた「南都焼討事件」により、東大寺や興福寺などをはじめとする奈良(南都)の仏教寺院は、そのほとんどを焼失してしまいます。
その後の復興事業で、東大寺大勧進職として指揮をとる重源のもと、仏師として抜擢されたのが運慶と快慶でした。

建仁3(1203)年に東大寺南大門の再建が始まり、金剛力士立像の製作が始められたのです。
東大寺南大門の金剛力士立像、阿形像(左)と吽形像(右)

東大寺南大門の金剛力士立像、阿形像(左)と吽形像(右)

二体一対となっている金剛力士立像。「阿」は宇宙の始まり、「吽」は宇宙の終わりを表しているといわれています。
現在も愛され続ける運慶と快慶の作品。2017年9月にも東京国立博物館で「運慶」展が開催され、大きな話題になりました。

そして今年は10月から、東京国立博物館で特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」が開催。快慶と、運慶の弟子である定慶・行慶ら「慶派」スーパースターの名品が一挙に公開されます。

慶派の名品が一堂に会する特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

藤原氏の歴史は、大化の改新で功績を残した中臣鎌足が、天智天皇から「藤原」の氏(うじ)を授かったことに始まります。平安時代は、朝廷の最高位である「摂政」「関白」となり、摂関政治を行うなど、不動の地位を築きます。武士の台頭により力は衰えますが、ブランド力は衰えず、戦国時代はあの織田信長も藤原氏を名乗っていたそうです。今回はそんな藤原氏の歴史とゆかりの地を紹介します。全人口の約1割を占めると言われる、藤原さん&○藤さんは必見です!
【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。
いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。
人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!
完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

完成から1300年!『古事記』と『日本書紀』が生まれた奈良県で古代ロマンに浸る旅

2012年に完成から1300年を迎えた『古事記』、そして2020年には『日本書紀』も完成から1300年を迎えます。『古事記』と『日本書紀』が編纂された奈良県では、2020年までの間『記紀・万葉プロジェクト』が立ち上げられ、関連イベントも開催中。悠久の時を越え、奈良で古代ロマンに触れてみませんか?
国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

平安時代に紫式部が執筆した「源氏物語」。日本のみならず世界各国で翻訳されるなど、今もなお愛されている古典の名作です。そしてこの秋も、各地で「源氏物語」を楽しむ関連企画が開催。平安当時の貴重な資料から、現代風の楽しみ方まで!その趣が感じられるスポットを厳選してご紹介します。
【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、奥三河の花祭です。毎年11~3月にかけて、愛知県の奥三河各地で開催されるこのお祭り。鎌倉時代から続く、国の重要無形民俗文化財にも指定された伝統芸能は一見の価値あり!
聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

古代の都であり、大化の改新の舞台としても知られる奈良県明日香村。2018年10月20日(土)21日(日)に「古都飛鳥文化祭2018」が開催されます。明日香村は聖徳太子ゆかりの地や古墳など、見どころがたくさん!レンタサイクルなどで気軽に古代巡りができるのも魅力です。この機会に行ってみたい、明日香村のオススメスポットをご紹介します。