出雲大社の巫女だった!?謎多き歌舞伎の祖・出雲阿国の真実
2018年4月15日 更新

出雲大社の巫女だった!?謎多き歌舞伎の祖・出雲阿国の真実

歌舞伎の祖といわれる出雲阿国(いずものおくに)。最近では大河ドラマ『真田丸』にも登場しました。歴史上では謎の多い人物ですが、様々な言い伝えが残されています。今回は、京都にある阿国歌舞伎発祥の地や、出雲にあるお墓を巡りながら、彼女の真実に迫ります。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

諸国を巡行した出雲大社の巫女?

出雲阿国

出雲阿国

謎多き女性・阿国。
言い伝えによれば出雲阿国は、出雲大社のほど近くに住む鍛冶職・中村三右衛門の娘とのこと。長じて出雲大社の巫女となり、勧進のために諸国を巡っていたとされています。

阿国についての最古の資料は、西洞院時慶の日記『時慶卿記』。慶長5年(1600)に出雲のクニという女性がややこ踊り(童女の身振りを真似た踊り)を披露した・・・と記されています。

しかし、阿国の存命時代の資料では「お国」「国」「クニ」などと書かれ、「出雲阿国」という名は彼女が既に亡くなったとされる17世紀後半以降にしかみられません。
また、出生地も加賀、奈良などの異説もあり、謎に包まれています。
出雲大社 拝殿(島根県出雲市)

出雲大社 拝殿(島根県出雲市)

歌舞伎の創始者といわれる阿国

出雲の阿国像(京都府京都市)

出雲の阿国像(京都府京都市)

京都・四条大橋のたもとにある像。
歌舞伎踊りの創始者のひとりとされる阿国。とは言え男性のみが演じる現在の歌舞伎とは違ったものでした。

女性である阿国がかぶき者の姿に扮する・・・つまり男装して、これまた反対に茶屋の女に扮した男と戯れるという、性的な意味の強い踊りだったとか。
これが大衆に大ヒット。客を多く集めたい遊女屋が瞬く間に取り入れ、さらに「国」を名乗って踊る女性も多く出るなど、社会現象にもなったようです。

しかし、あまりに人気になってしまったらしく、風紀の乱れを理由に取り締まりの対象となります。
その結果、成人男性が男女すべての役を担う現在の歌舞伎へと繋がっていったのです。
阿国歌舞伎発祥の地(京都府京都市)

阿国歌舞伎発祥の地(京都府京都市)

四条河原のそばにある劇場、南座の西側にある石碑。江戸前期には芝居小屋が7軒あり、現在は南座だけが残っています。

出雲にある阿国の墓

出雲阿国の墓(島根県出雲市)

出雲阿国の墓(島根県出雲市)

出雲大社から稲佐の浜へ向かう途中にある阿国の墓。
一世を風靡した出雲阿国、晩年は出生と同様によくわかっていません。

一説によれば出雲に帰って出家し、静かな余生を送ったとされています。
阿国が過ごしたとされる庵を再建した阿国寺と阿国の墓が、出雲大社のそばに現在も残っており、多くの芸能関係者が今も足を運んでいるそうです。

また、京都・大徳寺の高桐院にも阿国のものとされるお墓が現存しています。
生涯が謎に包まれた阿国ですが、歌舞伎の創始者として像や墓が残されていることからも、彼女の始めた踊りが当時の人々の心をとらえたのは確かだったといえるでしょう。

諸説ある阿国の命日のひとつである4月15日は、阿国忌として阿国を供養する日となっています。
ゆかりの地を巡りながら、彼女の踊る姿を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

(Sati)
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

リニューアルオープン!企画展ラッシュ!この春行きたい博物館&美術館

江戸東京博物館、高知県立坂本龍馬記念館、仙台市博物館と、長らく休館していた人気の博物館がついにリニューアルオープン!さらに国立博物館での大型展や、専門美術館の個性的な企画展など、歴史好きには嬉しいニュースがもりだくさんのこの春。週末やGWに向け、お出かけの計画にぜひお役立てください。
【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

【桜と城は最強コラボ!】名城ゆかりの桜イベント5選

3月に入り桜の開花が気になる時期になってきました。名城を彩る桜は、昔から変わらず目を愉しませてくれますね。数ある名城で開催される桜イベントの中から、3月に開催される注目の桜イベントを5つ厳選しました。
【不遇の時を越え…今改めて注目】現当主が語る足利家の歴史

【不遇の時を越え…今改めて注目】現当主が語る足利家の歴史

近年、『応仁の乱』や『観応の擾乱』といった書籍の人気もあり、あらためて注目が集まる足利将軍家。その歴史は今日までどのように続いてきたのでしょうか。そこで今回は「全国足利氏ゆかりの会」特別顧問であり、足利家28代当主である足利義弘氏に、歴史タレント・小栗さくらさんがインタビュー。足利氏の菩提寺である京都・等持院で貴重なお話しを伺いました。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

かぶき者と呼ばれた名君・前田利常が築いた「加賀ルネサンス」文化

加賀前田家3代、加賀藩の第2代藩主である前田利常。彼をご存じの方なら、まず思い浮かべるのが「鼻毛の殿様」のイメージかもしれません。傾奇者として知られた利常ですが、内政や文化面への功績も注目されてしかるべき点です。利常が推奨・保護した加賀百万石の華やかな伝統文化をご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。