日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地
2018年5月25日 更新

日光、上野、久能山…全国の東照宮の御朱印で巡る徳川家康ゆかりの地

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!

みのうち社みのうち社

そもそも東照宮って?

東照大権現こと徳川家康公

東照大権現こと徳川家康公

東照宮とは、徳川家康公(東照大権現)を神として祀った神社。天下人・家康の武功にあやかり、出世や勝利にご利益があります。そして家康といえば健康オタク。誰よりも長く生き、天下太平を成し遂げたことから、健康長寿にもご利益があると言われています。
世界遺産にもなってる日光東照宮を筆頭に、東照宮は全国に存在し、人々の健康と繁栄を見守っているのです。

世界遺産の風格 日光東照宮

日光東照宮の陽明門(写真は改修前)

日光東照宮の陽明門(写真は改修前)

via みのうち社
言わずと知れた世界遺産日光東照宮。平成の大改修により、陽明門が鮮やかに蘇りました。

家康は元和2年(1616)に亡くなるとすぐに久能山に埋葬され、その後遺言により日光に改葬されました。日光は江戸からみると鬼門の方角にあります。一説によると、家康は自ら神となり、江戸を護るため日光に鎮座したのだと言われています。

日光東照宮は徳川二代将軍の秀忠が元和3年4月17日に久能山から正遷宮し、その後寛永13年(1636)に三代将軍家光が造替し、現代に至っています。
神厩舎の三猿

神厩舎の三猿

via みのうち社
日光の見どころのひとつ、神厩舎の三猿。

神厩舎には8面にわたり猿の彫刻が刻まれています。その中でも有名なのが「見ざる言わざる聞かざる」の三猿。猿は馬の病気を治したり世話をする守り神であると言われています。
眠り猫

眠り猫

via みのうち社
超がつくほど有名な彫刻・眠り猫です。江戸初期の彫刻職人・左甚五郎によって作られました。日光東照宮の彫刻は先ほどの三猿のようにほとんどが作者不明なので、眠り猫は稀なケース。それにしてもいい眠りっぷりです。
日光東照宮の御朱印

日光東照宮の御朱印

via みのうち社
右上に葵の御紋が押され、THE徳川家といった様相の御朱印。文字に力強さを感じます。平成の大修理が終わり、右下にその記念の朱印も押されるようになりました。混雑時はかなりの行列になるので時間に余裕をもっていきましょう。また、日光東照宮の近くには二荒山神社や輪王寺などの寺社もあるので、そちらもぜひ詣でてみてはいかがでしょうか。

都会に佇む上野東照宮

59 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みのうち社

みのうち社

歴史好きなイラストレーター&ライター、デザイナー、編集者の3人組。 武将の城や偉人の史跡、神社仏閣、美術など、身近にあるものでも最大限に楽しめる「歴史エコ」な情報を発信していきたいと思います。 今後は、各種イベントや本の企画など、歴史にまつわる仕事をしていく予定です。よろしくお願いします! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

【築山殿、於大の方、千姫】波乱万丈!徳川家の女性たちゆかりの地

一族の繁栄と生き残りをかけた戦国時代。武将だけでなく、彼らを取り巻く女性たちも、ときに翻弄されながら懸命に生きた時代でもありました。今回は徳川家康を取り巻く女性たちに注目。家康の正妻でありながら、非業の最期を遂げた築山殿。離縁され、別の家に嫁いでからも息子思いだった母・於大の方。7歳にして豊臣秀頼に嫁ぎ、波乱の人生を送った家康の孫・千姫。そんな3人の女性たちの生涯とゆかりの地をご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

徳川家康の生涯とゆかりの地まとめ

江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康。信長、秀吉とともに三英傑の一人とされ、日本人なら知らない人はいないのではないでしょうか。近年、大河ドラマでの人気も相まって、イメージも変わりつつある家康。この機会に、改めてその偉大過ぎる軌跡をたどってみてはいかがでしょうか。
【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

【徳川家康最大の悲劇!?】「信康事件」と信康ゆかりの地

天正7年(1579)8月、織田信長の命令のもと、家康が嫡男・信康を切腹させたといわれる「信康事件」。さまざまな説が唱えられる中、最近では、徳川家臣団の分裂を避けるため、家康がやむを得ず下した決断だったともいわれています。今回は、この痛ましい事件の主人公・信康に焦点をあて、短い人生の軌跡を辿りながら、ゆかりの地をご紹介します
【始まりは家康時代の駿府!】吉原遊郭の発祥は静岡にあり

【始まりは家康時代の駿府!】吉原遊郭の発祥は静岡にあり

江戸時代に遊女屋が集まる公許の遊廓として作られた吉原ですが、元は駿府(今の静岡県)にあったのだそうです。一体どのような経緯で江戸へ移ってきたのか、また日本橋から浅草へ移転した理由とは何だったのでしょうか。意外と知らない吉原の歴史をご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

東海の覇者・今川氏が用いた謎多き家紋「二つ引両紋」【家紋のルーツ:第9回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。2019年は「海道一の弓取り」といわれた今川義元の生誕500年。そこで今回は今川氏の家紋「二つ引両紋」を中心にご紹介します。謎多き二つ引両紋のルーツを、足利氏との関係とあわせて紐解いてみましょう。
2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!
【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

【野心なき大物・大山巌】西郷の肖像画のモデル、西洋かぶれの一面も?

西郷隆盛のいとこであり、西郷の肖像画のモデルのひとりになったと言われる大山巌。大河ドラマ「西郷どん」には登場しませんでしたが、戊辰戦争で頭角を現した大山は、西南戦争では西郷と戦い、やがて新政府の重鎮となりました。西洋文化に傾倒し、政治的野心とは無縁のおおらかな人物だったようです。そんな大山巌の生涯とゆかりの地をご紹介します。