西郷どんの大好物・黒豚もぎっしり!幕末維新にちなんだ駅弁3選
2018年4月10日 更新

西郷どんの大好物・黒豚もぎっしり!幕末維新にちなんだ駅弁3選

歴史好きならきっと、史跡めぐりに夢中になって、ご当地グルメを食べ損なった…という経験があるはず。そんな方におすすめなのが「駅弁」!地元の食が気軽に楽しめるうえ、ゆかりの人物にちなんだものもありますよ。その中でも今回は幕末維新にちなんだ駅弁をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

2018年大河ドラマ「西郷どん」にちなんだ「西郷どん丼」(鹿児島県鹿児島市)

「西郷どん丼」

「西郷どん丼」

1100円(松栄軒)
via 写真提供:松栄軒
大河ドラマ「西郷どん」は「せごどん」ですが、こちらは「さいごうどんどん」と読む「西郷どん丼」。
製造元は、1924年(昭和4)創業の老舗弁当店・松栄軒。
九州新幹線のJR鹿児島中央駅コンコースで販売されているこのお弁当のメインは、西郷隆盛の大好物といわれる鹿児島産の黒豚です。

味付けご飯の上には味噌ダレで焼いた黒豚がぎっしり!
西郷がとくに好きだったという黒豚の料理「とんこつ」も味噌味ですが、見た目以上にさっぱりとしている上、肉の自然なうまみや甘みも味わえる逸品です。
鹿児島産の黒豚は、他の黒豚よりも筋繊維が細いため、やわらかい食感を得られるのだとか。
付け合わせのサツマイモのレモン煮も、もちろん鹿児島産。西郷どんのゆかりの地に行ったらまずはいただきたいお弁当です。
イラストで描かれた西郷どんたちがキュートなパッケージ。

高知といえばこの方!名物・田舎寿司がメインの「龍馬弁」(高知県高知市)

「龍馬弁」

「龍馬弁」

1050円(安藤商店)
via 写真提供:安藤商店
維新志士筆頭の坂本龍馬。「西郷どん」でも小栗旬さんが演じることが発表され、話題を呼んでいます。
そんな龍馬にちなんだ駅弁がこちら、その名も「龍馬弁」です。
製造元は高知の名物「かつおたたき弁当」から「アンパンマン弁当」まで、多彩な駅弁をつくる安藤商店。JR高知駅のホームで購入することができます。

お弁当の手前、焼き鯖寿司の両側にあるのは、高知の名物である田舎寿司です。
田舎寿司とは野菜をネタにする寿司のこと。
具はタケノコ、シイタケ、ミョウガの甘酢漬け、コンニャクというユニークさながら、ゆず酢入りの酢飯との相性が抜群で、一級の寿司をいただくような贅沢な気分を味わえます。
かつおの角煮など魚介類も豊富。添加物がほとんど使われていないからこそ、ぜひご当地でゲットしたいお弁当です。
こう見ると、シイタケとミョウガのインパクトがすごい!

世界遺産が駅弁に!食べて学べる「世界遺産登録記念 韮山反射炉弁当」(静岡県三島市)

「世界遺産登録記念 韮山反射炉弁当」

「世界遺産登録記念 韮山反射炉弁当」

1000円(桃中軒)
via 写真提供:桃中軒
なんと世界遺産をモチーフにしたユニークな駅弁がこちら、「世界遺産登録記念 韮山反射炉弁当」。
製造元は1891年(明治24)創業の駅弁販売の老舗・桃中軒で、JR三島駅とJR沼津駅で購入することができます。

伊豆の国市にある韮山反射炉は、幕末に欧米列強に対抗する海防用の鉄製大砲鋳造のため、韮山代官・江川英龍によって建造されたもの。現存する反射炉では日本最古で、2015年(平成27)に世界遺産に認定されました。

江川家文書の献立をヒントにしたという真鯛の山葵味噌焼きをはじめ、大砲に見立てた豚肉のチーズ巻きや、反射炉の耐火レンガをイメージしたミートローフの磯辺揚げ、韮山反射炉の焼き印が押された卵焼きなどユニークなものまであり、見ているだけでも楽しくなります。
さらに江川英龍のプロフィールや反射炉周辺の散策マップ、イベント情報を掲載したしおりも付いているので、食べながら学べるというのもポイント。ゆかりの地めぐりにぴったりです。
お弁当には見えない?パッケージがポイント。
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【「西郷どん」では渡辺謙さんが演じる】死因は毒殺説も!?薩摩藩主・島津斉彬の波乱の生涯

【「西郷どん」では渡辺謙さんが演じる】死因は毒殺説も!?薩摩藩主・島津斉彬の波乱の生涯

幕末の薩摩藩主・島津斉彬。大河ドラマ「西郷どん」では渡辺謙さんが演じられ、その圧倒的な存在感が話題になっています。富国強兵と殖産興業に尽力し、幅広い人材登用を行った名君として知られていますが、藩主になるまでの道のりは長く、活動期間は意外にも短いものでした。しかも毒殺説まであるんです…今回は島津斉彬の波乱の生涯をゆかりの地とともにご紹介します。
西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

西郷隆盛ゆかりの地も多数!『西郷どん』ロケ地まとめ

SNSなどでは早くも話題になっている大河ドラマ『西郷どん』のロケ地。幕末が舞台なだけに、仙巌園をはじめ実際のゆかりの地でのロケが多いのも特徴です。現在明らかになっているロケ地を一挙公開。ロケ地に足を運べばさらにドラマも楽しめますよ。
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ撮影裏話も!「西郷どん」で見る鹿児島・仙巌園の歴史

大河ドラマ「西郷どん」をご覧になっている方、第1回から鹿児島の風景がふんだんに出て来たことをご確認できたかと思います。オープニング映像でも、桜島を代表とする県内各地の豊かな自然と美しい歴史的景観が紹介されています。今回は、鹿児島・仙巌園の学芸員で歴史イベントのプロデュースをしている岩川拓夫が「西郷どん」の風景を紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

どれも名湯揃い!鹿児島・宮崎にある西郷隆盛ゆかりの温泉まとめ

温泉が恋しくなる季節。せっかくなら、2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛ゆかりの温泉を訪ねてみませんか?かなりの温泉好きで知られる西郷は、名湯が多いとされる鹿児島県の中でも、名湯中の名湯を選んでいるのが特徴です。今回は、西郷が訪れたとされる9つのうち、現在も利用できる7つの温泉を紹介します。温泉地で好きな狩猟をしながら、国の将来を考えていたであろう西郷の姿を思い浮かべながら、温泉に浸かるのもいいかもしれません。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第3回:大河ドラマ「西郷どん」主要人物揃い踏み!西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。
鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

来年のNHK大河ドラマは、鹿児島の偉人・西郷隆盛を主人公にした『西郷(せご)どん』です。先日鹿児島を訪れた時、タクシーの運転手の方など、たまたま出会った市民の皆さんにお話を伺いましたが、原作者の林真理子さんが鹿児島のどこを取材し、どんな本を購入して、どんな会話をしたか、までが市民の噂になっているのに驚きました。それほどまでに期待が大きい『西郷どん』。今回は鹿児島市を中心にした西郷どんゆかりの地をご紹介します。