源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地
2018年2月7日 更新

源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地

治承・寿永の乱(源平合戦)における戦いの一つ「一の谷の戦い」。源義経が馬に乗って急峻な崖を駆け下りる「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」が成功し、源氏軍は勝利を納めます。そんな義経の奇策はどこで行われたのでしょうか?戦いの様子を追いながら、ゆかりの地をご紹介したいと思います。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「一ノ谷の戦い」とは

平安時代の末期、平氏は源(木曾)義仲との戦いに敗れ安徳天皇と三種の神器を伴って九州に逃れます。ところが義仲は京都の後白河法皇と対立。寿永3年(1184)法皇の意を受けた頼朝は、源範頼・義経を派遣、彼らに討たれてしまいます(宇治川の戦い)。
木曾義仲

木曾義仲

頼朝・義経の従兄弟。『平家物語』では、「木曾殿最期」は壇ノ浦に並んで人気の場面です。

このように源氏が内輪もめを繰り広げている間に、平氏は勢いを盛り返し、現在の兵庫県以西を支配して京都奪還をもくろみます。
法皇は頼朝に平氏追討と三種の神器奪還を指示。平氏は福原(現在の神戸市兵庫区)を本拠地としその周辺を固め、源氏は本隊の源範頼軍が京から、別動隊の義経軍が背後から平氏に迫ります。
そして、寿永3年/治承8年(1184)2月7日、源氏軍が平氏軍に攻め入り、合戦が始まりました!

平家が陣を張った生田の森(兵庫県神戸市)

生田の森(兵庫県神戸市)

生田の森(兵庫県神戸市)

via 写真提供:神戸国際観光コンベンション協会
生田神社

生田神社

縁結びとして有名な神社。境内の奥に平家軍の大将・平知盛が陣を張った「生田の森」があるほか、「敦盛の萩」、「弁慶の竹」など、源平合戦のゆかりの地として数々の史跡があります。
via 写真提供:神戸国際観光コンベンション協会

義経の奇策「鵯越の逆落とし」

源義経

源義経

一の谷の戦いに続き、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いでも大活躍の義経。
ただ一ノ谷の戦いといっても一ヵ所で行われたわけではなく、福原を中心に何カ所かで同時に戦闘がありました。平氏も数万の兵力で自陣を守り、決着はつきません。
その情勢を一気に変えたのが、有名な義経の奇策「鵯越の逆落とし」でした。
『源平合戦図屏風』より「一ノ谷」

『源平合戦図屏風』より「一ノ谷」

地元の猟師に「鹿なら下りられますが馬は無理でしょう」と言われたという義経。にもかかわらず、「鹿が下りられるなら馬だって大丈夫だろう」と、数十騎を率いて自らそこを駆け下りたとか…。
一ノ谷の裏手にある断崖絶壁を馬で駆け下り、敵の背後を急襲したのです。
思いもしない方向から突然現れた敵の姿に平氏軍は大混乱。そこに義経軍の主力が別方向から攻め込み、一ノ谷は源氏の完全勝利となります。
他の場所でも源氏軍の総攻撃が始まり、平氏軍は成す術もなく海上にあった逃走用の船に殺到。
源氏の大勝利に対し、幹部級の人材を多く失った平氏は壊滅的被害をこうむったのです。

逆落としの場所ははっきりしていない?

33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
2018年は平清盛公生誕900年!神戸・清盛隊がおすすめする平家ゆかりの地

2018年は平清盛公生誕900年!神戸・清盛隊がおすすめする平家ゆかりの地

大河ドラマでも根強い人気を誇る平清盛。神戸に港を開き、わずか半年ながら都を築きました。そんな清盛ゆかりの地で活動する神戸・清盛隊に、神戸にある平家ゆかりの地とおすすめスポットを紹介していただきました!2018年の平清盛公生誕900年を前に、日本の歴史と西洋文化が交差するエキゾチックな街・神戸を探索してみませんか?
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!
2018年は平清盛イヤー!今のうちに見ておきたい清盛ゆかりの地

2018年は平清盛イヤー!今のうちに見ておきたい清盛ゆかりの地

「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」という『平家物語』冒頭の名文句をどなたも1度は耳にしたことがあるはず。平氏のトップとして政権を握り、平安時代の終焉期を熱く生きた平清盛ゆかりの地をナビゲートします。
平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

平泉・那須・善光寺…御朱印で巡る源義経と主従たちゆかりの地

御朱印で巡る武将ゆかりの地。今回は平安末期に活躍した源義経とその従者をピックアップ!その悲劇的な最期が「判官びいき」という言葉を生んだほど日本人の心にグッとくる武将・源義経。さらに彼には個性豊かな郎党が従っており、「義経伝説」を鮮やかに彩っています。そんな彼らにゆかりのある地を巡ってみましょう。
女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

女好き秀吉、鬼島津も?戦国武将のラブレターに見る愛妻度

戦国武将にも筆まめな人は数々いるのですが、中でも恋文もといラブレターを残した武将がいることはご存知でしょうか?愛する人への思いは誰でも同じ。戦に明け暮れ、次の日の生死すら予測できない日々において、彼らが書き送ったラブレターはどんなものだったのでしょうか?
【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

【2018年6月開催】百万石まつりや武将祭りなど歴史イベントまとめ

6月も盛りだくさんの歴史イベント。織田信長の命日にちなんだものや、有名人が前田利家とお松の方に扮する「金沢百万石まつり」などの大祭、平清盛生誕900年の今年は盛り上がり必至の「平家大祭」まで。歴史好きにおすすめのイベントをご紹介します。
約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

約150年ぶりに公開!羽黒山五重塔と聖地・出羽三山の歴史

平将門が創建、最上義光によって再建されたといわれる山形県鶴岡市の羽黒山五重塔。「秘中の秘」とされた内部が約150年ぶりに公開中です。羽黒山を含む出羽三山は古くから修験道が盛んで、伊勢神宮と並ぶパワースポットともいわれています。今回は羽黒山五重塔とともに、夏の旅行にもおすすめの出羽三山をご紹介します。
妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

妻の名前の由来は馬出し?荒木村重と有岡城(兵庫県伊丹市)

あの織田信長に気に入られながら、突然謀反を起こし、説得しようとした黒田官兵衛を幽閉、さらにひとりで逃亡と、とんでもない逸話ばかりが並ぶ武将・荒木村重。大河ドラマ『軍師官兵衛』では、逆にその人間臭さが話題になりました。今回は妻・だしの名前の由来になった?彼の居城・有岡城とともに、その晩年をご紹介します。