人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催
2018年11月21日 更新

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

天神様の聖地・太宰府天満宮で『応天の門』展が開催!

画像提供:太宰府天満宮 (26050)

via 画像提供:太宰府天満宮

若き道真公を描いた大人気コミック『応天の門』

『応天の門』は、若き天才と謳われた菅原道真公と、京随一の歌人・在原業平の二人が平安の世に起こる怪事件を次々と解決する大人気歴史コミック。新潮社『月刊コミックバンチ』にて好評連載中の作品です。

その人気作の特別展が、道真公ゆかりの地である太宰府天満宮の宝物殿企画展示室にて、平成30年12月8日(土)から平成31年4月14日(日)まで開催されます。

天神信仰の聖地・太宰府天満宮

撮影:ユカリノ編集部 (26055)

via 撮影:ユカリノ編集部
太宰府天満宮は、菅原道真公(天神さま)の御墓所の上に創建された天神信仰の聖地。全国約1万2千社の天満宮の総本宮として、篤い崇敬を集めています。

今回の展覧会では、作者・灰原薬(はいばら やく)氏による原画や関連画、さらに灰原氏が太宰府で取材し、本展のために描き下ろした新作も展示。私たちを『応天の門』の世界へと誘います。

また、同会期にて太宰府天満宮宝物殿第1、第2展示室では、道真公ゆかりの品をはじめ、貴重な歴史的資料も見ることができます。道真公が生きた時代を知れば、作品もより味わい深くなるはず。

開催前日の2018年12月7日(金)には、『応天の門』最新刊10巻の発売も決定。
作品のファンはもちろん、歴史好きも必見の『応天の門』展。どうぞお見逃しなく!
■「応天の門」展
会期:2018年12月8日(土)~2019年4月14日(日)
※12/24、1/7、1/14、2/11、2/25、3/25除く、月曜休館
会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

奈良・平安時代に食べられていた甘味料・あまづら。あの清少納言も「枕草子」でかき氷にかけて食べたと書いています。そんな幻のシロップ・あまづらを再現するイベントが福岡市で開催。気になる作り方、それは『ブンブン』すること?貴重な『あまづらブンブン』体験、ぜひ体験してみませんか?
ゴールデンカムイ、永遠のニシパ…阿寒湖アイヌコタンで話題のアイヌ文化を体験しよう

ゴールデンカムイ、永遠のニシパ…阿寒湖アイヌコタンで話題のアイヌ文化を体験しよう

北海道の東、マリモの生息でも有名な阿寒湖にある「阿寒湖アイヌコタン」は、アイヌの歴史や文化を体感できる観光地として人気を集めています。近年では漫画『ゴールデンカムイ』や、嵐の松本潤さん主演のドラマ『永遠のニシパ』など、アイヌをテーマにした作品も続々登場。そんなアイヌ文化の魅力を体験できる阿寒湖アイヌコタンをご紹介します。
意外な聖地として人気?受験生におすすめの滋賀県ご利益スポット

意外な聖地として人気?受験生におすすめの滋賀県ご利益スポット

いよいよ本格的な受験シーズンの到来。この時期になると、合格祈願にご利益がある神社やパワースポットを訪れる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、滋賀県にある受験生におすすめのご利益スポットを厳選して紹介。なかには、なぜか某アイドルグループの聖地になっている?意外なスポットも…。
国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

国宝の絵巻に“藤壺宮”ゆかりの品も!この秋、会いに行ける「源氏物語」の世界

平安時代に紫式部が執筆した「源氏物語」。日本のみならず世界各国で翻訳されるなど、今もなお愛されている古典の名作です。そしてこの秋も、各地で「源氏物語」を楽しむ関連企画が開催。平安当時の貴重な資料から、現代風の楽しみ方まで!その趣が感じられるスポットを厳選してご紹介します。
生誕900年の特別展も開催!世を捨て和歌に生きた歌人・西行法師の歩いた道

生誕900年の特別展も開催!世を捨て和歌に生きた歌人・西行法師の歩いた道

2018年は、歌人・西行が生まれてから900年の記念の年。生誕地である和歌山県・和歌山県立博物館ではその記念展が開催されます。多くの歌集に歌を残し、後世まで大きな影響を与えた彼の人生はどんなものだったのでしょうか。武家に生まれながらそれを捨て、僧として生きる道を選んだ西行の生涯を、ゆかりの地とともにたどってみませんか?
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

鎌倉時代、モンゴル帝国が日本侵略を図り2度もやって来た「元寇(蒙古襲来)」。学校で習ったとき、神風が吹いて元軍を退けたという話をうっすらと覚えている方も多いかもしれません。近年、漫画「アンゴルモア 元寇合戦記」でも改めて注目を集めている元寇とは?戦いの舞台・福岡にある防塁跡をめぐり、わかりやすく振り返ってみましょう。
黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

黒澤明の映画で有名な「羅生門」を巡る、1300年の歴史旅

1951年の9月10日、黒澤明の「羅生門」がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞グランプリを受賞しました。日本初の海外映画祭グランプリ受賞という快挙は、昭和20年(1945)の敗戦によって打ちひしがれていた日本人に、大きな自信を与えました。そこで今回は「羅生門」を深堀りしながら時間旅行を楽しんでみましょう。