2018年は平清盛公生誕900年!神戸・清盛隊がおすすめする平家ゆかりの地
2018年1月18日 更新

2018年は平清盛公生誕900年!神戸・清盛隊がおすすめする平家ゆかりの地

大河ドラマでも根強い人気を誇る平清盛。神戸に港を開き、わずか半年ながら都を築きました。そんな清盛ゆかりの地で活動する神戸・清盛隊に、神戸にある平家ゆかりの地とおすすめスポットを紹介していただきました!2018年の平清盛公生誕900年を前に、日本の歴史と西洋文化が交差するエキゾチックな街・神戸を探索してみませんか?

神戸・清盛隊神戸・清盛隊

平清盛ゆかりの地・神戸の見どころをご紹介!

棟梁・平清盛

棟梁・平清盛

via 写真:神戸・清盛隊
神戸・清盛隊、棟梁平清盛にござりまする!
我ら神戸・清盛隊は2017年9月で結成6年を迎えることとなりましてござりまする。

神戸は西洋文化あふれるエキゾチックな町として、知られておりますが、実は歴史文化も根付いておりまする。

ワシ平清盛が人々の暮らしよい都を神戸に作ろうと、港を築き、外交貿易も行ったことは皆様、ご存じでござりますか。
是非、神戸の歴史に触れる旅にお越しくださりませ。

そして来年2018年はワシ平清盛900歳。
皆様と一緒に盛り上がる祭を計画中にござりまする。楽しみにお待ちくださりませ。

平知盛おすすめ!源平合戦ゆかりの地「生田神社」

清盛の四男・平知盛

清盛の四男・平知盛

via 写真:神戸・清盛隊
神戸・清盛隊、平知盛にございまする!
我がご紹介致しまするのは、神戸市中央区にございます生田神社。

生田神社は縁結びの神「椎日女尊(わかひめのみこと)」をお祀りし、1800年の歴史をもつ神社でございます。境内の奥の地には「生田の森」があり、枕草子・平家物語・源平合戦の舞台となっておりまする。

1184年(寿永3)、我、平知盛が平家軍の大将として陣を張り、源氏軍を迎え撃ったのが、ここ「生田の森」なのでございまする。
「敦盛の萩」、「弁慶の竹」など、源平合戦のゆかりとして今も数々の史跡が残っております。

またこの生田の森の真ん中に流れる小さな池を使って占える「縁結びの水占い」というものがございます。水に浸すと文字が浮かび上がってくるという特殊なおみくじで、よく当たると噂でございます。
是非皆様も史跡巡りの際に体験されてみてはいかがでしょうか?
生田神社の本殿で全員集合!

生田神社の本殿で全員集合!

via 写真:神戸・清盛隊

平重衡おすすめ!平清盛の廟がある「能福寺」

清盛の五男・平重衡

清盛の五男・平重衡

via 写真:神戸・清盛隊
平清盛が五男、長刀さばきが自慢の平重衡にござりまする。
ワシが紹介いたしますのはここ!能福寺じゃ!!
 
能福寺は805年に最澄殿により創設された、日本最初の密教教化霊場でござりまする。
 
まず皆様にご紹介したいのはやはりコレ、兵庫大仏――!!
 
清盛隊と大仏!

清盛隊と大仏!

via 写真:神戸・清盛隊
1891年に建立された大仏でござりまして、戦前の1944年に金属類回収令により国に供出されるまで、「奈良の大仏」、「鎌倉大仏」とともに日本三大大仏の一つと数えられておりました。
現在の大仏は1991年に再建されたものにござります。
 
そして忘れてはならんのが、ここ能福寺は我が父、平清盛が出家し浄海となった場所でもござりまして、境内には平清盛八百年忌を記念して作られた平相国廟がござりまするよ。
是非、神戸にお越しの際には能福寺にお寄りいただき、父上にお手を合わせてくださりませ!

平敦盛おすすめ!一ノ谷合戦を再現する「須磨寺」

清盛の甥・平敦盛

清盛の甥・平敦盛

via 写真:神戸・清盛隊
須磨の浦にはひとかたならぬ想いを馳せる平敦盛にござりまする。
ワシからは「須磨寺」をご紹介致しまする!

正式名は上野山福祥寺。古くから須磨寺と親しまれてきました。
ワシ敦盛の首塚はじめ、ワシが叔父上から頂いた青葉の笛、弁慶の鐘、義経腰掛の松など、源平ゆかりの重宝や史跡が多数ござります。

そしてなんといってもご覧頂きたいのが「源平の庭」にござりまする。
こちらはワシの初陣である、一ノ谷の戦いにて、熊谷直実殿と一騎打ちをした場面を再現した庭にござりまする。その迫力を是非ご覧下さりませ!

そして「オモロイお寺にしたい!」という住職の思いから、からくり時計、ぶじかえる、わらべ地蔵、七福神マニコロ、五猿、頭を撫でると音楽がなるミーシャぐまなど面白い物が沢山ございまする!是非、全て見つけて下さりませ!!
39 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

神戸・清盛隊

神戸・清盛隊

謎の人物GIONによって約800年の平安の眠りから平成に呼び覚まされた平家の衆。 2011年9月、神戸・清盛隊結成。棟梁 平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛、そしてGIONの7人で神戸市観光キャンペーンを盛り上げんと活動。平家の歴史と生き様、想いをテーマとした歌・殺陣・語りを融合させた「演舞」を披露。 2014年よりは、新しい活動拠点「北野工房のまち」で定期演舞公演を開始。以降、神戸文化ホールでの三周年記念演舞、大阪梅田HEPホールでの四周年記念演舞などを開催。 2016年4月に発売した「桜歌~yamato~」は、オリコンインディーズ週間ランキング8位を獲得。 現在、神戸を中心に関西、全国で活動中。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地

源義経の奇策・鵯越の場所は?源平合戦「一ノ谷の戦い」ゆかりの地

治承・寿永の乱(源平合戦)における戦いの一つ「一の谷の戦い」。源義経が馬に乗って急峻な崖を駆け下りる「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」が成功し、源氏軍は勝利を納めます。そんな義経の奇策はどこで行われたのでしょうか?戦いの様子を追いながら、ゆかりの地をご紹介したいと思います。
【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

【2018年に周年を迎える平清盛、伊能忠敬…】年末年始の旅行におすすめ!ゆかりの地めぐり

のんびり過ごす年末年始もいいですが、せっかくのお休みですし、どこかに出かけてみませんか?今回は、年末年始でも間に合う!穴場的な偉人ゆかりの地や、おすすめスポットを紹介します。2018年に周年を迎える平清盛や伊能忠敬、特別番組で話題の「風雲児たち」ゆかりの地もこの時期ならねらい目ですよ。
第1回:日本一の名城!世界遺産・国宝 姫路城を撮りつくす【月刊 日本の城】

第1回:日本一の名城!世界遺産・国宝 姫路城を撮りつくす【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。記念すべき第1回は、国宝であり、世界遺産でもある姫路城。近年修復され、白く輝く大きな天守の存在も大きいですが、どこよりも多くの建造物が現存しているところが、姫路城のポイントです。まさに見どころが目白押し。そんな中でも特にオススメのポイントを写真を中心に紹介していきます。
戦国・幕末グッズも盛りだくさん!「ふるさと納税」でゆかりの地を応援しよう

戦国・幕末グッズも盛りだくさん!「ふるさと納税」でゆかりの地を応援しよう

応援したい自治体に寄付することで、お礼の品がいただける嬉しい制度「ふるさと納税」。今回は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」から、歴史上の偉人ゆかりの地でもらえる品物をピックアップしてみました。自治体とともに、その偉人を応援している気分になれる?「ふるさと納税」でゲットしよう!
2018年は平清盛イヤー!今のうちに見ておきたい清盛ゆかりの地

2018年は平清盛イヤー!今のうちに見ておきたい清盛ゆかりの地

「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」という『平家物語』冒頭の名文句をどなたも1度は耳にしたことがあるはず。平氏のトップとして政権を握り、平安時代の終焉期を熱く生きた平清盛ゆかりの地をナビゲートします。
12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

12月14日は忠臣蔵の日!平成最後の「赤穂義士祭」へ行こう

「忠臣蔵」として知られる赤穂事件が起きた12月14日、全国にあるゆかりの地では赤穂浪士にちなんだ祭りが毎年開催されています。今年で115回目を迎える兵庫県赤穂市の「赤穂義士祭」のほか、東京の泉岳寺でも行われる義士祭。今もなお多くの忠臣蔵ファンが集まる祭りの見どころをご紹介します。
【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

【逃げの小五郎】桂小五郎(木戸孝允)が潜伏した兵庫県出石

維新の三傑の一人、桂小五郎(木戸孝允)。大河ドラマ『西郷どん』では玉山鉄二さんが演じています。「逃げの小五郎」とも呼ばれ、一説には池田屋事件で屋根を伝って逃げたとも言われます。彼は禁門の変後、幕府の追っ手の目をかいくぐり潜伏生活を続けました。協力者のおかげでなんとか逃亡を成功させた桂ですが、彼が潜伏したのはどんな場所だったのでしょうか。
【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。平清盛生誕900年を迎えるこの夏、国立公文書館では7月21日~9月1日まで企画展「平家物語―妖しくも美しき―」を開催。天狗・怨霊・物怪など、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界とは?一足先にその見どころをご紹介します。
高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

高杉晋作、桂小五郎…明治維新の偉人たちが泊まった旅館3選

幕末から明治にかけて活躍した偉人たち。彼らが心身を癒した旅館が現在も残っています。高杉晋作が刻んだ「憂国の楓」を保管する山口・松田屋ホテルや、桂小五郎が潜伏した兵庫・城崎温泉のつたや旅館など、歴史情緒あふれる佇まいも魅力です。今回は週末や夏休みにもおすすめの旅館をエピソードとともにご紹介します。
5年ぶり!楠木正成を祀る神戸・湊川神社で5月26日「楠公武者行列」が開催

5年ぶり!楠木正成を祀る神戸・湊川神社で5月26日「楠公武者行列」が開催

鎌倉末期から南北朝初期に活躍した武将・楠木正成。彼を祀る神戸・湊川神社には正成の殉節地や、幕末には坂本龍馬や勝海舟、吉田松陰も訪れたという墓所もあります。さらに命日の翌日にあたる5月26日(土)には5年ぶりとなる「楠公武者行列」が開催。正成ゆかりの地・湊川神社と行列の詳細をご紹介します。