【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久
2018年2月9日 更新

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

島津四兄弟の長男・義久

島津義久

島津義久

戦国時代、九州に一大勢力を築いた島津家第16代当主・島津義久。
島津義久は、天文2年(1533)に島津貴久の長男として誕生しました。次男が義弘、三男が歳久、四男が家久となります。

幼い頃は大人しい少年だったようですが、祖父・日新斎は彼を「三州(薩摩・大隅・日向)の総大将の材徳自ら備わり(略)」と評しており、当主としての器を早くから見込まれていたようです。
実際、義久は、「軍神」とまで呼ばれた弟の義弘とは対照的に、ほぼ国許で事の仔細を見渡し、指揮を執っていました。
日新斎(島津忠良)

日新斎(島津忠良)

島津氏の分家・伊作家の出身。息子・貴久の代より島津宗家となります。

義久の器の大きさがわかる弟たちとのエピソード

また、弟たちとの逸話にも彼の器の大きさが垣間見られます。

ある時、弟たちと狩りに出かけた後、馬を眺めていた時のこと。
歳久が、「馬の毛色は母馬に似ているようだが、人間も同じでしょう」と口にします。
これは、家久のみが妾腹だったことを当てこすったわけですが、義久はそれに対し、「そうでもなかろう。父に似る者もいるし、何より人には徳があるのだから、それを磨けばみな優れた人間になれるものだ」と答え、歳久を暗にたしなめ、家久を庇ったのでした。

これに感激した家久は、以後学問と武芸に励み、島津屈指の名将に成長したのです。

島津四兄弟の生誕地・伊作城(鹿児島県日置市)

本丸にある四兄弟の誕生石

本丸にある四兄弟の誕生石

伊作家の居城として築かれたとされる城。祖父・日新斎、父・貴久、そして四兄弟の生誕地でもあります。
南北朝時代から戦国時代にかけて増築され、最盛期には城域全体の面積が50万平方mという広大な規模を誇っていました。本丸付近は亀丸城とも呼ばれています。
via 写真提供:日本の城 写真集
家督を継いだ義久は、弟たちと共にまず三州の統一を成し遂げ、その次に九州制覇へと乗り出しました。島津の快進撃が始まったのです。

義久考案の戦法が炸裂した耳川の戦い

大友宗麟

大友宗麟

豊後国(大分県)の戦国大名。豊後から豊前、筑後、筑前と徐々に勢力を拡大し、当時は九州一の勢力を誇っていました。
天正6年(1578)、義久は強敵・大友宗麟を耳川の戦いで撃破しました。この際、彼が考案したとされる「釣り野伏せ」戦法が炸裂したのです。

釣り野伏せとはまず、軍を3分し、2つを左右に伏せさせ、中央部隊が退却を装い敵の追撃を誘います。敵が突出してきたところに左右2隊が襲い掛かり、反転した中央部隊と三方から敵を全滅させるという作戦です。

この戦法は、多くの戦で用いられました。関ヶ原の戦いで義弘が決死の中央突破を図った際にも使われたのです。

「耳川の戦い」の戦場となった高城(宮崎県児湯郡)

33 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
第1回:島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ】

第1回:島津氏の家紋「丸に十文字紋」はおまじないだった?【家紋のルーツ】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する新連載がスタート。初回は島津氏の家紋「丸に十文字紋」です。その前に使用していたという家紋や「十文字紋」の意外な由来まで、専門家ならではのお話をご紹介します。
やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

2月22日は猫の日。食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

九州の桶狭間!猛将・島津義弘の負けられない戦い「木崎原の戦い」

元亀3年(1572年)、現在の宮崎県えびの市付近において行われた伊東義祐と島津義弘の合戦「木崎原の戦い」(きざきばるのたたかい)。少数の兵力だった島津側が、伊東側に勝利したことから「九州の桶狭間」とも呼ばれています。
【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

2018年、始まったばかりと思ったらもう2月、もうすぐバレンタイン!何を贈るか考えていない、またはマンネリを打破したい方にオススメなのが歴史系チョコレート。武将をイメージしたアソートから、本物みたいな銅鏡チョコ、「西郷どん」ものまで、歴史好きなら自分も欲しい逸品をご紹介します。
【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

【鹿児島三大行事】西郷隆盛や大久保利通も参加した!島津ゆかりの妙円寺詣りとは?

妙円寺詣りとは、鹿児島市内から日置市伊集院町まで、約20kmの道のりを歩いて参拝する伝統行事のことです。これは、関ヶ原の戦いで敵中突破を果たした島津勢の苦難をしのび、当時の武士たちによって始められました。しかも、西郷隆盛と大久保利道も参加していたんです。今回は戦国ファンも幕末ファンも気になる、鹿児島三大行事のひとつ、妙円寺詣りをご紹介します。
【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

豊臣秀吉に武勇を激賞され、関ヶ原の戦いで改易されながらも大名復活を成し遂げた奇跡の武将・立花宗茂。そんな宗茂の妻である誾千代(ぎんちよ)は、夫にひけを取らない勇ましい女性だったといわれています。しかも7歳にして立花山城主となるのです。今回は誾千代の生涯と宗茂とのゆかりの地、2017年12月9日(土)より開催される特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」も合わせてご紹介いたします。
【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

【利家&まつ、龍馬&おりょう…】あやかりたい!歴史上のいい夫婦ゆかりの地

11月22日は「いい夫婦の日」ですね。歴史上にもおしどり夫婦と呼ばれるカップルがいますが、みなさんは、誰に憧れますか?戦国の動乱を夫婦の絆で乗り越えた利家とまつ、追われる夫の危機を救った幕末を代表する夫妻・龍馬とおりょうなど、今回は時代を超えて親しまれるおしどり夫婦5組のゆかりの地をお届けします。ぜひ、その地をめぐって幸せなふたりにあやかりましょう♪
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。