東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー
2018年8月10日 更新

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

日本の玄関口、東京駅。平成24(2012)年に大改修が行われ、大正3(1914)年当時と変わらない姿に生まれ変わりました。辰野金吾が設計した駅舎には隠れた見どころがあり、その謎は遠く佐賀県にも関係があることがわかりました。この夏休み、東京駅を利用する際はぜひチェックしてみてください。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

東京駅の設計を手掛けた辰野金吾

辰野金吾(たつの きんご)

辰野金吾(たつの きんご)

via 国立国会図書館デジタルコレクション
明治・大正時代を代表する建築家、辰野金吾。東京駅以外にも日本銀行本店や初代国技館の設計を手掛けたことで有名です。

東京駅といえば赤レンガ作りの外観を眺める方は多いと思いますが、今回注目してほしいのは丸の内駅舎の八角形のドーム天井です。
駅構内でわざわざ天井をじっくり眺めたことがない、という人も多いのではないでしょうか。しかしよく見ると、そこに隠れた見どころがあるのです。

東京駅の駅舎天井にある、8つだけの干支レリーフ

東京駅

東京駅

via 撮影:ユカリノ編集部
駅舎のドーム天井

駅舎のドーム天井

via 撮影:ユカリノ編集部
 (22943)

天井までの距離があるため少々見づらいですが、よく目を凝らしてみると丑・寅・辰・巳・未・申・戌・亥の8つの干支レリーフが確認できます。
ここで気になるのが、残りの4つの干支の行方ですよね。同じ東京駅構内の何処かにあるのではと思うでしょう。しかし東京駅内にそれらしいものはなく、残り4つの干支レリーフの行方は長年の謎でした。

平成24(2012)年の東京駅大改修の際にも疑問視されましたが、辰野が残した資料には何も書かれておらず、誰も謎が解けないままだったのです。

残り4つの干支は、佐賀県の武雄温泉に!

このまま十二支揃うことはないと思われていましたが、2013年に意外な場所で発見されました。それは佐賀県にある武雄温泉楼門の天井。残り4つ、「酉(とり)」「子(ね)」「卯(う)」「午(うま)」四干支の彫絵が存在していたのです。
発見に至った経緯は偶然で、JR東日本の建築設計事務所に勤めている職員が武雄温泉を訪れた際、たまたま発見したのだとか。
国重要文化財の武雄温泉楼門

国重要文化財の武雄温泉楼門

via 写真提供:武雄市観光協会
楼門の天井に見られる「午(うま)」の彫絵

楼門の天井に見られる「午(うま)」の彫絵

via 写真提供:武雄市観光協会

なぜ佐賀県なのか?

偶然の発見により全て揃った干支のレリーフですが、なぜ東京駅から遠い佐賀県の武雄温泉に設置されていたのでしょうか。実はこの武雄温泉楼門も、佐賀県唐津市出身の辰野による設計なのです。

モダンで洋風な近代的建築物である東京駅と、釘も使用せずに作られた和風建築物である武雄温泉の楼門。正反対の2つの建物は同時期に設計されており、初めから十二支のレリーフを分けて設置しようという辰野の遊び心だったという説もあります。また、伝統も新たな技法も大切にするべきという日本の建築に対する辰野の主張だったのかもしれません。

現地では、この楼門の四干支を見学するガイド付きプログラムが期間限定で開催されています。
「楼門四干支見学会」
期間:平成31年3月31日(日)まで
※毎週火曜日は除く。8月14日は実施。
時間:午前9時~午前10時(受付は9時30分まで)1回あたり約20分
見学料:大人400円、子ども200円 ※文化財保護協力費として(入浴付き)
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】

エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第10回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。
幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末維新に活躍した肥前佐賀藩の先人「佐賀の七賢人」まとめ

幕末から明治にかけて、数多くの人材を輩出した肥前佐賀藩。その中でも中心的な役割を果たした7人を「佐賀の七賢人」と呼びます。幕末の佐賀藩主・鍋島直正や、早稲田大学創設者の大隈重信などの有名人から知られざる?人物まで、七賢人をまとめてご紹介。3月17日(土)から始まる「肥前さが幕末維新博覧会」の予習にどうぞ!
目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

目黒は江戸の人気観光地!浮世絵にも残る当時の面影【古地図と巡る江戸街並み探訪:第2回】

桜の季節には目黒川沿いが美しく彩られ、高級住宅街が広がり、おしゃれな店舗も並び立つ街、目黒。この街は、江戸時代はどのような姿であったのでしょうか。JR目黒駅界隈から東急東横線中目黒駅界隈までを、江戸時代の古地図とともに、この街の歴史を探ってみたいと思います。きっと意外な発見があることでしょう。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

西郷隆盛も好物のスイカを買っていた日本橋・千疋屋総本店

夏といえばスイカ。その歴史は古く、あの西郷隆盛も好物だったといいます。西郷が江戸に住んでいた際、スイカを購入したといわれるのが、皆さんもご存知のあの有名果物店でした。今回は西郷とスイカにまつわるエピソードを紹介します。
加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

加藤神社、本妙寺、覚林寺…御朱印で巡る加藤清正ゆかりの地

7月25日は加藤清正の誕生日。清正は秀吉の子飼いの将として武功を立て、最後は熊本藩の初代藩主になりました。勇猛果敢な武将として有名で、信長亡きあとの織田家の覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」では七本槍に数え上げられています。「虎退治」や片鎌槍など、猛将らしいエピソードも枚挙にいとまがありません。また、お城好きには「築城名人」としても有名なのではないでしょうか? 今回はそんな清正ゆかりの御朱印をご紹介します。
【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる

【王様は芥川龍之介!?】文豪たちが集った田端文士村がアツすぎる

7月24日は芥川龍之介の命日「河童忌」です。芥川が晩年を過ごした地・田端は、「田端文士村」と呼ばれ文豪が集い、交流の場となっていたことをご存知でしょうか。今回は田端文士村と芥川、そして彼と交流を持った文豪たちとのエピソードをご紹介しましょう。
創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第17回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。