全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう
2018年9月18日 更新

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】

株式会社タニタヘルスリンク株式会社タニタヘルスリンク

全国どこからでも参加可能!古地図を見ながら楽しく街歩き

タニタの健康管理サービス「からだカルテ」の人気コンテンツである歩数イベント。
バーチャルウオーキングのデータを送信し、ユーザー同士が歩数を競います。

今回はその歴史探訪シリーズ「幕末江戸編」。江戸とありますが、バーチャルイベントなので、東京のみならず全国どこからでも江戸の町を体験することが可能です!歩数に応じてバーチャルコースが進み、各チェックポイントを通過してゴールを目指すという、歴史ファンにも嬉しいイベントです。
「SWITCH」ボタンで古地図と現代の地図を切り替え可能

「SWITCH」ボタンで古地図と現代の地図を切り替え可能

風車アイコンをタップすると、各ポイントの説明も表示されます。

風車アイコンをタップすると、各ポイントの説明も表示されます。

地図を無料で体験!

歩数に応じて、地図上の「幕末ゆかりの地」チェックポイントを巡ろう

チェックポイントを通過すると、そのチェックポイントの情報や画像が見られます。
現在放送中の大河ドラマにあわせた、幕末志士たちゆかりの地めぐりにもぴったりですね。
すべてのチェックポイントを通過してゴールした完歩者には、素敵なプレゼントが当たるかも!
 (23858)

もちろん、いつもの通勤コースや近所のお買い物、お散歩コースを歩きながらの参加もOK。全国どこからでも江戸の街を歩いている気分になれるのは、首都圏以外にお住まいの方にとっても嬉しいですよね。

しかも健康にも気を使えるので、史跡めぐりとダイエットを兼ねることもできて一石二鳥。
総距離は、なんと147km!
東海道でいえば、日本橋から静岡県の蒲原宿くらいの距離でしょうか・・・。期間中、1日約7000歩を目標に頑張れば、完歩できそう!?

史跡めぐりが好きな方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

気になる参加方法は?

イベントに参加したい!という方は、まずタニタの健康応援ネット「からだカルテ」をご覧ください。歩数イベント「幕末江戸編」専用ページからお申し込み可能です。

イベント参加登録はこちらから

無料の歩数計アプリ「ヘルスプラネットWalk」で気軽に...

無料の歩数計アプリ「ヘルスプラネットWalk」で気軽に参加可能!

歩数イベントの参加には、歩数データの送信が必要となります。
スマホをお持ちの方は、歩数計アプリ「ヘルスプラネットWalk」(無料)をダウンロードすれば、イベント参加費(\500)のみで参加可能です。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

株式会社タニタヘルスリンク

株式会社タニタヘルスリンク

株式会社タニタヘルスリンクです。 健康寿命の延伸や、健康経営のお手伝いをしています。WEBサイト「タニタの社員食堂」「からだカルテ」「ヘルスプラネット」「からだカルテSHOP」を運営しています。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

【土方歳三没後150年】2019年は新選組ゆかりの地・日野へ!

2019年は土方歳三が箱館(函館)でその生涯を閉じてから150年という節目の年。土方のふるさとである東京都日野市では、1年をかけてその没後150年プロモーションが実施されます。気になるその内容とは?
新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

新春は一年の福を願う「新宿山ノ手七福神」巡りへ!【古地図と巡る江戸街並み探訪:特別編】

恵比寿神・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋尊・寿老人・福禄寿と、神道・仏教・道教の神仏をお参りするユニークな巡礼「七福神巡り」。日本独自の信仰で、一番身近な神仏習合かもしれません。今回は、ちょうど良い距離感で、街並みの変化や多彩な神社仏閣を堪能できる、都心の「新宿山ノ手七福神巡り」をご紹介します。
新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

新設!「高輪ゲートウェイ駅」周辺の歴史と背景を探る【古地図と巡る江戸街並み探訪:第6回】

JR山手線の田町駅から品川駅の間に新設される駅が「高輪ゲートウェイ駅」とされることが発表され、色々と話題になっています。公募では下位にあった候補でしたが、「高輪」「芝浦」「芝浜」と言った歴史的名称を抑えて、一躍の採用。「ゲートウェイ」とは「玄関口」の意味。今回は、その背景や周辺の歴史を、古地図と今後の都市構想から探ってみます。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

ついに豊洲へと移転した築地市場。しかし場外市場は残っており、築地は今日も多くの観光客でにぎわっています。市場のほかにも見どころ満載の築地。古地図を片手に、新しい築地の観光スポットを見つけに出かけてみませんか?
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。