いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?
2018年11月22日 更新

いざ小田原へ!500年の時を越え、北条氏がゆかりの地・小田原城で咆哮する!?

戦国時代、小田原城を拠点に活躍した北条氏。今年2018年は、初代早雲から二代氏綱へ家督が譲られ、小田原を本拠とした1518年から500年目の年。そして来年2019年は、早雲公の没後500年目を迎えます。そのためこの2年間、神奈川県小田原市ではあらためてその功績を広めるべく「北条早雲公顕彰五百年事業」として様々なイベントが実施されています。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

小田原城天守閣で開催中!特別展「小田原開府五百年~北条氏綱から続くあゆみ~」

初代伊勢宗瑞(北条早雲)が二代氏綱に家督を譲り、小田原が北条氏の本拠となったとされる永正15(1518)年から今年で500年。
開府500年を記念し、小田原城天守閣では特別展「小田原開府五百年~北条氏綱から続くあゆみ~」が2018年12月24日(月・祝)まで開催中。

小田原北条氏の二代・氏綱にスポットをあて、北条氏ゆかりの品とともに小田原500年の歴史を紹介しています。
 (25503)

氏綱が“伊勢”を名乗った最後の資料とされる「大永三年銘伊勢氏綱社殿造営棟札」(箱根神社蔵)や、氏綱が花押を据えた「唐草螺鈿鞍」(菟足神社蔵・豊川市指定文化財)も展示され、その功績を振り返ります。
また、大久保忠世や稲葉正勝といった歴代小田原藩主の肖像画や、発掘調査による出土品など、戦国時代から今に続く小田原市の歴史を紹介しています。
会期:平成30年10月27日(土)〜12月24日(月・祝)
※会期中は12月12日(水)のみ休館
開場時間:午前9時〜午後5時(最終入場は午後4時30分まで)
会場:小田原城天守閣4階企画展示室(小田原市城内6‐1)

11/24,25は「GO!北条早雲黎明記 獅子咆哮ノ陣」が開催

小田原市観光課 (25640)

via 小田原市観光課
また、11月24、25日の2日間は、北条氏にちなんだ企画が満載の「GO!北条早雲黎明記 獅子咆哮ノ陣」を開催。和太鼓演奏などのステージイベントのほか、“甲相駿三国同盟”小田原・甲府・静岡のグルメも楽しめますよ。
また、早雲生誕の地・岡山県井原市の名産品であるデニムとコラボした『早雲デニム』の試着会や、早雲こと伊勢新九郎を描いたゆうきまさみ先生の人気漫画『新九郎、奔る!』の出展ブースも気になるところ。

24日(土)にはCo.慶応さんと柳瀬式さんが「北条早雲顕彰五百年テーマソング」を披露する音楽ライブ、25日(日)には人気ゲーム『信長の野望』や『戦国無双』のトークショーなど、歴史ファンにとっては2日間ともに楽しみな企画が満載です。
両日総合司会を務めるのは、歴史好き芸人ユニット“六文ジャー”のメンバーであり、歴史作家としても活躍中のブロードキャスト!!房野さんと、長谷川ヨシテルさん。

まさに歴史好きによる、歴史好きのためのイベント。
この連休は、500年の時を越えて北条尽くしもアリ!?

本城イベント「GO!北条早雲黎明記(れいめいき)獅子咆哮(ほうこう)ノ陣」

日時:11月24日(土)、25日(日)10時~16時(ステージイベントは11時~)
会場:小田原城址公園本丸広場
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

都心からのアクセス抜群の歴史スポット!北条五代・風魔忍者ゆかりの地、神奈川県小田原市

都心からのアクセス抜群の歴史スポット!北条五代・風魔忍者ゆかりの地、神奈川県小田原市

東京からのアクセスが良い神奈川県小田原市。シンボルの小田原城は平成の大改修が行われ、より気軽に行ける歴史スポットとして歴史ファンには嬉しいところです。戦国時代、関東一円を支配した後北条氏の拠点であり、市内にはゆかりの地がたくさんあります。
歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第三忍「小田原城編」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地の忍者ゆかりの地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は北条氏の本拠地・小田原城に来てみたよ。北条氏に仕えた忍者といえば風魔忍者が有名だね。なかでも特に有名な“風魔小太郎”にまつわる伝説を検証してみたよ。
水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

水攻めにも負けない難攻不落の城!忍城の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第3回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんが古戦場をレポートする連載。第3回は「忍城の戦い」です。豊臣秀吉の小田原征伐に伴い、現在の埼玉県行田市にある忍城を巡り発生したこの戦い。今回もその舞台を合戦に参加した足軽さんとともにレポートします。
第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

第10回:どこから撮ってもフォトジェニック!国宝「松江城」【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけさんが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第10回は松江城をご紹介します。水濠脇にそびえる高い石垣、石垣上に建つ櫓、そして現存天守と、どこを切り取っても絵になる松江城のおすすめポイントを写真を中心にご紹介します。
今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

今年は尼子フェスも!全国山城サミットが安来・月山富田城で開催

山城を観光資源として地域活性化をはかる「全国山城サミット」。城ファンにはおなじみのイベントが今年は9月23日(日)と24日(月)島根県安来市の月山富田城で行われます。さらに今年は5年に1度の「戦国尼子フェスティバル」も23日に開催と、一度で二度おいしいイベントの内容をひと足お先にご案内します。
名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

名古屋おもてなし武将隊に新メンバー、前田利家&陣笠・太助が加入!

ご当地の歴史と魅力を発信するため活動するおもてなし武将隊。その元祖ともいえる「名古屋おもてなし武将隊」に新メンバーが加入!5月26日(土)に、前田利家と陣笠の太助のお披露目式が行われました。ますますパワーアップする武将隊とともに、6月8日(土)に完成公開される名古屋城本丸御殿もご紹介します。
氏政役に高嶋政伸さんも登場!「小田原北條五代祭り」レポート

氏政役に高嶋政伸さんも登場!「小田原北條五代祭り」レポート

関東に君臨した戦国大名・北条氏5代を称える「小田原北條五代祭り」が5月3日(木)に開催。今年は「小田原開府五百年記念」にあたる記念すべき年。パレードには昨年に続き、北条早雲役に合田雅吏さん、北条氏政役には大河ドラマ『真田丸』で氏政を演じた高嶋政伸さんが登場。盛り上がりをみせた祭りの様子をお届けします。
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。