山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート
2018年4月7日 更新

山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート

2018年3月、歴史好きの方のために開催された福岡県添田町モニターツアー。英彦山神宮奉幣殿での正式参拝や、山伏体験、さらに岩石城での甲冑体験など、町の歴史的魅力を存分に体験。その模様をレポートします。

磯部深雪磯部深雪

修験の聖地・福岡県添田町の歴史をたどるモニターツアー

刀剣好き・神社好き・日本の歴史大好き!な磯部深雪です。
某戦国武将所縁の地を巡り繋ぐのと共に、各所の寺社で所縁のテーマを以って正式参拝をさせていただくのをライフワークにしております。

今回、福岡県添田町の歴史的魅力を体験するモニターツアーに参加してまいりました。なかでも、県内のパワースポットのひとつ・英彦山神宮(ひこさんじんぐう)にて、細川忠興公が奉納した奉幣殿で正式参拝をさせていただけるとのことで、楽しみ…!

神の山として信仰されてきた英彦山

写真提供:添田町 (17283)

via 写真提供:添田町
英彦山は古来から御祭神『天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)』を祀り、信仰されてきた神の山。忍穂は天照大神(太陽)のお子様であることから、この山自体が「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていたそうです。

忍穂の正式名称は『正勝吾勝 勝速日 天之忍穂耳命(マサカツ アカツ カチハヤヒ アメノオシホミミ ノミコト)』。日本神話に登場する神様は名前が皆長いですね。
古事記・日本書紀・先代旧事本紀など、書物によって表記が違ったりします。
ちなみに忍穂は国譲り・天降りの任に就いた邇邇芸命(ニニギ ノミコト)のお父様です。

最近は宇迦之御魂神(ウカ ノミコト)が祀られているところに多くお参りしてたので、久し振りのご挨拶。楽しみです。
鍋島勝茂公が寄進した銅鳥居

鍋島勝茂公が寄進した銅鳥居

via 撮影:ユカリノ編集部
最初に私達を迎えてくれた大きな鳥居は「銅鳥居(かね の とりい)」といい、高さ6.9メートル、柱の周り3メートルという青銅製で明神型の大鳥居です。寛永14(1637)年に肥前国の藩主・鍋島勝茂公により寄進されたものだそうです。
ちなみに扁額は享保19(1734)年、徳川吉宗公が将軍の時代に霊元法皇より御下賜されたものです。
英彦山神宮の参道

英彦山神宮の参道

via 撮影:ユカリノ編集部
けして急ではない階段。しかしこれが先へ先へ長く続きます。

この参道を進むと先程の「銅(かね)」に続いて「石の鳥居」「木の鳥居」が現れます。
銅鳥居までは一般人の居住地、銅鳥居から石鳥居までは山伏・神官・僧侶の皆様の領域、石鳥居から木の鳥居までは修行専念の領域と分かれており、最後の木の鳥居から先は神の領域とされているそうです。

当時の形をとどめている山伏坊舎「財蔵坊」でランチ

撮影:ユカリノ編集部 (16365)

まだまだ先は長いので、途中、添田町歴史民俗資料館として活用されている山伏坊舎『財蔵坊』でランチ。
野生動物が寄らないよう、通常は飲食禁止なのだそうですが、今回特別にご対応いただきました。
via 撮影:ユカリノ編集部
県指定の民俗文化財「財蔵坊」

県指定の民俗文化財「財蔵坊」

via 撮影:ユカリノ編集部
宿坊やお庭の雰囲気に圧倒。庭の苔や重なり合う木石の写真を熱心に撮られている方も多かったですね。
ランチは添田町特産品三昧の豪華二段弁当

ランチは添田町特産品三昧の豪華二段弁当

鹿肉や炊き込みご飯、素材の味自体が濃い人参など、地元の食材に拘った、「一飯一汁(One Rice One Soup)」プロジェクトによるお食事をいただきました。その味はもちろん、品数の多さにも大満足!
via 撮影:ユカリノ編集部
火の入った囲炉裏端で、ボランティアガイドの皆様のお話を...

火の入った囲炉裏端で、ボランティアガイドの皆様のお話を聴きながら…

囲炉裏周りで食事をしていると、燻ぶる灰の薫りまでも気持ちを盛り立ててくれます。

流れる煙の先を辿ると、煤で黒くなったスノコ天井や柱に目が行き往時の山伏の生活振りや「英彦山参り」に来られた檀家さん達もほっと一息付かれていたのでは…という色々な場面が思い浮かびます。
via 撮影:ユカリノ編集部
48 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

磯部深雪

磯部深雪

「歴☆女子会」主宰、「武蔵守歴女会」広報、インターネットTV「歴☆女子会の勝手に○○おかわりっ!!」メインパーソナリティを務めた他、各地の歴史系イベントMC、プロデュース業務などを行う。歴女に関する番組や各メディアへの出演、トークイベントなど歴女タレントとして活動中。特に伊達政宗公に傾倒しており、仙台・会津・米沢での活動が多い。趣味は政宗公の日々を追いかけた年表づくりと刀剣鑑賞。 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

福岡県添田町にある日本三大修験山のひとつ、英彦山。古来より神の山として信仰され、県内唯一の神宮である英彦山神宮は今も多くの方に崇敬されています。修験の聖地として栄えた添田町には、今も山伏の坊舎跡や城跡などの史跡も多く残り、歴史の町として魅力ある町づくりに取り組んでいます。そんな「歴史のまち」添田町をもっと知ってもらうため、このたび歴史好きのために特別モニターツアーを開催。ここでしか体験できない貴重な企画盛りだくさん!ぜひご参加ください。
菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。
一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一生に一度は行きたいお伊勢参り!江戸時代中期以降に盛んになったお伊勢参りは、手ぶらで行っても沿道の住民から施しが受けられるため「お陰参り(おかげまいり)」とも呼ばれました。今回は伊勢神宮の内宮、外宮の御朱印、途中立ち寄ることができる猿田彦神社の御朱印、さらに人気の観光スポット「おかげ横丁」もご紹介いたします。
福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

山岳信仰の遺跡として高い評価を受ける英彦山。2017年には国指定史跡となり、添田町は盛り上がりをみせています。しかし、町内にある歴史遺産は英彦山だけではありません。かの有名な武将たちが奪い合った「岩石城」も見逃せませんよ!
首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

首は東京に落ち、腹と手は足利に飛んだ!?足利市に残る平将門ゆかりの地

平将門といえば東京都千代田区にある将門の首塚が有名ですが、そこから約85kmほど離れた栃木県足利市には将門の‟首以外”の部位が落ちたといわれる場所があります。伝説が残る足利市の将門ゆかりの地を追っていきましょう。
辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

福岡市博物館で開催中の「黒田如水の文芸」展。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水の、歌人としての面に注目した企画展です。如水の辞世の句や、和歌・連歌の世界における如水とはどんな人物だったのでしょうか?気になる見どころをレポートします。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。