古墳だけじゃない!歴史とゆかりの深い街・大阪府堺市|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]
2017年11月21日 更新

古墳だけじゃない!歴史とゆかりの深い街・大阪府堺市|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

近年では百舌鳥・古市古墳群でも知られる大阪府堺市。人口・面積ともに大阪府内第2の都市であるとともに、市内各地の遺跡からは石器や土器なども多く発掘され、旧石器時代から人が住んでいたという古い歴史を持つ街でもあります。そんな堺市の歴史的魅力を、堺在住の歴史作家・橋場日月氏が地元ならではの視点で紹介。過去と未来を楽しむ堺の暮らしをおすすめします[PR]

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

堺というと、みなさんはどういうイメージをお持ちだろうか?
さきごろ百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産候補に決定したばかりだから、まっさきに大山古墳(伝仁徳天皇陵)を思い浮かべる方が多いのは当然なところか。
伝仁徳天皇陵古墳(大山古墳)

伝仁徳天皇陵古墳(大山古墳)

via 撮影:橋場日月
年配の方ならNHKの大河ドラマ『黄金の日々』が出てくるかも知れない。今から40年近く前、近々松本白鸚を襲名する九代目幸四郎が堺を舞台として主人公を演じていた。そう、堺は歴史とゆかりの深い街なのだ。

歴史とゆかりの深いまち・堺市

ひと口に堺といっても、堺市は広い。かつては奈良まで含む「堺県」だった時代もあり、現在でも東は松原市、南は河内長野市に接しその面積は人口とともに府下第2位。その中の、歴史タウンとしての堺を、住民は「旧市街」と呼ぶ。

大阪駅からJR特急直通で30分足らずの堺市駅、なんばから南海本線急行で15分足らずの堺駅、同じく南海高野線急行で15分足らずの堺東駅。
3つの路線は大阪の中心部からそれぞれ「旧市街」の西、東、そして東のはずれに接続しているが、まずは堺駅を降りて周囲を散策してみよう。
天誅組上陸地碑と堺事件碑

天誅組上陸地碑と堺事件碑

via 撮影:橋場日月
明治維新の先駆けとなった「天誅組」が上陸した地を示す石碑。その隣りには幕末に堺を警備した土佐藩兵が、狼藉をはたらくフランス水兵を討った「堺事件」現場の碑。堺港のマリーナには豊臣秀吉の時代フィリピンとの海外貿易で活躍したルソン助左衛門銅像。その南の大浜公園は、外国船に備える「お台場」だった場所がある。
堺のマリーナから沖合を見つめるルソン助左衛門像

堺のマリーナから沖合を見つめるルソン助左衛門像

via 撮影:橋場日月
大浜公園の台場跡石

大浜公園の台場跡石

via 撮影:橋場日月
東へ進むと、「土居川」「内川」がめぐる。戦国時代、堺は周囲に環濠をめぐらせ自衛する都市だったが、その残影が水面に映っているようだ。
この川の流れの中が、旧市街。ポルトガルの宣教師は環濠に囲まれた中で貿易拠点として繁栄する堺の町を見て「日本のヴェネチア」「自由都市」「最も殷賑をきわめた富裕な町」「全国の金銀の大部分が集まる所」と感嘆した。この町の中に入れば敵同士も礼儀正しく接したという。
堺都市周濠遺

堺都市周濠遺

via 撮影:橋場日月
鉄砲鍛冶屋敷

鉄砲鍛冶屋敷

via 堺観光ガイド
45 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

2016年の大人気大河ドラマ「真田丸」、その真田丸があったとされるのが大阪・天王寺区です。大阪城から近く、現在は教育に熱心な文教地区として有名です。名門校が多くあり、史跡も多い大阪市天王寺区の魅力をご紹介します[PR]
【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
知りたい!住みたい!この街の歴史|大阪市北区編[PR]

知りたい!住みたい!この街の歴史|大阪市北区編[PR]

大阪市は、古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきました。長い歴史を誇る街だけあって、市内の町名にもそれぞれ由緒が存在しています。今回は、大阪を代表する「キタ」エリアがある北区に注目!町の名前の由来や、その土地にゆかりのある史跡をご紹介します。町の歴史を知れば、きっとあなたも大阪のことが好きになること間違いなし![PR]
【歴史好きが住みたい街はどっち?】江戸文化に触れる!下町の穴場・両国エリア[PR]

【歴史好きが住みたい街はどっち?】江戸文化に触れる!下町の穴場・両国エリア[PR]

江戸文化が今も根付く、墨田区両国エリア。一般的には相撲の街というイメージが強いかもしれませんが、東京スカイツリーができて観光客も増え、街はどんどん開発されています。勝海舟ら多くの偉人ゆかりの地でもあり、江戸東京博物館など歴史が楽しめる施設も充実。歴史と伝統が息づく両国は、まさに歴史好きにおすすめの街です。[PR]
【歴史好きが住みたい街はどっち?】実は元宿場町!人気急上昇の品川エリア[PR]

【歴史好きが住みたい街はどっち?】実は元宿場町!人気急上昇の品川エリア[PR]

2020年の東京オリンピックやリニア開通に向け、大規模な開発が進む品川エリア。2018年「住みたい街ランキング」では4位に選ばれ、まさに今いちばん住みたい街といえるでしょう。新しい施設が次々とできる一方で、古き良き歴史的史跡も多く残る品川は、歴史好きにおすすめの街。[PR]
【歴史好きが住みたい街は?】新旧スポットが魅力的!品川&両国エリア[PR]

【歴史好きが住みたい街は?】新旧スポットが魅力的!品川&両国エリア[PR]

春は引っ越しのシーズン。今年も住宅情報サイト「SUUMO」による『みんなが選んだ住みたい街ランキング2018 関東版』が発表されました。しかし、歴史好きなら物件探しの基準はちょっと違うのではないでしょうか?そこで今回は、歴史好きにおすすめ!品川・両国の2エリアを紹介。その理由とは?あなたが住みたいのはどっちの街?
神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

日本を代表する港町・神戸市。幕末に開かれた神戸港は、2017年に開港150年の節目を迎えました。早くから海外のモノを取り入れ、外国文化が花開いた地としても有名です。そんなオシャレな街・神戸には、三宮や御影など人気の街がたくさん!街の名の由来と共に、その土地ゆかりのスポットをご紹介します。【PR】
大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は真田の六連銭です。2016年大河ドラマ『真田丸』で一躍有名となった真田家の家紋は、本来は六連銭、しかも幸村(信繁)は大坂の陣で使っていなかった?気になる六連銭のルーツに迫ります。
豊臣秀頼奉納の鳥居も現存、大坂城の鎮守神だった玉造稲荷神社

豊臣秀頼奉納の鳥居も現存、大坂城の鎮守神だった玉造稲荷神社

天下人・豊臣秀吉の後継者として知られる豊臣秀頼。2016年の大河ドラマ『真田丸』で中川大志さんが演じ、話題になりました。近年の研究によると、文武両道に長けた非常に有能な人物だったといわれています。今回は秀頼の生涯を追いながら、ゆかりの深い玉造稲荷神社についてご紹介します。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。