源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史
2018年6月26日 更新

源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

毎年7月9日と10日、東京・浅草寺で開催される「ほおずき市」。江戸時代から続く、下町の夏の風物詩として有名です。そしてこのほおずき市のルーツには、あの源頼朝が関係しているのではないかと言われているのをご存知でしょうか。今回は、ほおずき市とその歴史についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

夏の風物詩!浅草寺の「ほおずき市」

浅草寺のほおずき市

浅草寺のほおずき市

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、毎年7月9、10日に東京都の浅草寺で開かれる縁日です。450とも言われるほおずき屋が出店し、多くの人たちがほおずきを求めて訪れます。

7月10日は観世音菩薩の縁日。縁日とは「功徳日」とされ、この日に参拝すればふだんよりも多くの功徳が得られるとされています。
浅草寺の縁日は月に1度、年に12回ありますが、7月10日はその中でも最大の功徳が得られる日。「四万六千日」と呼ばれ、4万6千日分の功徳が1日で得られるとされているんですよ。
4万6千日は、年に換算すれば126年。つまり、一生分の功徳が1日の参拝で得られるということで、人々はこぞって訪れるようになったのです。

ちなみに、なぜ9日も含まれるかというと、10日になったらいち早く参拝したいという人たちが集まるようになったので、9日も縁日扱いにしたのだそうです。

ほおずき市の誕生

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、江戸時代の明和年間(1764年~1772年)に始まったと伝わっています。
元々は、芝の愛宕神社から「功徳日に青ほおずきの実を愛宕神社で丸飲みすれば、大人は持病が治り、子供は腹痛が治る」という民間信仰が広まり、それが縁日の元祖である浅草寺に伝わったのだそうです。

ほおずきの根には、鎮静作用や咳・淡を鎮める作用、解熱作用もあるそうで、民間信仰の裏付けとまではいきませんが、何らかの関係もあるのかなと思ってしまいますね。

目に鮮やかな赤いほおずきは、お盆の時に飾る人も多いとか。その形が、死者の霊を家まで導いてくれる提灯のように見えると言われています。

源頼朝とほおずきの意外な関係

 (21776)

ほおずきについては、源頼朝にまつわるこんな逸話が残っています。
奥州征伐で、藤原泰衡を倒して奥州藤原氏を滅亡させた頼朝軍ですが、その帰り道でのこと。兵たちが次々と日射病(熱中症)で倒れてしまったのです。
そこで浅草で小休止を取ることにして、ほおずきの実を食べさせてみたところ、たちまち回復したのだそうです。そのため、浅草にほおずき市が立つようになった・・・ということなのだそうですよ。これも興味深い逸話ですね。

江戸時代から続くほおずき市、由来を知ればよりいっそう興味が湧いてきますよね。
ほおずきは「鬼灯」とも書きますが、文字通りあの世からの道しるべなのかもしれません。今度のお盆には、ご先祖にほおずきを供えてみてはいかがでしょうか。

(xiao)
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

北斎の時代と今を“橋”で結ぶ「北斎の橋 すみだの橋」展が開催

世界的に人気のある江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760−1849)。北斎ゆかりの地・東京都墨田区にある「すみだ北斎美術館」では、2018年9月11日(火)から11月4日(日)まで、企画展「北斎の橋 すみだの橋」が開催。身近な橋の歴史と魅力を、北斎目線で楽しみませんか?
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

【没後160年】浮世絵師・歌川広重の画業に迫る!太田記念美術館の大回顧展

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」などの風景画で知られる江戸時代の浮世絵師・歌川広重。没後160年にあたる2018年は、日本各地で記念展が開催されています。そのなかから、13年ぶりとなる大回顧展を開催中の太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」展の見どころをご紹介。海外の芸術家たちにも影響を与えた、広重作品の魅力を改めて感じてみませんか?
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

坂本龍馬や桂小五郎も!幕末志士ゆかりの江戸剣術道場めぐり前編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第20回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第20回は、坂本龍馬ゆかりの千葉定吉桶町道場と江戸三大道場をめぐります。後に「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評された江戸三大道場では、それぞれ歴史に名を残した志士たちが腕を磨いていました。今回は坂本龍馬ゆかりの道場を中心に、江戸の剣術道場めぐりをご案内します。
明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

「カミソリ大臣」と呼ばれた外務大臣・陸奥宗光。その辣腕ぶりは坂本龍馬にも評価され、日本の外交の先頭で不平等条約の改正などに奔走しました。「鹿鳴館の華」と呼ばれた美貌をもつ妻・亮子ら家族と過ごした邸宅など、宗光ゆかりの地とともに、彼の外交エピソードをご紹介します。
東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

東京駅の謎、答えは佐賀に!建築家・辰野金吾の粋な干支ミステリー

日本の玄関口、東京駅。平成24(2012)年に大改修が行われ、大正3(1914)年当時と変わらない姿に生まれ変わりました。辰野金吾が設計した駅舎には隠れた見どころがあり、その謎は遠く佐賀県にも関係があることがわかりました。この夏休み、東京駅を利用する際はぜひチェックしてみてください。