源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史
2018年6月26日 更新

源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

毎年7月9日と10日、東京・浅草寺で開催される「ほおずき市」。江戸時代から続く、下町の夏の風物詩として有名です。そしてこのほおずき市のルーツには、あの源頼朝が関係しているのではないかと言われているのをご存知でしょうか。今回は、ほおずき市とその歴史についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

夏の風物詩!浅草寺の「ほおずき市」

浅草寺のほおずき市

浅草寺のほおずき市

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、毎年7月9、10日に東京都の浅草寺で開かれる縁日です。450とも言われるほおずき屋が出店し、多くの人たちがほおずきを求めて訪れます。

7月10日は観世音菩薩の縁日。縁日とは「功徳日」とされ、この日に参拝すればふだんよりも多くの功徳が得られるとされています。
浅草寺の縁日は月に1度、年に12回ありますが、7月10日はその中でも最大の功徳が得られる日。「四万六千日」と呼ばれ、4万6千日分の功徳が1日で得られるとされているんですよ。
4万6千日は、年に換算すれば126年。つまり、一生分の功徳が1日の参拝で得られるということで、人々はこぞって訪れるようになったのです。

ちなみに、なぜ9日も含まれるかというと、10日になったらいち早く参拝したいという人たちが集まるようになったので、9日も縁日扱いにしたのだそうです。

ほおずき市の誕生

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、江戸時代の明和年間(1764年~1772年)に始まったと伝わっています。
元々は、芝の愛宕神社から「功徳日に青ほおずきの実を愛宕神社で丸飲みすれば、大人は持病が治り、子供は腹痛が治る」という民間信仰が広まり、それが縁日の元祖である浅草寺に伝わったのだそうです。

ほおずきの根には、鎮静作用や咳・淡を鎮める作用、解熱作用もあるそうで、民間信仰の裏付けとまではいきませんが、何らかの関係もあるのかなと思ってしまいますね。

目に鮮やかな赤いほおずきは、お盆の時に飾る人も多いとか。その形が、死者の霊を家まで導いてくれる提灯のように見えると言われています。

源頼朝とほおずきの意外な関係

 (21776)

ほおずきについては、源頼朝にまつわるこんな逸話が残っています。
奥州征伐で、藤原泰衡を倒して奥州藤原氏を滅亡させた頼朝軍ですが、その帰り道でのこと。兵たちが次々と日射病(熱中症)で倒れてしまったのです。
そこで浅草で小休止を取ることにして、ほおずきの実を食べさせてみたところ、たちまち回復したのだそうです。そのため、浅草にほおずき市が立つようになった・・・ということなのだそうですよ。これも興味深い逸話ですね。

江戸時代から続くほおずき市、由来を知ればよりいっそう興味が湧いてきますよね。
ほおずきは「鬼灯」とも書きますが、文字通りあの世からの道しるべなのかもしれません。今度のお盆には、ご先祖にほおずきを供えてみてはいかがでしょうか。

(xiao)
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

市場だけじゃない、築地の深い魅力を探る!【古地図と巡る江戸街並み探訪:第5回】

ついに豊洲へと移転した築地市場。しかし場外市場は残っており、築地は今日も多くの観光客でにぎわっています。市場のほかにも見どころ満載の築地。古地図を片手に、新しい築地の観光スポットを見つけに出かけてみませんか?
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

秋といえば、やはり紅葉を楽しみたいですよね。東京都内には紅葉の名所として人気の大名庭園がいくつもあります。なかには期間限定のライトアップが楽しめる庭園や、紅葉めぐりのスタンプラリーなど関連イベントも。秋と歴史を感じられる、おすすめの大名庭園めぐりをご案内します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

【今年も開催!しながわ宿場まつり】当代随一の宿場町・東海道「品川宿」の歴史とは?

江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川宿。その伝統と文化を未来に伝え、地域の発展をめざして開催されるのが「しながわ宿場まつり」です。このエリアは正真正銘の旧東海道の品川宿。「北の吉原 南の品川」といわれ、大名行列や維新志士も通った東海道品川宿の歴史をご紹介します。
全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。