源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史
2018年6月26日 更新

源頼朝がルーツ?夏の風物詩・ほおずき市の見どころと歴史

毎年7月9日と10日、東京・浅草寺で開催される「ほおずき市」。江戸時代から続く、下町の夏の風物詩として有名です。そしてこのほおずき市のルーツには、あの源頼朝が関係しているのではないかと言われているのをご存知でしょうか。今回は、ほおずき市とその歴史についてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

夏の風物詩!浅草寺の「ほおずき市」

浅草寺のほおずき市

浅草寺のほおずき市

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、毎年7月9、10日に東京都の浅草寺で開かれる縁日です。450とも言われるほおずき屋が出店し、多くの人たちがほおずきを求めて訪れます。

7月10日は観世音菩薩の縁日。縁日とは「功徳日」とされ、この日に参拝すればふだんよりも多くの功徳が得られるとされています。
浅草寺の縁日は月に1度、年に12回ありますが、7月10日はその中でも最大の功徳が得られる日。「四万六千日」と呼ばれ、4万6千日分の功徳が1日で得られるとされているんですよ。
4万6千日は、年に換算すれば126年。つまり、一生分の功徳が1日の参拝で得られるということで、人々はこぞって訪れるようになったのです。

ちなみに、なぜ9日も含まれるかというと、10日になったらいち早く参拝したいという人たちが集まるようになったので、9日も縁日扱いにしたのだそうです。

ほおずき市の誕生

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

ほおずき市では風鈴も一緒に売られています

via 写真提供:(公財)東京観光財団
ほおずき市は、江戸時代の明和年間(1764年~1772年)に始まったと伝わっています。
元々は、芝の愛宕神社から「功徳日に青ほおずきの実を愛宕神社で丸飲みすれば、大人は持病が治り、子供は腹痛が治る」という民間信仰が広まり、それが縁日の元祖である浅草寺に伝わったのだそうです。

ほおずきの根には、鎮静作用や咳・淡を鎮める作用、解熱作用もあるそうで、民間信仰の裏付けとまではいきませんが、何らかの関係もあるのかなと思ってしまいますね。

目に鮮やかな赤いほおずきは、お盆の時に飾る人も多いとか。その形が、死者の霊を家まで導いてくれる提灯のように見えると言われています。

源頼朝とほおずきの意外な関係

 (21776)

ほおずきについては、源頼朝にまつわるこんな逸話が残っています。
奥州征伐で、藤原泰衡を倒して奥州藤原氏を滅亡させた頼朝軍ですが、その帰り道でのこと。兵たちが次々と日射病(熱中症)で倒れてしまったのです。
そこで浅草で小休止を取ることにして、ほおずきの実を食べさせてみたところ、たちまち回復したのだそうです。そのため、浅草にほおずき市が立つようになった・・・ということなのだそうですよ。これも興味深い逸話ですね。

江戸時代から続くほおずき市、由来を知ればよりいっそう興味が湧いてきますよね。
ほおずきは「鬼灯」とも書きますが、文字通りあの世からの道しるべなのかもしれません。今度のお盆には、ご先祖にほおずきを供えてみてはいかがでしょうか。

(xiao)
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

【7月20日は土用の丑の日】創業200年!勝海舟やジョン万次郎も愛した浅草の名店『鰻やっこ』

2018年7月20日は「土用の丑(うし)の日」。暑い夏を乗り切るために、栄養価の高い鰻(うなぎ)を食べようという日本の風習ですが、古くから鰻は江戸っ子たちに人気でした。今回は老舗のうなぎ屋さんのなかでも、勝海舟など歴史上の人物にゆかりのあるお店を紹介します。
剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

剣・書・禅に生きた山岡鉄舟、逸話をもとに辿るゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第17回

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第17回は、江戸無血開城へと導いた幕臣・山岡鉄舟ゆかりの地。「幕末の三舟」のひとりとされ、剣や書の名人でもある一方、食に関しては無茶苦茶なエピソードも残る鉄舟。多才な彼の生涯を様々な側面から感じてみませんか?
気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

気分はすっかり縄文人!?都内で楽しむ縄文スポット3選

開始早々話題を呼んでいる、東京国立博物館で開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」。これをきっかけに、縄文時代に興味を持ったという方もいるのではないでしょうか。そんな縄文初心者のために、縄文好きがおすすめ!東京都内で縄文文化を体感できるスポットをご案内します。
平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

江戸時代、銀座は庶民の街だった!?【古地図と巡る江戸街並み探訪:第1回】

現在、世界中の高級店や老舗が立ち並ぶ、押しも押されもせぬ繁華街として栄える銀座、東京の象徴の一つにもなっている為か、最近は外国人観光客もかなり増えてきました。そんな街を、江戸時代からの姿を古地図から見ていくと、意外な発見が現われます。今回は、そんな銀座の歴史と魅力をご紹介していきたいと思います。
150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

150年前の今日、上野で何が起きた?いまも残る上野戦争の史跡

東京の上野といえば、動物園や博物館、あるいは花見の名所として人気の行楽地をイメージする人が多いと思います。しかし、江戸から明治へ時代が移り変わろうとしていた頃、この上野を舞台に、激しい戦闘がくり広げられました。今回は、慶応4年5月15日(1868年7月4日)に起こった「上野戦争」と、この戦争にまつわる史跡について紹介していきます。
史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

史上初・縄文の国宝全6件が集結!特別展「縄文─1万年の美の鼓動」レポート

東京国立博物館(東京都台東区)では、縄文時代にスポットを当てた特別展を2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催。「縄文の美」をテーマに、縄文の国宝全6件が勢ぞろいすると話題の本展を一足お先に拝見!その見どころをご紹介いたします。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。
【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

【平清盛生誕900年】怨霊!天狗!魑魅魍魎の世界が広がる「平家物語―妖しくも美しき―」展

平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』。平清盛生誕900年を迎えるこの夏、国立公文書館では7月21日~9月1日まで企画展「平家物語―妖しくも美しき―」を開催。天狗・怨霊・物怪など、武士たちの物語の背後にある妖しくも美しい世界とは?一足先にその見どころをご紹介します。
第15回:日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第15回:日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。