徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】
2018年10月14日 更新

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。

けいすけ(日本の城写真集)けいすけ(日本の城写真集)

江戸時代の始まりと終わりを見届けた二条城

慶長8年(1603)の2月12日、二条城で家康の征夷大将軍就任の儀が行われ、江戸幕府が開府しました。そして慶応3年(1867)年10月14日には二条城二の丸御殿で徳川慶喜が大政奉還を表明し、江戸幕府は終わりを告げました。
二条城は、まさに江戸時代の始まりと終わりを見届けた城なのです。

二条城へのアクセスは東大手門から

二条城は京都市中心部にあり、アクセス手段も多く、地下鉄やバス、車など旅のスタイルによって選ぶことができます。どの交通手段でも二条城には東大手門から入ります。

撮影ポイント1:金箔模様の飾り金具が鮮やかに光る東大手門

東大手門は寛永3年(1626)頃に建てられた櫓門です。大政奉還150周年に当たる2017年に修復が完成し、リニューアルオープンしました。
【東大手門】格式高い二条城の正門にふさわしい大きさと華...

【東大手門】格式高い二条城の正門にふさわしい大きさと華やかさを備える東大手門

via 写真提供:日本の城 写真集
【東大手門】門の金具。修復前は青緑色の銅で覆われていた...

【東大手門】門の金具。修復前は青緑色の銅で覆われていたが、金箔が美しい。城門にこのような装飾がされるのは珍しく、二条城の威厳の高さを示している。

via 写真提供:日本の城 写真集
【東大手門内の様子】平成29年に東大手門修復完成記念で...

【東大手門内の様子】平成29年に東大手門修復完成記念で内部が特別公開されたときの様子。右側が城外側で、石落としにケースが被せられている。

via 写真提供:日本の城 写真集
【番所】見落としがちだが、東大手門内にある番所も貴重な...

【番所】見落としがちだが、東大手門内にある番所も貴重な現存建築

via 写真提供:日本の城 写真集

撮影ポイント2:唐破風造りのきらびやかな唐門

二条城は徳川家康が築いたのち、二代将軍・秀忠と三代将軍・家光が拡張し、現在見る城の姿となりました。拡張が完成したのは寛永3年(1626)で、唐門もこの時に造られたものです。
曲線の唐破風が柔らかな印象で、かつ非常に細かな彫刻に赤・青・緑など色鮮やかな彩色、そして金箔金具などとても美しい門です。
【唐門】国内外からの観光客でにぎわう二条城で、随一の見...

【唐門】国内外からの観光客でにぎわう二条城で、随一の見どころがこの唐門。

via 写真提供:日本の城 写真集
東大手門からこの唐門を抜けて二の丸御殿に進むルートになっており、人通りが激しいため、人が映りこまないように写真を撮るのは至難の業です。
50 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいすけ(日本の城写真集)

けいすけ(日本の城写真集)

Webサイト「日本の城写真集」(http://castle.jpn.org/)の管理人です。日本各地にある遺構の残る城や著名な城を訪問し、城の象徴である天守のみならず、様々な見どころの写真を撮って公開しています。みなさまに城の魅力が少しでも伝われば何よりです。日本全国444城、16,428枚の写真を収録(2017/9/4現在)。Twitterもやっています:https://twitter.com/castle_jpn 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

全国から参加可能!古地図を見ながら幕末の江戸をバーチャルウオーキングしよう

近年、歴史ファンのみならず注目されている古地図散歩。関連アプリもたくさん出ており、スマホ片手に気軽に街歩きが楽しめると人気です。気づくと一日中歩いてしまう…そんな方におすすめしたいのが、タニタの「からだカルテ」を使ったバーチャルウオーキング。幕末の江戸、そして今の東京を比較しながら、楽しく健康に古地図散歩をしてみませんか?【PR】
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

薩長同盟締結の舞台にもなった薩摩藩家老・小松帯刀ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第19回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第19回は、薩摩藩家老・小松帯刀(こまつ・たてわき)ゆかりの地。若くして家老に抜擢され、藩政に欠かせない人物だった帯刀。あの薩長同盟が結ばれたのも帯刀の寓居でした。今回はその舞台にもなった京都・烏丸通りにある帯刀と薩摩藩ゆかりの史跡をご紹介します。
貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

貧乏公家から維新の十傑へ!異色のお公家様・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視。それだけでも何やら性格にクセがありそうな気がしますが、歴史に残る彼はどんな人物だったのでしょうか。武士ではなく公家として明治維新を成し遂げた彼の人生とゆかりの地をご紹介します。
【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

【会津と土佐、衝突の危機?】明保野亭事件の悲劇

1864年7月13日、京都で起こった明保野亭事件。これは実に奇妙な事件であり、同時に悲しい結末を迎えた事件でもあります。当事者は、新選組・会津藩・土佐藩。激動の幕末で起きてしまった明保野亭事件の概要とその舞台となった明保野亭をご紹介します。
第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

第9回:戊辰戦争より150年、激戦地・福島県の3城を巡る【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第9回は福島県の城です。鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争。旧幕府軍として戦った会津藩は激戦地となりました。その舞台となった白河小峰城、二本松城、会津若松城をご紹介します。
「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

「土下座像」だけじゃない!高山彦九郎が京都・等持院で墓を鞭打ちした理由

幕末に起こった尊王運動の先駆者であり、吉田松陰や西郷隆盛など多くの志士たちに影響を与えた高山彦九郎。京都御所を望拝する姿をモチーフにした通称「土下座像」が有名ですが、京都にはもうひとつ、ゆかりの地があるんです。強烈なエピソードとともに、彦九郎の祖先のライバル・足利尊氏の墓のある等持院をご紹介します。
「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

「西郷どん」で話題!西郷隆盛と入水した月照の最期の地

大河ドラマ『西郷どん』では、その優雅な姿に西郷隆盛が目を奪われた僧・月照。歌舞伎役者の尾上菊之助さんの演技も話題になっています。2人は後に錦江湾に身を投げ、運命を共にしようとするのですが、結末は悲しいものでした。月照の最期の地と共に、京都・清水寺成就院の住職だった彼の生涯を紹介します。
歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

歴史好きが選んだ!満足度の高い史跡&行ってみたい史跡は?

GWなどの連休になると、歴史好きの皆さんは城や神社仏閣、大河ドラマや歴史上の人物ゆかりの地に出かけられる方も多いと思います。そこでユカリノ編集部では、日本全国の読者の皆様に「行ってよかった史跡」についてアンケートを実施。歴史好きならではの視点で「満足度の高い史跡」についてのご意見をまとめました。
過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

過激すぎ!?西郷の友・有馬新七と薩摩藩の「寺田屋事件」

大河ドラマ『西郷どん』にも登場している有馬新七ですが、文久2年(1862)4月23日、彼は京都の寺田屋で最期を遂げました。この寺田屋は坂本龍馬も襲われた宿ですが、今回ご紹介する寺田屋事件は龍馬の話とはまた別物。今回は有馬新七の生涯と寺田屋事件、そのゆかりの地についてご紹介します。