命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催
2018年6月29日 更新

命名から150年!『北海道』の名付け親・松浦武四郎の生涯に迫る特別展が開催

2018年は北海道命名150年記念の年。道内各地で記念事業が行われるなか、改めて注目を集めている人物こそ、北海道の名付け親といわれる松浦武四郎です。北海道博物館では6月30日から特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」を開催。特別展の見どころとともに、北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ」でも注目を集める武四郎の生涯をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

16歳で家出、日本各地を旅し始めた松浦武四郎

唯一の肖像写真「松浦武四郎肖像」

唯一の肖像写真「松浦武四郎肖像」

明治15(1882)年(松浦武四郎記念館所蔵)
伊勢国(現在の三重県松阪市)で生まれた松浦武四郎。探検家として知られる彼の旅は、16歳のときの家出から始まりました。突然書き置き一つで家を出て、それを皮切りに17歳から全国を巡り、21歳から5年間は長崎で僧侶になるという、少し変わった経歴を持っています。
「松浦武四郎書簡」(松浦武四郎記念館所蔵)

「松浦武四郎書簡」(松浦武四郎記念館所蔵)

武四郎が16歳で家出した翌日、生家近くの親類・中嶋周助に宛てて、津(現三重県津市)から出した書簡がこちら。「かけ物」(掛軸)を売って「かり」(借金)を清算してほしいと頼むとともに、これから自分は「江戸・京・大坂・長崎・唐〔中国〕又わ天竺〔インド〕」へでも行ってみようかと旅への強い思いを記しています。
すでに探検家としての片鱗が垣間見えますね。

アイヌの人々への愛が感じられる、武四郎自筆の絵

武四郎が初めて蝦夷地に渡ったのは弘化2(1845)年、28歳のとき。
ロシアが蝦夷地を狙っていることを長崎で知った武四郎は、日本の危機を感じます。そして自ら蝦夷地を調べ始めたのです。そして探検家としての報告書や地図をまとめた功績が認められ、4回目以降は幕府の命により探査の任務にあたるようになりました。1858年までの間に、武四郎は計6回も探査に訪れています。

探査の際、武四郎は現地でアイヌの人々の協力を得て、その文化や生活を紹介することにも力を注ぎました。
「アイヌ舞踊の図」松浦武四郎筆(北海道博物館所蔵)

「アイヌ舞踊の図」松浦武四郎筆(北海道博物館所蔵)

江戸時代の絵師が説明的なアイヌ風俗を描いていたのとは一線を画し、武四郎は、俳画の趣に通じるような味わいのあるアイヌ絵を残しています。
なかでも好んだ画題が、「舞踊の図」(鶴の舞)でした。踊りの列は、エカシ、フチ、子どもたちへとつながり、人びとは、みな柔らかい表情をみせています。武四郎のアイヌの人々への慈愛が伝わってくるようですね。
自賛の和歌は「しら雪の つはさおほへて蝦夷人か 袖うちはふく たつゝ舞かな」とあります。

「蝦夷開拓御用掛」に命じられ、“北海道”を命名

「辞令」明治2年(1869)6月付(松浦武四郎記念館所蔵)

「辞令」明治2年(1869)6月付(松浦武四郎記念館所蔵)

明治になると、武四郎は蝦夷地に詳しい第一人者として明治政府の一員となります。

明治2年(1869)5月18日に箱館五稜郭を占拠していた旧幕府海軍副総裁・榎本武揚が降伏すると、新政府の蝦夷地開拓政策が動き出します。6月に佐賀藩の鍋島直正が「蝦夷開拓総督」に命じられると、武四郎は、佐賀藩士の島義勇や、桜井慎平、松浦武四郎、相良偆斎とともに「蝦夷開拓御用掛」に命じられました。
写真はその際に出された「蝦夷開拓御用掛准四等官」の辞令です。

やがて開拓使の役人となり、同年7月17日に、蝦夷地に代わる名称を提案します。
候補にあがった案のひとつに、「北加伊道」がありました。そして、その提案をふまえて、同年8月15日正式に「北海道」と命名されたのです。

「カイという言葉には、この地で生まれたものという意味がある」とアイヌの長老から教えられた武四郎、北「加伊」道にはその想いが込められていると言われています。

蒐集家としても有名だった武四郎のコレクションも必見

北海道初公開となる自作の大首飾り(静嘉堂所蔵)

北海道初公開となる自作の大首飾り(静嘉堂所蔵)

一方で、幕末の志士や政治家、学者、文人と幅広い交流を持ち、情報通・蒐集家としても有名だった武四郎。河鍋暁斎には、自身を釈迦に見立て蒐集した古物コレクションに囲まれた「武四郎涅槃図」を描かせています。
ちなみに肖像写真で首から下げている大首飾りも今回初公開されます。
「北海道」命名に込められた武四郎の想い、そして彼が長い旅で見て集めたもの、伝えようとしたこととは何だったのか。その軌跡から、改めて北海道の歴史を見つめ直してみませんか?
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

【酒乱じゃなければ…】薩摩の重鎮・黒田清隆の功績とゆかりの地

薩摩藩出身の明治の重鎮といえば、黒田清隆を忘れてはいけません。第2代内閣総理大臣であり、北海道開拓の第一人者としても大きな功績を挙げた黒田。しかし一方で、酒乱という困った一面もありました。そのせいで、妻に関する良からぬ噂も…?今回はそんな黒田清隆にまつわるエピソードやゆかりの地をご紹介します。
お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

お土産にぴったり!『北海道150年』今しか買えない限定お菓子3選

夏に人気の観光地・北海道。2018年は「北海道」命名150年ということで、道内各地で記念のグッズが販売されています。なかには期間・数量限定で今しか購入できないものも。今回はその中から、夏休みの旅行のお土産におすすめしたい限定お菓子をご紹介します。
【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

【北海道150年】アイヌと開拓の歴史に由来する北海道の地名10選

明治2(1869)年8月15日、それまで蝦夷地と呼ばれていた島は松浦武四郎の命名案「北加伊道」を元に「北海道」と名付けられました。2018年は命名150年目の節目として、記念イベントが盛大に行われています。難読地名と本州で馴染み深い地名が多く見られる北海道。地名にはそれぞれ、アイヌ民族の歴史、和人流入の歴史が刻まれています。ここでは10の地名と由来を紹介しながら、その歴史を紐解いていきます。
『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

『ゴールデンカムイ』効果で注目!北海道・博物館 網走監獄が面白い

旧網走刑務所にあった25の建造物が移築復原、再現建設された博物館 網走監獄。「北海道開拓と監獄受刑者」をテーマとした野外歴史博物館として、北海道の人気観光スポットのひとつです。近年では漫画『ゴールデンカムイ』の舞台として登場したことで、聖地巡礼するファンも訪れるなど改めて注目を集めています。そんな博物館 網走監獄の歴史と、漫画の聖地巡礼スポットをご紹介!
函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。
アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

アニメも話題!『ゴールデンカムイ』の聖地・北海道を巡る

明治時代の北海道が舞台の歴史マンガ『ゴールデンカムイ』。巧みな時代考証や忠実に描写されたアイヌ文化など、歴史ファンも唸る珠玉の作品は、2018年4月よりアニメも始まり、ますます注目が集まっています。そんな『ゴールデンカムイ』をより深く楽しむためのスポットをご紹介します。
泉鏡花が用いた「源氏香」は師弟愛の家紋【家紋のルーツ:第7回】

泉鏡花が用いた「源氏香」は師弟愛の家紋【家紋のルーツ:第7回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は「源氏香」を紹介します。家紋としては比較的新しく珍しい源氏香紋ですが、そのひとつ「紅葉賀」を用いていたのが泉鏡花です。その理由に秘められた想いとは…。
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

交友関係に恵まれた愛されキャラ?初代内閣総理大臣・伊藤博文【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第24回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第24回は、初代内閣総理大臣にして、4回も総理大臣を務めた伊藤博文です。長州藩の農民から日本のトップまで上り詰めますが、最後は暗殺されてしまうという劇的な人生を送った博文。運を味方に、師や先輩たちに可愛がられた彼が出会った人々や、その評価について紹介します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。